Apr 282009
 

RIMG0368

肌寒い日が続いていますが、今年2回目の釣行です。昨日まで雨が降ったりやんだり、いつもの渓流は水かさが増し、フライを落とすポイントがなかなか見当たりません。風も吹いているし、前回とは違って条件が悪い日でした。よく見れば水も若干濁っています。こういう日はドライフライは難しいのですが、それでも川に入ってすぐ一投目で小さなアマゴをキャッチ、シュート&リリース。

今回は堰堤の上流を目指して林道をひたすら歩き、イワナを狙っていたのですが、釣れたのはアマゴでした。

写真撮影は苦労しています。ランディングネット越しに左手で釣ったアマゴを軽く押さえて、右手でカメラ。テレマクロ、発光禁止で撮影。

Apr 272009
 

4月20日からS$168で販売されていた、3日間通しの早割Walkaboutチケットが完売とのことです。売れ行きが良いと見るか、悪いと見るかは意見が分かれるところですが、去年と比べれば芳しくないのではと私は思います。早割チケットが完売とのことで、言い方を変えれば発券されるチケット総数の50%がやっと売れたということです。(一部の「無作為に選ばれた?」人は3月下旬から購入可能でした。)

Singapore, 24 April 2009 – The S$168 three-day early bird walkabout tickets for the 2009 FORMULA 1 SINGTEL SINGAPORE GRAND PRIX are completely sold out just four days after being launched for general sale.

今後は通常価格のS$188で残り50%分の販売が続けられます。Bay Grandstandのチケットはまだ早割で購入できるようです。去年は確か、2月14日発売後、サーバーが一時ダウンしていましたが、Bay Grandstandのチケットはもっと早い時期に連番での複数チケットの購入が不可能な状態になっていたように記憶しています。

4月9日から発売されている高価な指定席の方は、もっと売れ行きが悪そうです。Bay Grandstandの隣、Turn 16からTurn 17、席によっては遠方にTurn 18も見える、Esplanade Waterfront Grandstand以外の席がまだ50%売れてないようです。

Apr 232009
 

仕事をしていてTime Machineに救われました。と言ってもMicrosoft Wordで僅か数行分ですが。納品前にページレイアウトを見直していて、セクションブレークを挿入した時に、数行分が消えてしまったのです。そのまま保存したのでUndoできません。

そこでTime Machineを立ち上げて、二時間ほど前に自動的にバックアップされたファイルをダブルクリックで中身を確認。消えた数行分がありました。復元する時にオリジナルファイルを上書きせずに、両方を残すを選択。復元したファイルから問題の数行分をコピーして、オリジナルファイルにペースト。不要になったファイルはゴミ箱へ。

こういう形でTime Machineが役に立ったのは初めてです。Time Capsuleを導入してから、無線で意識せずにバックアップしてくれるのでたいへん便利です。

Apr 192009
 

snap-oncabinet

北京から東京経由で、インドネシアで製作されたという木製キャビネットが届きました。とにかく重い。80kgはあるとのことです。母屋に設置することができず、ガレージ行きとなりました。現状のままではガレージ内にも設置する適当な場所が見つからず、ガレージ内の模様替えと建築直後に製作した棚など、一部改修をすることにしました。

本来の用途は飾り棚ですが、ガレージに設置するので工具用のキャビネットになりそうです。

(4月21日追記)段ボールから木製キャビネットを取り出し、ガレージの模様替えをしてみたところ、「一部改修」せずに済みました。写真を掲載できるほど、整理できていません。

Apr 182009
 

2009年9月24日〜28日までのシンガポールGP 2009開催期間中のホテル、特にFragrance系列のお得なホテルがBOOKING.COMで多数ヒットするようになっています。世界同時不況の影響か、今年は外国人の観戦客が去年よりも少ないかもしれません。となれば、ホテルの客室稼働率は下がる筈です。去年は75%の客室稼働率だったとか、どこかの記事で読みました。今年はホテルの客室稼働率がもっと下がるとなると…ホテルは慌てて予約しなくても良いのかもしれません。

毎年、人気がないマレーシアGPは去年よりもさらにチケットが売れ残ったそうです。今週、開催される上海はどうなのだろう?

