Apr 282020
 

予定通りに9月20日に開催されるかどうか、甚だ疑問ではありますが、早割価格でのシンガポールGP観戦チケットの販売期限が、当初5月12日までだったのが、6月30日までに延長されたようです。

10月11日開催予定の日本グランプリの観戦チケットは無期限に販売が延期され、仮設席の販売は中止とのことです。

WHO Confirmed Cases and Deaths (Cumulative) as of April 28, 2020
USA 960,916 (+29,218), 49,170 (+1,190) (5.1%) – No Universal Program
Spain 209,465 (+1,831), 23,190 (+0) (11.1%) – BCG Denmark
Italy 199,414 (+1,739), 26,977 (+333) (13.5%) – BCG Denmark
UK 157,153 (+4.309), 21,092 (+360) (13.4%) – BCG Denmark
Germany 156,337 (+1,144), 5,913 (+163) (3.8%) – BCG Denmark(旧西ドイツ) / BCG Russia/Bulgaria(旧東ドイツ)
France 127,008 (+3,729), 23,261 (+440) (18.3%) – BCG Denmark
Turkey 112,261 (+2,131), 2,900 (+95) (2.6%) – BCG Russia/Bulgaria
Russia 93,538 (+6,411), 867 (+73) (0.9%) – BCG Russia
Iran 91,472 (+991), 5,806 (+96) (6.3%) – BCG Iran
China 84,347 (+6), 4,643 (+0) (5.5%) – BCG China


Singapore 14,423 (+799), 14 (+2) (0.1%) – BCG Denmark
Japan 13,576 (+191), 376 (+25) (2.8%) – BCG Japan

  • フランスの致死率が18.3%と異常に高い。
  • シンガポールの累計感染確認件数が日本を超えているが、致死率は0.1%と低い。感染確認者数の大半は寮に住む外国人労働者。
Apr 042020
 

COVID-19対応状況に関して、シンガポール首相、Lee Hsien Loong(リー・シェンロン)が4月3日午後5時に行った国民に向けたスピーチで以下のような発言がありました。

“Except for key economic sectors and essential services – such as food establishments, markets and supermarkets, clinics, hospitals, utilities, transport and key banking services – all other work premises will close, said PM Lee on Friday”(食品を扱う事業所、市場、スーパーマーケット、診療所、病院、公益事業、輸送、主要金融機関などの主要経済セクターやその他不可欠なサービス部門を除く、すべての職場を閉鎖する)

The Straits Times (Translation: monomaniacgarage)

閉鎖対象に食品を扱う事業所が除外されていますが、ホーカーや喫茶店などの外食店では、施設内での飲食は全面的に制限され、基本的に持ち帰りのみのサービスを続行するようです。買い物を終えれば、直ちに帰宅するよう、案内しています。シンガポールでは外食を基本とする人が多数いるので、その辺りの食習慣を考慮した措置だと思われます。

今回、発表された措置はロックダウン一歩手前のような厳しい対策です。Satoさんによれば、シンガポールではBCG Denmark株を生後間もない乳児に接種させているようです。

Mar 272020
 

年がら年中、シンガポールのことが頭のどこかにあるシンガポールバカにとって、現地のFMラジオ局がリアルタイムでネットで聴けるのはありがたいことです。以前はmyTuner ProというAppをiPhoneにインストールして主に、車での移動時にカーステで聴いていました。時々、音声が途切れるという不具合がありましたが、最新のiOS 13.4では不具合が解消されたようです。

Macでも視聴できないか、”kiss 92 Singapore”をキーワードで調べてみると、こちらのサイトがヒット。Safariで視聴可能なことがわかりました。そのサイトから、iOS用の専用Appである”SPH Radio“というAppがあることがわかり、早速、iPhone 11にインストールしました。

SPHはSingapore Press Holdingsの略で、Kiss92の他に4つのラジオ局を運営する会社のようです。それぞれのラジオ局は対象とするリスナーを設定しています。Kiss92は、” The nation’s first radio station targeting women aged between 30 – 50, offering informative content for the modern, driven and savvy women.”(30代〜50代のモダンで意欲的且つ情報通の女性)が対象のようです。私は対象外?

