LifeSiteNews Interview with Dr. Robert Malone

導入部:mRNAワクチンを発明したマローン博士は、COVID、ワクチンの危険性、初期治療、ファウチ博士に関して科学的事実を共有したことで、恐らく世界で最も侮蔑された専門家となった。同氏がバージニア州の広大な自宅馬牧場で、ジム・ヘイル氏による辛辣なインタビューに応える。

科学的根拠に基づく事実や仮説を発信する多くの専門家が、YouTubeによる不当な検閲を逃れるため、rumbleやodyseeなど、別のソーシャルメディア・プラットフォームに移行して発信するようになりました。私もrumbleのアカウントを作成し、rumbleにアップロードされた動画のURLを当サイトに埋め込めるようにしました。

Dr. Robert Maloneへのインタビュー要点を以下にまとめておきます。(編集中)

  • スパイクタンパク質に対する免疫を生成させるワクチンは、感染に対して効果的であるが、同時にこのようなワクチンはこれまでにADE(抗体依存性感染増強)と呼ばれる現象が発生していることも歴史的事実である。
  • スパイクタンパク質を基本とするコロナウィルスに対するワクチン開発の過程では常にADEの危険性が伴い、疾病が逆に悪化し、感染効率が高まる事態を招く。
  • こうした危険性は私だけが発信しているわけではなく、コロナウィルスに対するワクチンを開発する過程で周知された事実である。
  • FDA(食品医薬品局)もこの危険性を認めており、ワクチンの緊急使用許可書にも記されている。
  • 乳幼児が罹患しやすいRSウィルス(呼吸器合胞体ウィルス)に対するワクチンが存在しないのはこの危険性が原因である。
  • デング熱ウィルスに対するワクチンは、その使用に関してフィリピンで複数の訴訟、刑事告発があり、子供の超過死亡が認められたため、市場から撤退せざるを得なくなった。
  • FDAはコロナウィルスに対するワクチン開発時に治験を実施するよう、開発者に「依頼」したが、私が知る限りにおいて、開発者は治験を拒否したと聞いている。
  • ADEが実際に起こっているかどうかはわからないが、データを調べれば、その兆候がデルタで発生している可能性がある。
  • ワクチン接種者でウィルス複製が、非接種者と比べて通常は少なくなるが、このワクチンの場合は同等か多くなる。
  • 私がBret WeinsteinのDarkHorse Podcastに登場したきっかけは、Pfizerが緊急使用許可(Emergency Use Authorization)を求めて日本政府に申請したデータパッケージを評価するように依頼を受けたことだ。同じデータパッケージが米国FDAや欧州医薬品庁に提出されているはずであるが、米国ではそうしたデータパッケージは非公開となっており、一般人がその内容を知ることはできない。日本ではそれが公示される。
  • Pfizerに関しては、ワクチンの緊急使用を不完全なデータを基にFDAは許可している。通常は治験や緊急使用を実施するには安全性や遺伝毒性、生殖毒性などの毒性試験に関するデータを提出する必要がある。実際に研究調査する代わりに、Pfizerは他のRNAやワクチンに関するデータをパッケージに流用しているようだ。
  • FDAとCDC(疾病対策センター)は生命倫理に基づく従来の厳しい規則を無視しているように思う。この騒動は腐敗しているとしか言いようがない。
  • 司法抑制の影響を受けずに、正にやりたい放題だ。Dr. Fauciの個人的な見解に支配されているように見える。
  • 保健福祉省は説明責任や釈明義務を負わないようになっている。

Dr. Anthony Fauciについて

  • Dr. Fauciには辞任していただきたいと思っている。Dr. Fauciには規則が適用されないようだ。そうした状況は1983年にAIDSが発生した頃から続いている。
  • 彼の妻はNIH(国立衛生研究所)臨床センターの生命倫理部門責任者だ。
  • AIDSの研究に関しては、アフリカで生命倫理に関わる一大事件があった。その時に生命倫理部門責任者が、後に彼の妻となるChristine Gradyに代わった。
  • Dr. Fauciは武漢での機能獲得研究に出資したことを否定しているが、その根拠は崩壊している。情報公開法により公開された証拠書類もあるし、否定し難い。

