Jul 202017
 

MVNO(仮想移動体通信事業者)のmineoが、紹介した人も紹介された人もamazonギフト券が通常の2倍(2,000円分)貰える「いきなり2倍紹介キャンペーン」を再度、実施しています。キャンペーン期間は7月1日から8月31日までとなっています。私の紹介用URLはこちら

Apr 042017
 

去年の6月1日〜12月26日まで実施されていたmineoの「なが〜いお付き合いキャンペーン」の特典の一つとして、SIMカードを交換される方は2,000円分のAmazonギフト券が貰えるということでした。このキャンペーンの対象者は、2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた方(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している方となっていました。

当キャンペーンの対象者である私は、別の特典である「エントリーコード2個プレゼント」が適用され、当時契約していた、データ通信のみの3回線で合計6個のエントリーコードを貰いました。

キャンペーン期間中である去年の10月と12月に新規で契約した二回線で、SIMカードを交換しました。キャンペーンの注意事項として、「Amazonギフト券(ギフト券番号)については、2016年10月から2016年12月末までのお申し込みの場合は2017年3月末までにお客さまの登録アドレス宛(@mineo.jp)に、メールにてお送りします。」とのことだったので、2,000円 x 2 で4,000円分のギフト券番号が送られて来るのを楽しみにしていました。

ところが、3月末を過ぎても一向にギフト券番号は@mineo.jpとeo IDの連絡先アドレスに送られて来ないので、こちらからサポートに連絡しました。電話に出た男性オペレーターは、去年のキャンペーンのことを熟知していない様子でした。調べた結果、私はキャンペーンの適用対象外なのでAmazonギフト券は貰えないということになりました。キャンペーン適用の条件はすべてクリアしているにも関わらずです。

また、去年10月にSIMカード交換を申し込んだ際に、キャンペーン対象者の定義が不明瞭な部分があったので、サポートに連絡して確実にキャンペーンが適用されるかどうかを確認しました。その時に対応した女性オペレーターは「2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している」の「」の部分を強調して、「回線」ではないので、5月31日以降、新たに契約する回線についても12月26日までにSIMカードを交換したら、Amazonギフト券2,000円分がもらえますとのことでした。

当時の経緯は当ブログにもその詳細を書いており、記事を読まれた人が私と同じように、SIMカードを交換されているかもしれません。これでは納得できない旨を伝えると、さらに詳しく調べてから連絡するということになりました。

翌日、別のオペレーターから連絡がありました。それはクレーム対応を専門にしている人に特徴的な非常に丁寧な口調で説明されました。別の特典であるエントリーコードを発行してもらっているということは、キャンペーン対象者である証拠となるはずです。しかし、5月31日以降に新たに申し込んだ回線については、SIMカード交換の特典であるAmazonギフト券番号は発行できないと説明されました。去年10月にサポートに連絡して、その件については確認が取れていることを再度、伝えました。その時に対応したオペレーターは女性であり、連絡したのは去年の10月27日前後であることを伝えると、履歴を調査しますので折り返し、連絡するということになりました。

しばらくしてから連絡がありました。10月に対応したオペレーターを特定できたそうですが、そのオペレーターが間違った案内をしてしまったとのことで、結局、Amazonギフト券番号は発行できないと丁寧に謝罪されました。

この問題点のそもそもの原因は、mineoサポート担当者を含めて読む人によって解釈が異なる適用条件の書き方にあると思います。このキャンペーンには三つの特典があり、それぞれで適用条件が異なります。それを一つの適用条件としてまとめようとしたことにより、複数の解釈ができるようになったのだと思われます。

去年の秋に支払った4,000円分の手数料を相殺するはずだったAmazonギフト券が貰えないのは残念ですが、それ以上に今回の件で、mineoのサポート体制に対する信頼が著しく低下して、自信を持って周りの人にmineoを勧められなくなったのが残念です。

Mar 012017
 

いよいよ本日より、株式会社ケイ・オプティコムがmineo通信(デュアルタイプ)サービス利用者に対し、「5分かけ放題サービス」の提供を開始しました。専用App(mineoでんわ)を利用して、または電話番号の頭に0063を付けて発信することで5分以内の国内電話がかけ放題になるとしています。mineoサービス利用中の人が「5分かけ放題サービス」を追加で申し込む場合は明日、3月2日よりの開始となります。月額料金は税込918円。

