Jul 252017
 


IMG_2865

ahiruさんのToyota Aquaに取り付けたマグネット式の車載ホルダーがホルダーごと落下するようになったので、両面テープを3M Scotch製耐熱用超強力両面テープに変更すると共に、取り付け位置を純正カーナビ左側に移動させました。ホルダー落下の原因は付属両面テープ裏にあるビスの頭が少し突き出ていたことと取り付け位置が平面ではなかったことであると思われます。貼り直した両面テープは2枚重ねにしました。その後、落下しなくなったようです。

MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18) — Part 4に戻る。

Jul 142017
 

Twelve South HiRise for iPhone 5 / iPad mini

最近、iPhone 7の調子が悪くなったのか、充電したりしなかったり。最初に疑ったのは充電用スタンドとして使用しているTwelve South HiRise for iPhone 5/iPad miniに取り付けたLightningケーブル。端子の状態をじっくりと観察してみても問題はなさそう。

Suzuki HUSTLER

次に疑ったのはSuzuki HISTLERに車載しているPioneer carrozzeria MVH-3300。オーディオデッキのUSB端子に接続した時も充電できたりできなかったりの状態でした。時々、FORMAT READの表示の後にエラーになることもありました。

シガーライターにケーブルを直接、挿してみても充電できない。これはiPhone 7本体の調子が悪くなったと考えるのが論理的ということで、Lightning端子の辺りを観察してみると、本体色と同じブラックであるはずの部分に白っぽいものが見えます。何だろうと思い、キーチェーンに取り付けて常時携帯しているSIM取り出し用ピンをLightningコネクターに突っ込んでみました。

白っぽい物質の正体は木粉でした。私はいつもLightningコネクターが上を向いた状態でiPhoneをポケットに入れています。丸ノコや電気カンナで切断したり削ったりした木材の粉がポケットに入っていたのです。ケーブルで充電しようとするたびにコネクターに落下した木粉を奥の方に押し当てていたのでしょう。接触不良になっていたので、何度も端子の先端で押し当てていたので、木粉はフェルトのような状態になり、接点を覆っていました。

フェルト状に固まった木粉を解してからエアダスターを吹き付けると、綺麗に木粉が取れて、正常に充電できるようになりました。今後は埃が侵入しないフラップ付きのポケットにiPhone 7を入れておこう。

Jun 242017
 

IMG_2598

ahiruさんのToyota Aquaにもマグネット式の車載ホルダーを取り付けました。一見、どこでも取り付けられそうですが、視認性やケーブルの取り回しなどを考慮すると、最適な取り付け位置はエアコン吹き出し口右かカーナビの左側ではないかと判断しました。

IMG_2599

ステアリングが少し、視界を遮りそうですが、運転中にiPhoneの画面を凝視することはないし、一旦、エアコン吹き出し口右に取り付けました。予備の両面テープが付属するので、使用感に問題があれば、別の場所に取り付け直すこともできます。

MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18) — Part 5へと進む。
MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18) — Part 3に戻る。

Jun 152017
 

IMG_0222

ベネチア観光を楽しまれた翌日にバスでミラノに向かわれました。中心部から少し離れた郊外のホテルにチェックイン。

IMG_0223

ホテルからDuomoがある中心部へ徒歩で向かわれているようです。

IMG_0226

現在、スカラ座の前。この後、多分アーケード(ガッレリア)を通って、Duomoに。

IMG_0232

ホテルから3時間近くもかけてDuomoまで来られました。帰りはどうされるのだろう。

IMG_0237

無事、帰国されたようです。Wi-Fiかもしれませんが、ネットにも繋がっています。Find Frinds Appの位置情報共有をオフにしました。共有期間は1時間、1日の次は無期限しか選択肢がなかったので、無期限に設定していました。

およそ一週間のイタリア観光地周遊旅行にお供させていただき、ありがとうございました。Cinque Terre以外はすべて3D表示が可能な観光地だったので、本当に同行させていただいたような感じになり、楽しませていただきました。