コロナウィルス感染対応について

  • 現在のデータを元に考えると、リスクが高い65歳以上の高齢者、肥満体の人、小児を含むあらゆる年代で基礎疾患があるリスクが高い人にワクチンを接種するのは妥当である。一般の小児はリスクはない。18歳ぐらいまでの人に関しては、ワクチン接種による危険性の方が感染した場合の危険性よりも明らかに高い。
  • ウィルスに感染して発症し、特に高リスクの人で症状が悪化すると炎症性疾患になって人は死ぬことがある。したがって、風邪の症状と似た初期症状がある段階で、初期治療を施すことが重要だ。
  • 特許期限切れの抗炎症薬は山ほどある。イベルメクチンもそうした薬の一つであり、抗炎症作用がある。
  • インドでは安価なCOVIDキットが配布され、初期症状の段階でそうした薬を服用したら感染症が収束したという事例がある。
  • キットの中身は非公開であるが、亜鉛やイベルメクチンが含まれていると聞いている。

ワクチン接種後の若年層における心筋炎、心膜炎について

  • 心筋炎、心膜炎の危険性は1年前の去年の秋には知られていたが、CDC、FDAは耳を傾けようとせず、そうした事実を認めなかった。
  • VAERS (Vaccine Adverse Event Reporting System) ワクチン有害事象報告制度などのデータが不適切であり、信頼できないことを以前から承知していた。そこで、信頼できるとされるイスラエルのデータを利用することにした。
  • 公式のデータ分析ツールは旧式のものだったので、非公式のグループがFDA評価部門外であるOracle製データ解析ツールを使用して有害事象を分析した。
  • その結果、若年層における心筋炎、心膜炎の危険性が判明した。
  • ワクチンには他にも問題があった。その一つがウィルス再活性化である。
  • なぜ若年層で心筋炎なのか?若年層では心疾患が滅多にない。心疾患が発症するのは年配者であり、心疾患に関する多くの履歴がある。したがって、年配者の場合はそうした他の要因を取り除いて、原因を特定するのがより困難である。
  • 心疾患の履歴がほとんどない若年層で心筋炎が見つかると非常に目立つ。
  • それがワクチンを接種した若年層で起こると、非接種の若年層では滅多にないことなので、原因を特定しやすい。
  • Editing…

Staycation in Kyoto — Part 1

例年、同居人の夏期休暇はF1シンガポールGP観戦旅行で消費していましたが、昨年に引き続き、今年も新コロ騒動のために中止になったので、近場で1泊2日のステイケーションをすることになりました。目的地は自宅から車で1時間もかからない、京都三条にある星野リゾートOMO5

ホテルには駐車場がないので、入庫後24時間の最大料金が安い駐車場を探しました。川端通沿いの「タイムズ京阪三条駅北」が平日であれば駐車後24時間で1,100円でした。

2年前にメルカリで購入したメルセデス・ベンツ・オリジナル・アルミスーツケースを使用するのは初めて。Rimowa Topas 32Lにそっくりなこのスーツケース、軽自動車には似合わない。

三条河原町上がる西側と言ってくれれば、迷わずに徒歩数分で直行できたはずですが、御池から高瀬川、三条通と迷いながら歩くと15分も要しました。スーツケースのキャスターがまあまあ大きな騒音を発するのが気に入らない。

こちらは嵐山にあるあの高級リゾートホテルではなく、ビジネスホテル並みの宿泊料金で泊まれるOMO5。東寺にもありますが、京都三条の方が安く泊まれて細やかなリゾート気分を味わうことができます。

最上階である10階のツインルームに案内されました。カーテンを開けても隣のビルしか見えませんが、街中を散策するには好立地。

Wi-Fiに接続してスピードを測ると、妙に速い。客室稼働率が赤字レベルだったのでこんなに速いのだろうか。

Staycation in Kyoto — Part 2へと続く。

Got Vaccinated

去年の夏は細菌性尿路感染症の治療をして、混合ワクチンの接種はしなかったので、2年ぶりのワクチン接種になります。

減量したようで、体重が3.8キロ。体温は平熱の38.5ºC。

接種した混合ワクチンは、猫汎白血球減少症、猫カリシウィルス感染症、猫ウィルス性鼻気管炎のピュアバックス®RCP3種。ワクチンの製造元はPfizerだそうです。mRNA遺伝子療法による「毒ちん」ではなく、生ワクチンだそうで安心しました。