以下、注意事項をまとめておきます。

  • 一部のサービス(3桁特番、着信課金サービス、統一番号サービス、情報提供ダイヤル)への発信はできない。
  • NTT固定電話へは発信番号が表示されない。(国際回線網を使用するため?)(非通知ではなく通知不可能)
  • 1音声通話あたり5分以内の国内通話料金が無料。
  • 5分を超過した場合は30秒あたり10円(非課税)。
  • 国際ローミング時、通話先電話番号の前に0063を付加しての発信は利用不可。
  • G-Callと同時使用不可。

同じようなプレフィックス型通話サービスであるG-Callも0063を頭に付けて発信しますが、この0063はどの電気通信事業者が提供するサービスなのか調べてみると、何と「ソフトバンクの自動第三者課金サービス」になっています。

ケイ・オプティコムとソフトバンクは犬猿の仲と思っていましたが、こんなところで提携するとは…

私はこの「5分かけ放題サービス」のオプションを追加する予定はありません。相手がiOS端末であれば、FaceTime audio、お店などのNTT固定電話やAndroid端末であれば、LaLa Callを使用します。相手がAndroid端末でLaLa Callを利用していない場合には通話せずにMailかMessageで済ませます。

Feb 152017
 

予定通り、iPad mini 4 (16GB) で使用していたmineo-docomoシングルの回線契約を解約しました。解約はこちらのページから。これまでmineo回線は3回線契約しており、パケット容量はキャンペーン追加分を含めて合計で4.5GBでした。それが2GBになるのは心許ないので、iPhone SEで使用している回線の容量を1GBから3GBへ変更しました。それにより、デュアル2回線の契約で、シェアするパケット容量は合計で4GBになります。今後、2台のiPad mini 4はテザリングでの運用となります。

Feb 032017
 

親しくさせていただいているご近所のご夫婦にmineoを紹介しました。これまでお二人ともdocomoとauのガラケーを長期間、使用されていました。MNOからMVNOに移行すると同時に初めてスマホを利用されることになります。昨日、MNP予約番号を取得しました。eo光ネット利用者限定の800円 x 3ヶ月割引キャンペーンとmineo紹介キャンペーン、さらに新生活応援800円 x 3ヶ月割引キャンペーンを同時適用するため、電話(0120-988-486)での申し込みとなりました。

以前は申し込みページへのリンクを埋め込んだメールがすぐに届きましたが、今回は翌日の今日になってからメールがeo光ネットに登録しているアドレスに届きました。運転免許証をスキャンした画像ファイルのアップロードなど、mineoの申し込み手順をすべて済ませてから、オンラインのApple Storeから初めてのスマホとなるiPhone SEを2台、発注されました。iPhone SEのアクチベーション、初期設定も私が支援させていただく予定です。

帰り間際に一つわからないことがあるので教えてくださいと、質問されました。毎月、銀行口座から626円のインターネット接続料かプロバイダー料金か何かを引き落とされているのですが、これは一体何の料金でしょうかという質問です。7、8年前から毎月引き落とされているそうです。引き落としているのはどうやら「ヤフージャパン」のようです。

持参したMacBookをテザリングでインターネットに接続し、検索ワード「yahoo 626円」で調べてみると、その内訳が判明しました。Yahoo!プレミアム会員費月額410円とYahoo!メールウィルスチェックサービス月額216円で合計626円です。いつ頃からか忘れてしまうほど以前から、使ってもいないサービスの料金を支払われているようです。eo光ネットを契約する前にYahoo! BBを使用されていて、その時に意識することなく、いつの間にかこれら不要なサービスを申し込まれていたのだと思われます。Yahoo! BB解約時にこれら不要なサービスも解約したと思われていたのでしょう。これまで支払われた金額を合計すると少なくとも数万円になります。

Yahoo! Japanにログインし、これら二つの不要なサービスの利用を停止しました。それぞれのサービスを停止するのに「続ける」のボタンを10回ぐらいクリックして初めて利用停止となりました。

スマホ利用者の場合、MNOからMVNOに乗り換えれば毎月5千円ぐらいの節約になることもありますが、ガラケーを使用していた人がMVNOに乗り換えた場合の節約金額はそれほどでもありません。それよりもスマホを初めて利用することによる利便性の向上が見込めます。今回は、不要なサービスを見直したことによる二次的な節約効果も期待できます。

Feb 012017
 

eo光、mineo利用者も本日より、LaLa Call(050IP電話)の月額基本料108円が有料となりました。(無料通話108円分付き)同時に新規契約者は最大3ヶ月間月額基本料108円が0円となるお得なキャンペーンが始まりました。キャンペーン期間は本日2月1日より3月31日まで。

