Nov 292020
 

無垢材の床に適した塗料はやはり、OSMOではないかと思います。18年前に洗面所とトイレの無垢チーク材の床に塗布したお気に入りのOSMO製品の品名がわからず困ったことになりました。当時は床用ワックスとして販売されていたように覚えています。現行品の製品名はおそらく#3032フロアクリアー(3分つや)か#3062フロアクリアー(つや消し)だと思われます。高価な製品なので、違う製品は買いたくないので、日本の代理店、OSMO & EDELに問い合わせました。

A4サイズの木材に塗布できるサンプル品を代理店に送っていただきました。

シルバーウォルナットの床材に#3032フロアクリアー(3分つや)と#3062フロアクリアー(つや消し)のサンプルを塗布します。

先ずはつや消しの#3062からサンプルを塗布。

右がつや消し(#3062)、左が3分つや(#3032)ですが、洗面所とトイレに塗布したものは、やはり3分つやの方だと思われます。

左の方が光沢あり。

ついでに亜麻仁油ベースのIKEA BEHANDLA蜜ロウポリッシュを試験的に塗布してみました。ひまわり油をベースとしたOSMOの塗料とは異なり、塗った感じがしない。

床材の塗料はOSMOの#3032フロアクリアー(3分つや)に決定しました。

Bathroom Renovation — Part 9へと続く。
Bathroom Renovation — Part 7に戻る。

Nov 282020
 

母屋西側の資材置場にあった木材をすべて撤去したついでに、玉切り状態で積んであった丸太を割って薪として燃やせる状態にしました。今年は隣地の渋柿がたくさんできています。

置き場に困っていた分厚い板硝子は薪置場の屋根として活用。

今週から気温が平年並みとなり、今季初めて薪ストーブに火入れしました。

ありがたいことに今年は乾燥した薪が潤沢にあります。

Firewood Collection 2020 — Part 8に戻る。

Nov 272020
 

発注5日後に脱衣場用に使用する予定の床材が愛知県から届きました。

届いたのは15 x 90 x 1820ミリのUNIシルバーウォルナット(クルミ)10枚セット、2束。思っていたより材は軽いというのが開梱前の第一印象でした。

ケースにMADE IN CHINAと書いてあります。日本産のオニグルミとは異なるようです。1束10枚で張れる床の面積は1.638平米なので送料税込の平米単価は5,238円になります。シルバーウォルナットの床材を販売する業者は限られていそうなので、相場は不明ですが、広葉樹の無垢床材としては安い方だと思います。

「床材・無垢フローリング施工上の注意点」と題した取扱説明書が同梱されていました。

北米産のウォルナットとは全く別物であり、シルバーウォルナットと呼ばれる所以も色合いを見たら即座にわかります。脱衣場の床材としてはこのような薄い色合いのものが適していると判断しました。

このプラスチック片が3枚、施工説明書の上に挟んでありました。広葉樹フローリングを施工する場合は、「実を強く叩き込み過ぎると、無垢材の性質上、反り、突き上げの原因となります。必ずスペーサーを使ってジョイント部にクリアランスを取ってください。また壁際は5〜10mm程度隙間をあけてください」とのことです。尚、針葉樹の場合は隙間を設けずに施工するそうです。

もう一つ気になる注意点は、「接着剤は1液型ウレタン樹脂系を使用すること、水溶性接着剤は床鳴りの原因となるため、使用しないこと」です。DIYで素人も適切に施工できるよう、こうした基本的な注意点が書いてあるのは良いことです。

18年前に施工された既設の床材を撤去したとき、容易に剥がれた原因は水溶性接着剤を使用していたことが考えられます。洗濯機置き場兼脱衣場といった湿気が溜まりやすい場所では特にウレタン樹脂系接着剤の使用が推奨されるのではないかと思われます。水溶性接着剤であれば、湿気で接着剤が溶けて機能しなくなり、床が鳴る原因になり得るのではないでしょうか。接着剤の特性以外にも根太が下地となるタイルに固定されていなかったというのがそもそも間違っている。