4月20日のBay GrandstandとTurn 3 Grandstand、そしてWalkaboutチケットの一般発売以降は、満室になるホテルが増えるかもしれません。去年はこの時期、安くて便利なホテルを確保するのがたいへん困難でした。

(4月21日追記)Bay Grandstand、Walkaboutなどのチケットが昨日、発売になりましたが、BOOKING.COMで予約できるホテルは相変わらず空室が多数、残っているようです。やはり、私たちを含め、外国人観戦客が減っているのでしょうか?

Apr 122009
 

4月9日に観戦チケットの一部(WalkaboutとBay Grandstandを除くグランドスタンド)が一般発売となりました。当日午後6時の時点で売り出したチケットの20.7%が売れたとか。これには3月下旬から開始した試験販売分も含まれると思われます。

Turn 3はピットレーン出口付近のコース改修のため、未発売だったのですが、4月20日から早期割引(S$988)でWalkabout、Bay Grandstandのチケットと共に発売になるそうです。

写真は去年のTurn 3です。手前に見えるのはEast Coast Parkwayだと思います。

Turn 14もコース改修となります。そのため、MarinaとRaffles Grandstandのチケット発売時期は未定のようです。価格も明らかにされていません。

Apr 102009
 

シンガポールGP2009の宿泊先ホテルの手配が完了しました。今年も国境越えのジョホールバルにある、Puteri Pacificを予約するつもりでした。しかし、今年はこの時期でもシンガポール市内で空室があるホテルが多数、残っているようで、この一週間ほど、海外のホテル予約サイトをずっと監視していました。

BOOKING.COMを見ていると、四つ星でサーキットから徒歩圏内なのにシンガポールGP開催期間で一泊一万円台がありました。ジョホールバルの高級ホテルに泊まって片道だけタクシーを利用した場合(MYR270+S$40)と比べると、ほぼ同額かさらに安くなる料金です。これは検討してみようということで、ホテルの情報を集めました。その日の夜に再度、BOOKING.COMで検索してみると、その同じホテルの同じ料金プランでの価格がいつの間にか4倍近くに跳ね上がっています。サーキットに近い普通の四つ星クラスの相場に戻っていると言った方が適切かもしれません。

がっかりしました。やはりホテルは国境越えのPuteri Pacificか…と断念しました。去年の実績もあるPuteri Pacificは素晴らしいホテルだと思います。イミグレーションからも近いし、シンガポール行きのタクシー乗り場のすぐ隣という立地に加えて、客室は快適でサービスも一流ホテルそのものでした。

翌日、釣りに出かけた日は、観戦チケットの一般向け早割販売の一部が始まる4月9日の前日に当たります。何としてもこの日のうちに確保しなければならないと考えていました。BOOKING.COMで同じような目玉商品がないかどうかチェックしていると、ありました。MRT City Hall駅から東西線で西に二つ目のTanjong Pagar駅から徒歩3分ほどにある、四つ星ホテルが一泊S$160です。サービス料金10%と税金7%がかかりますが、それでもこの時期で、マリーナサーキットから歩けなくもない距離でこの価格。今度は即決で土曜と日曜の二泊分を取り敢えず押さえました。(前払いでキャンセル不可です。)

翌朝、「木、金もこのホテルをすぐに予約しろ」とのお告げがあり、寝ぼけ半分でBOOKING.COMにアクセス。無事、同じ格安料金で二泊分を追加で予約できました。そして、午後、確認のために再度、アクセスして料金を確認すると何と残り二部屋(私が予約したときは残り三部屋)で、しかも料金は一泊S$400になっています。僅か数時間の間に2.5倍に跳ね上がっています。このS$400がこの時期の相場ではあると思うのですが。

シンガポールのホテル予約は、まるで博打?これで、観戦チケット、航空券、宿泊先の手配が完了しました。今年は国境越えしなくて済みます。嬉しいようなちょっと寂しいような…