選曲が私の好みに合っていて、複数のDJによる適度な会話時間が良いと思います。今日の主な話題はCOVID-19感染予防を目的に本日発令された”Social Distancing”と外国からの帰国者を対象に行われる14日間のSHN (Stay Home Notice) 明るい北朝鮮とも揶揄されるシンガポールらしく、公共交通機関を除く、レストラン、喫茶店、ショッピングセンターなど公共の場では1メートル以上の安全な距離(Safe Distancing Rule) を確保することが義務付けられたようです。この極めて「反社会的」な濃厚接触禁止令に違反すると、禁固刑または最高S$10,000の罰金、またはその両方の罰則が課せられるそうです。(シンガポールでは日本と同じように、「本音と建前」という暗黙で了解すべき風土があるようです。)

シンガポールでは公共放送でSinglish禁止となっているので、ローカルDJの会話は比較的、わかりやすい。それでも複数のローカルDJが早口で会話すると、難易度上がります。

WHO Confirmed Cases and Deaths (Cumulative) as of March 26, 2020
China 81,961, 3,293 (4.0%)
Italy 74,386, 7,505 (10.1%)
USA 63,570, 884 (1.4%)
Spain 47,610, 3,434 (7.2%)
Germany 36,508, 198 (0.5%)
Iran 27,017, 2,077 (7.7%)
France 24,920, 1,331 (5.3%)
Switzerland 9,714, 103 (1.1%)
UK 9,533, 463 (4.9%)
Republic of Korea 9,241, 131 (1.4%)

Japan 1,291, 45 (3.5%)

Mar 252020
 

9月17日(木)のFlight FD 359 Bangkok (DMK) > Singapore (SIN)のスケジュールが変更になったとの連絡を受けました。予約時の出発時刻は07:00でしたが、新しい予定では06:10発になるそうです。チャンギ空港到着時刻は10:25から50分早くなって09:35着です。

我々にとってFD 359便は乗継便であり、関空からドンムアンに到着する予定時刻が同日午前03:50なので、今回のスケジュール変更による影響はほとんどありません。

したがって、我々の方では何もする必要はありませんが、救済措置のオプションが提示されています。COVID-19の影響で、同じ飛行ルートでの振替便の選択期間が大幅に拡大されています。以前は1ヶ月以内でしたが、現在は180日以内になっています。

現在、シンガポールは鎖国政策を取っているので、我々、外国人は入国禁止の状態です。9月17日までにこの措置が解除されない場合は、今年の観戦旅行を断念せざるを得ません。

WHO Confirmed Cases and Deaths (Cumulative) as of March 24, 2020
China 81,747, 3,283 (4.0%)
Italy 63,927, 6,077 (9.5%)
USA 42,164, 471 (1.1%)
Spain 33,089, 2,182 (6.6%)
Germany 29,212, 126 (0.4%)
Iran 23,049, 1,812 (7.9%)
France 19,615, 860 (4.4%)
Republic of Korea 9,037, 120 (1.3%)
Switzerland 8,015, 66 (0.8%)
UK 6,654, 335 (5.0%)

Japan 1,128, 42 (3.7%)

Mar 162020
 

シンガポール保健省が3月15日付けで、新たなCOVID-19追加予防対策を発表しました。3月16日午後11時59分より実施。

Based on this latest situation, the Multi-Ministry Taskforce will put in place additional border restriction measures. From 16 March 2020, 2359 hours, all travellers (including Singapore Residents, Long Term Pass holders, and short-term visitors) entering Singapore with recent travel history to ASEAN countries, Japan, Switzerland, or the United Kingdom within the last 14 days will be issued with a 14-day Stay-Home Notice (SHN). In addition, they will have to provide proof of the place where they will serve the 14-day SHN, for example a hotel booking covering the entire period, or a place of residence they or their family members own. They may also be swabbed for testing for COVID-19, even if asymptomatic. This is because of the risk of community transmission in these countries and evidence of cases that have been imported from these countries into Singapore.

過去14日間に日本、スイス、UKに渡航歴がある人を対象に、シンガポール住民及び長期滞在者は14日間のSHM(自宅待機通知)、短期旅行者も14日間のSHMの対象となるそうです。短期旅行者の場合は入国時に滞在予定の14日間宿泊施設予約票などを提示する必要があるようです。

尚、14日間のSHN(自宅待機通知)は、トランジットエリア内に止まる旅行者は適応対象外。(但し、過去14日間に中国本土、イラン、韓国、イタリア、フランス、スペイン、ドイツへの渡航歴がある旅行客はシンガポールへの入国禁止措置が取られ、トランジットも不可。)

Travel History in the last 14-days in Countries/RegionsFor Singapore Residents and Long Term Pass HoldersFor Short-term Visitors
Hubei Province (Mainland China)14-day quarantineNot allowed entry or transit
Mainland China (except Hubei province), France, Germany, Italy, Iran, Republic of Korea, and Spain14-day SHNNot allowed entry or transit
ASEAN Countries14-day SHN14-day SHN
Short-term visitors who are ASEAN nationals will also be required to submit requisite health information for approval before travelling
Japan, Switzerland and the United Kingdom14-day SHN14-day SHN