She’s on A Tour of Italy with iPhone SE and iPad — Part 2に戻る。

Jun 132017
 

IMG_0197

Cinque Terreを訪問された後、高速道路でベネチア郊外の宿泊先ホテルに向かわれたようです。


IMG_0199

今回のイタリア旅行で最も楽しみにされていたベネチアにボートで上陸。30年近く前、私がベネチアを訪れた時もボートで上陸したのを覚えています。当時、暮らしていたシカゴの冬があまりにも寒く、年末年始の休暇を利用してベルギー、イタリア、オーストリアなどヨーロッパを電車で周遊したら、もっと寒かった。

IMG_0206

ベネチアでは厚手の手袋を買った記憶があります。

IMG_0214

自由時間を利用してゴンドラに乗船?時々、”Location Not Available”になりますが、iPhone SEの電源が切れているのだろうか。それともGPSが機能していないのか。

IMG_0211

LA GIUDECCAの方にも渡り船で行かれたようです。

She’s on A Tour of Italy with iPhone SE and iPad — Part 3へと続く。
She’s on A Tour of Italy with iPhone SE and iPad — Part 1に戻る。

Jun 112017
 

IMG_0195

今年の2月にiPhone SEでスマホデビューをされ、春にiPadを入手されたブンブンさんがグループツアーでイタリア旅行中です。旅行期間中のみ、Find My Friendsで位置情報を共有させてもらうことにしました。

旅行を計画されている時に、現地でiPhone SEとiPadを使いたいので、プリペイドSIMを現地で購入することも検討されていました。しかし、現地プリペイドSIM入手に伴う手順はハードルがあまりにも高そうなので、レンタルルーター(Global WiFi)を出発前に借りる方法を採用されました。旅行先はイタリアのみなので、SIMを入れ替える必要もなく、iPhone SEとiPadはWi-Fiの接続先をレンタルルーターに設定するだけです。現地SIMを購入するよりも高くなりそうですが、グループツアーなので、スマホを利用されている他の参加者と共有すればレンタル料金を安くすることも可能です。

IMG_2409

食事中?

ローマでイタリア入国され、ナポリ、カプリ島、フィレンツェ、ピサを回遊されました。私はFind Friends Appの衛星3D画像を使い、リアルタイムでバーチャルツアーに参加しています。30年ぶりにフィレンツェをバーチャルで訪問すると、歴史的建造物が建ち並ぶ旧市街地は景色がほとんど変わっていないので、当時の記憶が蘇ります。

現地で撮影された画像ファイルを何枚かiMessageで送ってもらいました。画像データを見ると、iPhone SEではなく、iPadで撮影されていることがわかりました。カメラの性能はiPhone SEの方がずっと優れているので、撮影にはiPhone SEを使うように助言させていただきました。

iPadを入手された時にMy Photo Streamをオンに設定したはずなので、iPhone SEで撮影した画像ファイルはiCloud経由でiPadのPhotosに同期され、iPadのより大きな画面で画像を確認することができます。容量もiPhone SEの方が大きい。(iMessageのやり取りでわかったことですが、レンタルルーターのパケット消費量を節約させるために、iCloud関連の設定は自動通信しないようにオフにされたそうです。)

IMG_0120

Piazza Della Signoria, Florence, Italy

IMG_0142

Square of Miracles, Pisa, Italy

ピサの斜塔がある公園は「奇跡の広場」と言うのですね。送られて来た画像ファイルに撮影地の情報が埋め込んでありました。

これからCinque Terre、ベネチアに向かわれるそうです。

She’s on A Tour of Italy with iPhone SE and iPad — Part 2へと続く。

May 092017
 

MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18)

Subaru R1にもMPOW Grip Car Mount(マグネット式車載ホルダー)を取り付けました。R1の場合も取り付け位置はここしかないと思われる、エアコン吹き出し口下に付属の両面テープで固定しました。iPhone 7を装着する予定です。

MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18) — Part 4へと進む。
MPOW Grip Magic Car Mount (MCM18) — Part 2に戻る。

Apr 172017
 
P4130013

Olympus PEN E-P5 with OLYMPUS M.12-50mm F3.5-6.3. Shot on April 13, 2017.