院長は病理学を専攻されたそうで、感染症や疫学のことは物凄く詳しい。素人の私もこの一年半の間に毎日のように、日本語に加えて英語やフランス語で新コロ騒動に関して情報収集した結果、多量の中途半端な知識を身につけました。今回の世界的騒動に関する原語での情報収集活動では、10代の頃から蓄えた化学や医療の専門用語に関する知識が役に立ちました。

薬学にも詳しい獣医である院長との「問診」内容の大半は、ヒトのウィルス感染症やワクチンに関することでした。院長は感染症に対しては自然免疫が最も大事であると前回も話されていたので、「毒ちん」は未接種かと思いましたが、すでにFully Vaccinatedでした。私は遺伝子療法に基づく「謎のお注射」は接種しない主義ですが、万が一、新コロ発症を自覚した場合に、イベルメクチン打ってもらえますか?と冗談で尋ねてみました。獣医がヒトに注射したら違法行為になるそうです。濃度を調整すればヒトに対しても有効で無害だとは思います。イベルメクチン錠剤は置いていないということです。

アメリカではヒトの「毒ちん」接種に獣医が駆り出されたようですが、獣医学に対する考え方が日米で大きく異なることが原因かと思います。院長によると、動物用のワクチンもヒトのワクチン同様、FDA(米国食品医薬品局)が認可するそうです。日本ではヒトのワクチンは厚労省、動物のワクチンは農水省が認可する。

実地での臨床治療経験が豊かな獣医は、感染症や疫学に関して非常に詳しい。毎日のように治験を実施しているようなもので、テレビ番組に出演してスポンサーから多額の報酬を受けて解説する専門家の比ではない。

“Ethics 101. Dr. Julie Ponesse, professor of Ethics at the University of Western Ontario, provides a lesson in courage and integrity.”

On September 7, 2021, Julie Ponesse, Ethics Professor Huron College University of Western, London, ON Canada was dismissed for not submitting to …

“Ethics 101. Dr. Julie Ponesse, professor of Ethics at the University of Western Ontario, provides a lesson in courage and integrity.”

Freedom of Speech

20年以上、倫理学を教えるカナダの大学教授、強制毒チン接種を拒んだため、解雇された。

Dr. David Martin – Covid vaccine mRNA code is a BIOWEAPON developed via a digital SIMULATION — Freedom Of Speech

Health Ranger Report

Dr. David Martin – Covid vaccine mRNA code is a BIOWEAPON developed via a digital SIMULATION — Freedom Of Speech

The above post is a shared article linked to Freedom of Speech.

“The CDC is Now Listing Vaccinated COVID-19 Deaths as Unvaccinated Deaths if They Die Within 14 Days of the Vaccine” – Dr. Simone Gold — Freedom Of Speech

This surprises no one. The CDC is again bastardizing results of COVID and now vaccine statistics. Our medical community is officially corrupt. Last year we reported that only 6% of all Coronavirus deaths were related to COVID itself.  Handfuls of fake factcheckers claimed we were wrong. We were later proven correct by the CDC itself. […]

“The CDC is Now Listing Vaccinated COVID-19 Deaths as Unvaccinated Deaths if They Die Within 14 Days of the Vaccine” – Dr. Simone Gold — Freedom Of Speech

The above post is a shared article linked to Freedom of Speech.

Sobokkuru Revisited

久しぶりに野洲の「ねぎ焼きと自家焙煎コーヒーの店、そぼっくる」を訪問。

去年来た時はなかった新コロ感染対策の自家製仕切り板がテーブルに設置してありました。100円ショップとホームセンターに売っているもので自作されたとか。そんなくだらないものにお金はかけないという考えと発想が素晴らしい。マスク着用のお願いはありません。アルコール消毒もしたい人はどうぞって感じで、入り口外側のデッキの上に置いてある。

いつもはねぎ焼きですが、今回はミックスのお好み焼き。大きめに刻んだ具、中は柔らかく、外だけパリッとしている。

こちらは定番のねぎ焼き。店外に置いてある飛び出し坊やがマスク着用でした。マスクに何の意味もないことをわかっておられる。新コロ騒動を楽しみながらお店を運営されているようにも感じました。

Eric Clapton — This Has Gotta Stop

Brian Mayが変人だというEric Clapton、新コロ茶番に関してはEric Claptonを全面支持します。アニメーションを見れば、言いたいことわかります。

This Has Gotta Stop

This has gotta stop
Enough is enough
I can’t take this ‘BS’ any longer (‘BS’ = bullshit)