LaLa Callの通話料を以下にまとめておきます。

携帯電話への通話料:30秒8円
一般加入電話への通話料:3分8円
LaLa Call同士の通話料:無料
eo光電話及び無料提携050IP電話への通話料:無料

毎月、100円分(月額基本料相当)の無料通話でどのくらい通話できるのか、調べてみました。携帯電話へは最大6分、固定電話へは最大36分も月額基本料で無料通話できます。お店に毎月、36分も通話することはありませんが、無料であれば積極的にかけるかもしれません。

Jan 202017
 

新生活応援!800円 x 3ヶ月割引キャンペーン」が本日より始まりました。 デュアルタイプ(データ通信と090音声通信)を新規に申し込んだら800円(税別) x 3ヶ月分が割り引かれるキャンペーンです。申し込み期間は2017年1月20日(金)〜2017年5月9日(火)になっています。

また、本日より「mineo紹介キャンペーン」によるAmazonギフト券の特典がこれまでの1,000円分から2,000円分に倍増したそうです。紹介した人も紹介された人も2,000円分のAmazonギフト券が貰えます。私の紹介用URLはこちら

eo光利用者の場合は「800円3ヶ月割引キャンペーン」を併用できるので、最大800円(税別)x 6ヶ月割引となります。eo光利用者が800円3ヶ月割引キャンペーンとmineo紹介キャンペーンの両方を適用してもらうには電話(0120-988-486)での申し込みとなります。その際は紹介してくれる人のmineo回線電話番号が必要になります。

Jan 012017
 

Minokichi Dishes for the New Year's Day

年が明けた本日、mineoマイページの「MNP転入切替/回線切替手続き」で、SIMカード台紙に記載のICCID下4桁を入力し、auからmineo Dプラン(デュアルタイプ)への転入切替手続きを完了しました。

Minokichi Dishes for the New Year's Day

テストコール111をダイヤルして切替手続きが正常に完了したことを確認しました。

iOS Devices and MVNO — Part 9に戻る。

Dec 302016
 

SoftBankからmineoへのMNP転入及び回線切り替え作業を支援しました。実施した手順は以下の通り。

IMG_1612

  1. 届いたSIMカードを台紙から取り外し、台紙裏面に記載のICCID下4桁をマイページ、MNP転入切替ページの入力欄に入力して切替手続きを実行。
  2. iPhone 7の電源を切り、SIMカードを入れ換える。
  3. iPhone 7を立ち上げて、Wi-Fiに接続し、ネットワーク設定用Profileをmineoのサポートページからダウンロードして、iPhone 7にインストール。
  4. mineoスイッチAppをApp Storeから入手してiPhone 7にインストール。
  5. mineoマイページでmineo.jpのメールアカウントを設定。
  6. iPhone 7とMacBookにmineo.jpのメールアカウントを登録。
  7. LaLa Call AppをApp Storeから入手してiPhone 7にインストール。
  8. iPhone 7を再起動して、111に電話し、回線がSoftBankからmineo docomoに切り替わったことを確認。
  9. iPhoneにインストールしたLaLa Call Appを設定。
  10. マイネ王アカウントを取得し、eo IDと連携させる。
  11. FaceTimeとiMessageに問題がないことを確認。
  12. Apple Store名古屋栄店に行き、iPhone 7用の純正ケースを入手。
  13. 味仙矢場店で忘年会。

MNP From docomo and SoftBank to mineo — Part 4に戻る。

Dec 282016
 

昨夜、mineoを運営するケイ・オプティコムから「出荷完了のお知らせ」メールが届き、本日、ヤマト運輸にてSIMカードが届きました。申込後、わずか3日で到着したことになります。

「mineoマイページご利用番号選択」で、MNP予定の新しい利用番号に変更になった利用番号が選択できるようになしました。自分で付けた回線名称やパケットシェア、パケット残容量に変更はありません。

MNP転出元であるauの更新月が始まる1月1日以降にMNP転入切替/回線切替手続きを実施する予定です。

一昨日届いた紹介キャンペーンによるAmazonギフト券2点の出所が判明しました。Amazonギフト券は課金開始月を1ヶ月目としてその翌々月の月末までに届くそうです。一昨日届いたギフト券(ギフトコード)は10月に課金が始まった契約回線紹介分なので、記憶を辿れば、正に本日届いたSIMに紐付けされた回線と同時期に利用していただいた紹介用URLを介しての回線契約分です。

iOS Devices and MVNO — Part 10へと続く。
iOS Devices and MVNO — Part 8に戻る。