Bathroom Renovation — Part 8へと進む。
Bathroom Renovation — Part 6に戻る。

Nov 262020
 

摩周湖に到着してすぐ、第一展望台のレストハウスで遅めのランチに選んだのは…

摩周湖レストハウス限定の弟子屈味噌ラーメン。とうもろこしが美味しく感じました。

インディゴブルーの摩周湖。

第三展望台の駐車場でレストハウスで買った半熟卵入りのカレーパンを食べている間に同行者は展望台へ。

Wikipediaによると、摩周湖は日本で最も、世界ではバイカル湖に次いで2番目に透明度の高い湖だそうです。

道路がミシガン州北部を連想させます。電柱がないからでしょうか。カーブでは追い越し禁止になっていますが、直線道路になると、地元の人に追い越されます。

川湯温泉を通り越して、硫黄山を訪れました。摩周湖第一展望台の駐車料金(¥500)で硫黄山の駐車場が利用できます。

なぜか1960年代のテレビドラマ、「マグマ大使」が私の頭の中から消えない。

ここにもレストハウスがあります。火山活動が活発になれば、地下が避難所になるそうです。

国内でこんな非日常的な景色が見れるところがあるとは。シンガポール人に日本に行くならどこが良いか、尋ねると多くの人がHokkaidoと答えるのも頷けます。

A Trip To Hokkaido — Part 7へと続く。
A Trip To Hokkaido — Part 5に戻る。

Nov 252020
 

ムサシで赤松無垢フロア材、ECOグレードが安く販売されていたので、脱衣場兼洗濯機置き場の壁材として使用する予定で、4束、入手しました。1枚の大きさは約15 x 111 x 1,820ミリなので、4束でおよそ6.46平米の面積になります。実際に必要な面積は、およそ4.3平米ですが、割れや死節が含まれるので多めに用意します。

助手席と後部座席を倒せば、ゆとりあります。

床材は無垢フローリング専門店エコロキアに、シルバーウォルナット(クルミ)2束を発注済みですが、4日が経過しても発送の連絡がありません。

ムサシ2階の銘木コーナーに北海道産の「おにぐるみ」が販売されていました。エコロキアで販売されているのは中国東北部からシベリア一帯にかけて分布する輸入木材だそうです。アメリカのウォルナットのような濃い色ではなく、日本産のナラと似た薄い灰色がかった色調のようです。

Bathroom Renovation — Part 7へと続く。
Bathroom Renovation — Part 5に戻る。

Nov 242020
 

脱衣場の床を8割ほど撤去しました。

床材の下から現れたタイルは凸凹。「洗い場」がない国で暮らすアメリカ人ビルダーが見様見真似で施工したのだろうか。

シャワーユニット側面に取り付けてあった化粧板を外すと…

切断した配管が… 以前はシャワー用の水道管、給湯管、蛇口がこの部分に取り付けてありました。

ジャグジー付きのカナダ、Valley製浴槽が産業廃棄物になります。

この蛇口はデザインがお気に入りでした。しかし、我々が使用した期間は1年ほど。

Bathroom Renovation — Part 6へと続く。
Bathroom Renovation — Part 4に戻る。

Nov 232020
 

エアホースリールをガレージ内で移設しました。これまでは壁の近くにあり、ホースを巻き取る時に片側に寄っており、最後まで巻き取れないことがありました。新たな設置場所は中央部分なのでホースを満遍なく最後まで巻き取れるようになりました。

Nov 222020
 

浴室のリフォームを実施するのと同時に給湯器を浴室に最も近い位置に移設することになりました。現在の位置は浴室とキッチンの中間にあり、この状態でシステムバスを入れた際に浴室と給湯器との距離がありすぎて、熱効率が悪くなるとのことです。