例年と比べて1〜2週間も開花が遅れた桜の撮影画像をまとめておきます。まずは近所の公園で、Olympus PEN E-P5を用いて広角端で撮影した画像。OLYMPUS M.12-50mm F3.5-6.3の簡易マクロ機能を利用しました。

P4130016

Olympus PEN E-P5 with OLYMPUS M.12-50mm F3.5-6.3. Shot on April 13, 2017.

こちらも広角端の12.0mm(換算24.0mm)で撮影した、水平方向に伸びる桜の老木。穴場なので、桜は満開なのにほとんど人がいません。

IMG_1990

iPhone SE back camera 4.15mm f/2.2. Shot on April 16, 2017.

上の画像は琵琶湖が眺望できるびわ湖バレイ駐車場で、iPhone SEを用いて撮影しました。桜が満開のこの時期にここを訪れるのは初めて。

DSCF3123

FUJIFILM XQ1. Shot on April 16, 2017.

FUJIFILM XQ1はバッテリー残量が少なくなり、赤い警告ランプが表示されていました。しかし、iPhoneで気軽に綺麗に撮れるので、望遠撮影でなければコンデジはなくても構わない。

IMG_1945

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

私は偏屈なので、脇役のスイセンを主役に。

IMG_1943

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

花見渋滞で混雑する海津大崎よりもこちらの方が空いていてしかも背景が素晴らしい。

IMG_1941

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

桜は山の麓にある1,700台収容の有料駐車場エリアから標高300m辺りにあるロープウェイ山麓駅までのエリアに1,000本も植えられているそうです。

IMG_1961

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

標高差がおよそ300mあるので、より長い期間、満開の桜を楽しめます。

ドローンで撮影された動画にリンクを張っておきます。

IMG_1968

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

f/1.8のiPhone 7なら背景をぼかすのも容易です。

IMG_1974

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

iPhoneパノラマモードで一枚。

IMG_1977

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8. Shot on April 16, 2017.

桜満開のこの時期に初めてびわ湖バレイ山麓駐車場を訪れて、身近な景色の素晴らしさに気付きました。「灯台下暗し」とは正にこのようなことを言うのでしょう。

ECLIPSEドライブレコーダーDREC 200で撮影した動画も。音声はカットしてあります。

Apr 042017
 

去年の6月1日〜12月26日まで実施されていたmineoの「なが〜いお付き合いキャンペーン」の特典の一つとして、SIMカードを交換される方は2,000円分のAmazonギフト券が貰えるということでした。このキャンペーンの対象者は、2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた方(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している方となっていました。

当キャンペーンの対象者である私は、別の特典である「エントリーコード2個プレゼント」が適用され、当時契約していた、データ通信のみの3回線で合計6個のエントリーコードを貰いました。

キャンペーン期間中である去年の10月と12月に新規で契約した二回線で、SIMカードを交換しました。キャンペーンの注意事項として、「Amazonギフト券(ギフト券番号)については、2016年10月から2016年12月末までのお申し込みの場合は2017年3月末までにお客さまの登録アドレス宛(@mineo.jp)に、メールにてお送りします。」とのことだったので、2,000円 x 2 で4,000円分のギフト券番号が送られて来るのを楽しみにしていました。

ところが、3月末を過ぎても一向にギフト券番号は@mineo.jpとeo IDの連絡先アドレスに送られて来ないので、こちらからサポートに連絡しました。電話に出た男性オペレーターは、去年のキャンペーンのことを熟知していない様子でした。調べた結果、私はキャンペーンの適用対象外なのでAmazonギフト券は貰えないということになりました。キャンペーン適用の条件はすべてクリアしているにも関わらずです。