It’s gone far enough
If you wanna claim my soul
You’ll have to come and break down this door

I knew that something was going on wrong
When you started laying down the law

I can’t move my hands (vaccine adverse effect)
I break out in sweat
I wanna cry
Can’t take it anymore

This has gotta stop
Enough is enough
I can’t take this ‘BS’ any longer (‘BS’ = bullshit)

It’s gone far enough
If you wanna claim my soul
You’ll have to come and break down this door

I’ve been around
Long long time
Seen it all
And I’m used to being free

I know who I am
Try to do what’s right
So lock me up and throw away the key

This has gotta stop
Enough is enough
I can’t take this ‘BS’ any longer (‘BS’ = bullshit)

It’s gone far enough
If you wanna claim my soul
You’ll have to come and break down this door

Thinkin’ of my kids
What’s left for them
And then what’s coming down the road

The light in the tunnel
Could be The Southbound Train
Lord, please help them with their load

This has gotta stop
Enough is enough
I can’t take this ‘BS’ any longer (‘BS’ = bullshit)

It’s gone far enough
If you wanna claim my soul
You’ll have to come and break down this door

This has gotta stop
Enough is enough
I can’t take this ‘BS’ any longer (‘BS’ = bullshit)

It’s gone far enough
If you wanna claim my soul
You’ll have to come and break down this door

For me, this sure is the best Clapton song next to “Wonderful Tonight”.

F1 Honda Japanese Grand Prix 2021 To Be Canceled.

鈴鹿サーキットによると、2021年10月8日〜10月10日に開催が予定されていた、「2021 FIA F1世界選手権シリーズHonda日本グランプリレース」は開催を中止することを決定したとのことです。シンガポールGPと同様、F1日本グランプリは2年連続で中止となります。

Why Is Everyone Getting Shingles?

動画のタイトルが意味深、「なんでみんなが帯状疱疹になっているの?」YouTubeの検閲を逃れるために敢えて、「ワクチン副反応」などといった表現を避けていると思われます。こうした不確実な情報が広まれば、ワクチン接種を躊躇する人が確実に増えるはずです。

通常は1,000人当たり1.5〜2.5人、2000年から2007年は1,000人当たり3人に増えたそうですが、今は「みんな」が発症している?Dr. Eric Berg DCによるこの解説動画では一度もvaccine(ワクチン)とかCovid-19、mRNA、gene therapy(遺伝子治療)といった表現が使われておらず、直接触れてすらいないのにコメント数が凄いことになっています。コメント欄にはmRNAワクチン接種後に高齢の家族や知人、本人が帯状疱疹になったとする報告が多数あります。

因果関係があるとすれば、お注射が自然免疫機能を低下させ、休眠中のヘルペスウィルスを起こしてしまい、再活性化させたのではないかと私は推測します。

BCG接種や結核の自然感染により、強化されていた自然免疫機能がお注射によって機能が低下すると考えると、お注射接種前はCOVID-19陽性者数や死者数が比較的少なかったアジア、アフリカ、ロシアなどで接種後にそうした数値が上昇傾向に変わることも頷けます。

日本国内でもmRNAワクチン接種と帯状疱疹発症との関連性についてツイートする皮膚科医もおられます。そうしたツイートに対して副反応が疑われるような事例を報告するコメントが多く寄せられています。

My mother-in-law says itchy and painful shingles reappeared on her back about a week after the first dose of the Pfizer-BioNTech Covid-19 jab. She showed symptoms of herpes zoster several years ago and has suffered from this viral disease for some time now. She’s wondering if it’s OK to get the second dose.

Singapore Plans New Normal with Virus as Endemic

遺伝子組み換えお注射の接種が国内でほぼ完了することが条件のようですが、都市国家のシンガポールでは新コロウィルスによるパンデミックを終息させ、エンデミック(風土病)として扱うよう、計画しているようです。端的に言えば、インフルエンザと同様に扱うということで、PCR検査陽性者数の公表や陽性者の隔離はしないということです。変異を繰り返すウィルスを根絶することが不可能であることを受け入れて、ウィルスと共存する道を選ぶという英断です。

F1シンガポールGPは去年に引き続き、今年も中止するとすでに発表されているのが残念ではありますが、マリーナベイでの公道サーキットの準備を始めるのが6月なので、致し方ありません。