Feb 272011
 
P2265063

Nikonのサイトで調べてみたら、”Nippon Kogaku”の名称で双眼鏡の製造を始めたのは1917年、MIKRON 4xと6xの製造販売は1921年に開始。1959年にMIKRONからNikonにブランド名変更とありますから、この双眼鏡は1921年から1959年の間に製造されたということになります。シリアル番号らしき数字1077805が本体に刻印してあります。

レンズ内にカビが生えています。分解掃除すれば何とかなるかもしれません。しかし、適切な工具がないと光軸がずれる恐れがあります。修理のプロに依頼した方が良いかもしれません。

現在、ミクロンの名称で再び製造販売しているようです。Nikon 双眼鏡 ミクロン 6×15 CF

Feb 252011
 

静かにアップデートされたMacBook Pro、直前の予想通り、イベントで発表するような大きなアップデートではなかったようです。次世代I/O規格であるインテル開発のThunderboltを初めて搭載したMacとして歴史に残ることは確実ですが、筐体デザインの変更はありません。インテルとAMDの新しいCPU、GPUを採用して処理速度は飛躍的に速くなっているかもしれませんが、二台目、三台目のMacとして今一つ、手に入れたいと思わせるものが欠けているような気がします。逆にますます、MacBook Airに魅力を感じます。

3月1日追記:exciteニュースに「新型MacBook Proを眺めて思う本当のすごさ」と題するたいへん読み応えのある記事が投稿されているので、リンクを張っておきます。この記事を読んで、実機に触れた時の印象を後から修正しなければならない事態になりました。ユニボディーMacBook (Pro)が発売された2年以上前のマシンの筐体デザインを変更しなかったのは、それだけ完成度が高いということで、去年のモデルと比べて二倍の速さになっていることも驚異的です。Core i7の新しいMacBook ProにSSDを搭載し、Thunderbolt経由でLED Cinema Displayや27″ iMac Quad Coreを外部ディスプレイとして繋げばどんなことになるのか、想像の域を超えます。

Feb 202011
 

iTunes Radioでよく聴くBig R Radioが配信する楽曲がiPhone/iPod touchでも聴ける、iRadioSuiteを紹介します。

現在、私のiTunesライブラリーに収録された”Music”は7,724曲、33.84GBで全部聴くと22.2日要することになります。しかし、この中で実際には”Music”ではないものが1,242ファイルあります。楽曲は6,000以上はありますが、それでも同じ曲ばかり、聴いている気がして、普段はインターネットラジオを聴いています。仕事中にBGMとして聴くことが多く、お好みのラジオ局はBig R RadioのSoft Hits (Office Friendly)。その同じラジオ局が配信する楽曲がiPhone/iPod touchでも聴くことができるのが、iRadioSuiteです。

バッファーを調節することが可能で、ストリーミング放送なのに前の曲や次の曲を選ぶこともできます。選曲が素晴らしく、音質も非常に良いと思います。ヘッドフォンで聴くと、iPodの曲なのかラジオの曲なのか区別ができないほど。

気に入った曲はiTunes Storeから購入してダウンロードすることも可能です。しかし、これだけ音質が良くて、お気に入りの選曲であれば、楽曲を購入してローカルディスクにダウンロードする必要もないような気がします。

Feb 182011
 
BREE Simply 1

帰宅すると、BREE製品愛好家のあのお方が…本日、お持ちのバッグを撮影させていただきました。製品名がわからないということで(いつものことです)、ネットで調べてみると、どうやら”Simply 1″のようです。ヌメ革の方もお持ちですが、こちらのタイプはヌバックで、ハンドル部分が若干、短くなっています。

DSC00137

こちらがヌメ革の方。以前、撮影させていただいたものです。ハンドル部分が修理済みで、本来はもっと長いそうです。

Feb 162011
 
P2165059

Barbourのワックスコットンでは最も軽いDurhamは、国内では現在、取り扱っていないそうです。写真のClassic Durham Jacketは10年以上前に、ニュージーランドから個人輸入したもの。国内価格の半値以下で輸入できたのですが、調べてみると同じお店がWebで見つかりません。