今夜、実施されるこの追加措置は30日後に見直すとありますから4月15日までは継続されると思われます。

WHO Confirmed Cases and Deaths (Cumulative) as of March 15, 2020
China 81,048, 3,204 (4.0%)
Italy 21,157, 1,441 (6.8%)
Iran 12,729, 608 (4.8%)
Republic of Korea 8,162, 75 (0.9%)
Spain 5,753, 136 (2.4%)
France 4,469, 91 (2.0%)
Germany 3,795, 8 (0.2%)
USA 1,678, 41 (2.4%)
Switzerland 1,359, 11 (0.8%)
UK 1,144, 21 (1.8%)

Japan 780, 22 (2.8%)

Dec 022019
 

来年2020年のF1シンガポールGPの超早割観戦チケットは明日12月3日まで公式サイトで販売されています。すでにAirAsia往復航空券は購入済みなので、来年も2008年以来の連続観戦記録を更新することが決まっています。

今年はPremier Walkabout金曜一日券を5月8日に公式サイトから通常価格のS$138 (¥11,206) で購入しました。

土曜は観戦チケットを購入せずにシンガポール駐在のM君家族と共にホテルからテレビ観戦、日曜はSRCダンカンから特別な一日券をS$187 (¥15,184) で購入し、さらに日曜はドリンク2杯分付き1-Altitude Rooftop Bar早割入場券を$68 (¥5,153) で購入済みでした。一名分合計でS$393 (¥31,543) を支払ったことになります。観戦チケットだけならS$325 (¥26,390)。

明日までの超早割価格で売りに出ている観戦チケットはすべてのカテゴリーが対象なわけではなく、数十万円クラスのお接待用ホスピタリティーパッケージとVIPコンサートパッケージ、そして3日間通しのグランドスタンド5種とPremier Walkabout(パドックを除き、全ゾーンで観戦できる席なしチケット)です。下にS$1,000未満のグランドスタンド5種とPremier Walkaboutチケットの超早割価格をまとめておきます。為替レートはS$1.00 = ¥80.18で計算。チケットの価格はすべて大人一名分。

Ticket CategorySuper Early Bird
~2019/12/3
Early Bird
2019/12/4~2020/5/12
Regular
2020/5/13~
Pit GrandstandS$988 (¥79,218)S$1,088S$1,288
Turn 1 GrandstandS$988 (¥79,218)S$1,088S$1,288
Padang GrandstandS$428 (¥34,317)S$498S$598
Stamford GrandstandS$428 (¥34,317)S$448S$498
Bay GrandstandS$268 (¥21,488)S$288S$328
Premier WalkaboutS$428 (¥34,317)S$448S$498

3日間通しのBay Grandstand (¥21,488) かPremier Walkabout (¥34,317) を明日までに超早割価格で買って、チケットが届く8月頃に使わない曜日のチケットを通常価格よりも安くメルカリで売却するという手もあります。あるいは今年と同じように金曜は通常価格のPremier Walkabout一日券と日曜はSRC特別チケットを入手する方法もあります。コンサートを開くアーティストが公表されるのは例年なら春以降なので、土曜のチケットが必要かどうか、今は決められない状況です。

Nov 032019
 

連続観戦13回目となる2020年度F1シンガポールGP観戦旅行用の航空券を今年最後のAirAsia Big Saleで予約購入しました。今回のBig Sale搭乗期間は2020年4月27日から2021年3月1日まで、セール期間は11月10日までとなっています。

往路
2020年9月16日(水)
XJ 611 Osaka (23:55) > Bangkok Don Mueang (03:50)
2020年9月17日(木)
FD 359 Bangkok Don Mueang (07:00) > Singapore (10:25)

復路
2020年9月22日(火)
FD 350 Singapore (20:40) > Bangkok Don Mueang (22:05)
2020年9月23日(水)
XJ 612 Bangkok Don Mueang (00:55) > Osaka (08:40)

復路のDon Mueang > Osakaは大幅に遅れた今年のXJ 612便と同じ。

2名分の往復航空券と手数料(¥5,200)込みの支払総額は¥60,268でした。預ける荷物は来年、別途購入する予定です。来年は9月21日(月)が「敬老の日」、翌22日(火)が「秋分の日」となり、19日(土)から22日(火)まで4連休の人も多いため、日本発着便は早い時期に予約しておかないと、価格が高騰するかもしれません。現地ホテルは木曜から5泊になる予定です。

Sep 032019
 

2020年度F1ワールドチャンピオンシップの暫定カレンダーが公開されたので転記しておきます。来年度カレンダーは10月12日に開催されるFIA世界モータースポーツ評議会の会議で正式に承認される予定です。

来年はF1史上初の全22戦が開催される予定で、4月5日のベトナムが初開催、オランダGPが5月3日に復活します。連戦は7回。

初開催のベトナムGPは市街地サーキットのようで、面白そう。鈴鹿のS字もある。