また、去年10月にSIMカード交換を申し込んだ際に、キャンペーン対象者の定義が不明瞭な部分があったので、サポートに連絡して確実にキャンペーンが適用されるかどうかを確認しました。その時に対応した女性オペレーターは「2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している」の「」の部分を強調して、「回線」ではないので、5月31日以降、新たに契約する回線についても12月26日までにSIMカードを交換したら、Amazonギフト券2,000円分がもらえますとのことでした。

当時の経緯は当ブログにもその詳細を書いており、記事を読まれた人が私と同じように、SIMカードを交換されているかもしれません。これでは納得できない旨を伝えると、さらに詳しく調べてから連絡するということになりました。

翌日、別のオペレーターから連絡がありました。それはクレーム対応を専門にしている人に特徴的な非常に丁寧な口調で説明されました。別の特典であるエントリーコードを発行してもらっているということは、キャンペーン対象者である証拠となるはずです。しかし、5月31日以降に新たに申し込んだ回線については、SIMカード交換の特典であるAmazonギフト券番号は発行できないと説明されました。去年10月にサポートに連絡して、その件については確認が取れていることを再度、伝えました。その時に対応したオペレーターは女性であり、連絡したのは去年の10月27日前後であることを伝えると、履歴を調査しますので折り返し、連絡するということになりました。

しばらくしてから連絡がありました。10月に対応したオペレーターを特定できたそうですが、そのオペレーターが間違った案内をしてしまったとのことで、結局、Amazonギフト券番号は発行できないと丁寧に謝罪されました。

この問題点のそもそもの原因は、mineoサポート担当者を含めて読む人によって解釈が異なる適用条件の書き方にあると思います。このキャンペーンには三つの特典があり、それぞれで適用条件が異なります。それを一つの適用条件としてまとめようとしたことにより、複数の解釈ができるようになったのだと思われます。

去年の秋に支払った4,000円分の手数料を相殺するはずだったAmazonギフト券が貰えないのは残念ですが、それ以上に今回の件で、mineoのサポート体制に対する信頼が著しく低下して、自信を持って周りの人にmineoを勧められなくなったのが残念です。

Mar 262017
 

AP Glass Film Protector for iPhone 7

AppleCare+ for iPhoneに加入していない、iPhone 7にAstro Productsブランドの中国製強化ガラスフィルムを貼りました。先にahiruさんが試されていた3Dではない方のガラスフィルムです。

AP Glass Film Protector for iPhone 7

表面硬度9Hのガラスフィルム本体とホコリ除去シール、アルコールパッド、クリーニングクロスが付属します。

LCD Screen Cleaner

付属のアルコールパッドは使わずに、LCDスクリーンクリーナーを使って、iPhone 7のタッチパネルを綺麗にしました。カメラレンズ用のブロアーを用いてホコリを吹き飛ばしながらの作業となりました。ahiruさんが先に綺麗に貼られていたのを見て、貼り付け作業の難易度はそれほど高くはないだろうと高を括っていたのが大間違いでした。

AP Glass Film Protector for iPhone 7

作業中にCat ISONがいつものように邪魔しに来るし、追い払えば猫の毛と共にセーターに付着したホコリが舞うし。 うまく貼れたと思ったら左右に少しずれている。3回ほど貼り直したので、付属のホコリ除去シールが役に立ちました。

AP Glass Film Protector for iPhone 7

FaceTimeカメラとスピーカーで位置合わせしました。

AP Glass Film Protector for iPhone 7

ラウンドエッジ加工により、引っ掛かりにくいので、ガラスフィルムが欠けてしまうことを防止するとのことです。画像はすべて、Olympus E-P5に装着したOLYMPUS M.60mm F2.8 Macroで撮影しました。上の画像のみ1:1で撮影。画像を拡大表示すると、ラウンドエッジ加工が施されているのがわかります。

強化ガラスを貼ることにより、誤って落下させてしまった時の画面ひび割れの可能性を低くすることができ、AppleCare+非加入であっても安心できます。

当製品の仕様

  • 厚さ:0.33mm
  • 表面硬度:9H
  • 透過率:90%

作業の難易度:5段階で3