Apr 092009
 

RIMG0348.JPG

ランディングネットの中に写っているのは比較的大きなアマゴ。今年初めての釣行で、まだまだ水温は低いし、ドライフライでの釣果は期待していなかったのですが…

フライを今年も元気にキャスティングできるというだけで、嬉しく思う、そういう無欲な時に限って、釣れます。

ちょっとアーティスティックな写真がたまたま撮れました。水中のアマゴの目に焦点が合っています。カメラはRicoh R8です。(f3.7、SS:1/36、ISO400、発光禁止、露出補正なし)慌てる必要はないのに、いつも釣った魚の写真撮影は慌てます。できるだけ素早くリリースしてあげたいと思うから?写真はテレマクロで撮影していますが、それでもかなり近づいているのでカメラが水没しそう。

iPhoneを持って行くか、R8にするか、若干迷いました。水没させればどちらがより困るかといえば、iPhoneでした。

RIMG0358.JPG

この数年はいつも同じ川に釣行しています。標高500メートルクラスの山の中にある谷ですが、以前はアマゴというより、朱点がはっきりしない、ヤマメに似た魚が釣れました。最近は、普通のアマゴが多くなったような気がします。

それと、治山用の小さなダムができてからは、ダム下ではイワナがほとんど見れなくなりました。釣り人も増えたので、フライフィッシングがより難しくなったように思います。

今年はちょっと遠征してみたい気もします。いつまで元気に釣りができるかわかりませんから。

Apr 082009
 

rimg0332無性に欲しくなってから僅か二日でもう入手しました、iPhone 3G用のベーススタンド。材質は硬めのエラストマーゴム、非常に軽いので、ボックスの中に製品が入っていないのではないかと疑ったほど。お店を出て駐車場に停めた車の中でボックスを開けて確認しました。

これが¥1,980?高いのか安いのかわからず、自宅に戻って、iPhone 3Gを実際に置いてみると、素晴らしいの一言。傾斜は10ºで一般的なキーボードと同じ角度だとか。この絶妙な傾斜があるのでキーが打ちやすいという触れ込みですが、液晶が見やすくなります。それとiPhone 3Gの裏側は平らではないので、机の上に置いてタップしようとした時に安定しません。このベースを使えば、安定します。

製品が軽いので、机の上で使用する時に滑るのではないか?という疑問もありました。しかし、iPhone 3G自体が重いのでそのような心配は不要でした。

img_0005img_0004

NumberKey Freeをグレードアップして有料版のNumberKeyも購入しました。これがまた素晴らしいアプリケーションです。スワイプするとカーソルキーも現れます。それとフリーの方にはなかったカンマキー、タブキーも付いている。数字入力時にカンマが使えるとさらに便利です。

誇張して言えば、このアプリケーションを使うためだけにiPhone/iPod touchを買っても良いかと思うほど。iPhone 3Gを使い始めて早くも一ヶ月が経過しました。自宅で仕事をしている時、そうでない時も常時、手元にiPhoneを置いて使っていたいという衝動に駆られますが、このベーススタンドとNumberKeyがあれば、そうした欲求を満たすことができます。

NumberKeyとiPhone/iPod touchを使えばUSB外付けテンキーは不要になります。同じ発想でiPhone/iPod touchをWi-Fi接続のトラックパッドとして使えれば、Mighty Mouseが不要になるのでは?と思いながら調べてみると、すでにそういうアプリケーションがありました。Padというアプリケーションです。

Apr 052009
 

IMG_0003Balmuda DesignのiPhone/iPod touch向けアプリケーション、NumberKey Freeがアップストアからダウンロード可能になっています。MacBookやPowerBookなど、テンキーがないノートブックにWi-Fi無線接続のテンキーを追加するアプリケーションです。iPhone、iPod touchがテンキーになるということで、非常に便利です。特に日本語入力している時に、数字を入力しようとすると全角の数字になってしまうのでこれまでは入力ソースの切り替えが面倒でした。

このアプリケーションを使用するには、NumberKey Connectが必要です。ノートブックの方にインストールしておかないと機能しません。

デザインもすっきりしています。私は電卓だと勘違いしてテンキー化したiPhoneに適当に数字を打つと、開いていたエクセルのセルに数式が入力されてしまいました。テンキーですから当然です。電卓はiPhone/iPod touch標準のものがありますからそちらを使った方が良いでしょう。

NumberKey Freeは無料ですが、この無線テンキーを一度使えば、Uniteの方から販売されているSmartBase for iPhone 3Gが無性に欲しくなります。