給湯器は一輪車が置いてあるところに移設します。これまでここは資材置き場でした。ガス管の移設作業がしやすいようにログウォールに立てかけてあった木材をほぼすべて撤去しました。

西側の窓から解体時に出る瓦礫を放り出して、一輪車で廃棄物を入れるコンテナまで運ぶ予定でしたが、タイルやモルタルなどの瓦礫は、床下に新たに打設する土間コンクリートの下地材として再利用することになりました。

Bathroom Renovation — Part 5へと続く。
Bathroom Renovation — Part 3に戻る。

Nov 212020
 

浴室の床を一部撤去しました。

床材は無垢のカバ。水勾配があるタイル床の上に根太を置き、接着剤と釘で床材が根太に固定してありました。根太自体はタイル床の上に置いてあるだけなので、この構造が床鳴りの原因になっていました。

Bathroom Renovation — Part 4へと続く。
Bathroom Renovation — Part 2に戻る。

Nov 202020
 

竪樋は上の方ほどログノッチから離れるので、垂直にならないのはログノッチのせいにしようと考えていましたが、本当の原因は斜め部分の固定に使っていた金具でした。その金具を取り外して、本来あるべき位置の竪樋部分に固定すると、竪樋が垂直になりました。

これで完成にしたいところですが、実は軒樋の両端部分から水漏れしています。原因は軒樋と破風の上が干渉していて、軒樋が短くなっていることです。解決策としては、新たに設置した鼻隠しの幅を広げ、軒樋取付位置を少し下げ、破風と干渉しないようにして、軒樋を延長することです。

現在、母屋西側に保管していた木材をデッキ上に移動させてあるので、軒樋修復作業ができません。作業が可能な状態になれば、作業を再開します。

Fixing The Gutter — Part 10へと続く。
Fixing The Gutter — Part 8に戻る。

Nov 182020
 

エアインパクトレンチ購入時に店員さんに勧められた、数量限定特別カラーの1/2DRプリセット型トルクレンチとソケットセット(グロスブラック)を入手しました。

トルクレンチ本体と乗用車のホイールナットの締め付けによく使う、差込角1/2DRの17、19、21ミリのソケット、150ミリのエクステンションバー、収納ケースがセットになっています。

色分けされたソケットは、インパクトレンチに装着して使用可能だそうです。

実際にエアインパクトレンチに装着してホイールナットを緩める際に使いましたが、問題ありません。

黒地にゴールドの目盛りは見やすい。

ナットの締め付けはトルクレンチで。

専用の収納棚をガレージ内に製作しました。

製品仕様を取扱説明書から転記しておきます。

全長450mm
重量1.3kg
測定範囲30〜180Nm
最小目盛1Nm
測定誤差±4%
差込角1/2DR (12.7mm)
ギア数24T
Nov 172020
 

昨年末に念願のエアコンプレッサーを導入して以来、エアタイヤゲージ、エアダスター、エアホースリール、エアバキューム&ブローガンと、段階的にエアツールを導入して来ましたが、とうとうタイヤ交換時に便利なエアインパクトレンチを入手しました。

重要な仕様を取扱説明書から転記しておきます。

本体サイズL115 x W55 x H180mm
重量1.5kg
差込角1/2DR (12.7mm)
最大トルク680Nm
無負荷回転数10,000 min-1
使用空気圧力0.62MPa
空気消費量113L/min
ネジサイズRc 1/4
推奨ホース内径∅8mm以上
ハンマータイプジャンボハンマー
付属品R1/4エアプラグ x 1

ずっしりとしていてかなり重いですが、その分、使用時に安定しそうです。

正逆切替レバーは左右共に3段階のトルク調整が可能ですが、締め付け時はトルクレンチを使用することになるので、実際に使用するのは逆回転で緩める左の方です。

初めて使ったので、慣れていませんが、タイヤ交換の作業がより楽しくなります。