Barbourブランドの製品にたいへん詳しいA&Fの店員さんと話していて教えていただいたことが一つあります。このDurhamが古びてきたので新しいものを買うべきか、相談したところ、ジーンズと同様、ワックスコットンのBarbourは古びている方が価値があるとのことです。新しいDurhamをアウトレット価格で販売することは今後、ないそうです。リプルーフしない方が味があって良いのかもしれません。

Feb 122011
 
P2085017

自己格納式リール型のキーチェーン、KEY-BAK®オリジナルはWest Coast Chain Manufacturing Co.の創設者、W.R. Lummis氏が1948年に発明。転轍手(ポイントマン)であったRuss Lummis氏は、制動手や転轍手のぶら下げたキーチェーンが動いている列車に引っかかり、怪我をする事故を何件か目撃したそうです。そうした事故を防ぐために開発したのがこの自己格納式のリール型キーチェーンとのことです。

R0012015

写真は会社設立60周年記念モデルのORIGINAL KEY-BAK® Self Retracting Key Reel。ボディーと裏側のベルトクリップはクロムメッキ、中央のメダル素材は青銅、60cmのチェーンはステンレス。Made in the U.S.A.とのことでたいへん丈夫そうで、高級感もあります。

P2085012

こういう会社が今も健在であり、世界中に業務用キーバックを製造販売していること自体が驚異的だと思います。私は、鍵をたくさん持ち歩くことはないので、本来の用途ではなく、釣行時にニッパーやハサミなどを鍵の代わりに取り付けて使おうかと考えています。メタリックなケースも付属します。中にはフライを収納できそう。

キーバック:KEY-BAK キーバック60thアニバーサリー

Feb 112011
 
P2085047

合成の繊維充填材入りのキルティング、軽くて暖かいことが特徴のBarbour®ブランドの婦人用ベスト。調節可能な引き締めひもがウエストの位置に。フロントに4つのポケット、それぞれに真鍮製のボタンが二つずつ。家庭用洗濯機で洗濯できます。

Feb 102011
 

P2085025

必要以上に大きなベゼルと文字盤が特徴の腕時計ブランド、Nixonのヘッドフォンをアウトレット価格(¥8,400)で入手しました。ヘッドフォンもイアークッションが必要以上に大きい感じがしますが、折り畳み式なのでコンパクトに収納できます。但し、音漏れが激しく、外出時に周囲に人がいる場所では使えそうにないので、自宅専用になりそうです。

P2085028

イアークッションは形状を記憶するタイプだそうですが、長時間の使用後に耳の跡が残る程度に考えた方が誤解を招かないと思います。ヘッドバンドは合成皮革、シルバーの部分はステンレス素材。右側がボリュームになっています。ケーブルにiPhone用のリモコンが付属しないタイプなので、手元(耳元)でボリューム調整ができるのは便利です。

P2085032

赤いボール状のものは特許申請中であるとか。角度の調節が容易であり、耳にフィットさせ易くなっています。3.5mmステレオミニジャック、1.5メートルのケーブル被覆はファブリック素材。

さて、音質はどうかと言えば、「音漏れが激しい」と書いた時点で、あるいはこれまでの口調からお察しの通りです。口径40mmのドライバーを使っているそうですが、低音カット機能が自動的に機能しているのかと思うほど、低音が出ないヘッドフォンです。エージングで何とかなるかと思い、しばらく試しましたが、今のところ音質は改善しそうにありません。見栄えと質感は悪くはないのですが、音質が残念。

Nixonブランドの他のヘッドセットはApple Storeでも販売されているので、品質としては問題ないと思って購入したのですが、このモデルに関しては???

BREE KAANA 19

 BREE  No Responses »  Tagged with:
Feb 092011
 
BREE KAANA 19

小物は別として、ヌメ革ではないBREE製品は随分と久しぶりです。3週連続でアウトレットのセール巡り、最後は三井アウトレットパーク滋賀竜王。入手したのは旧型のKAANA 19のクリーム。定価¥25,200の60%引きで¥10,080でした。

BREE KAANA 19

所々にレザーが使われていますが、クリーム色の部分の素材はナイロン?ストラップが薄くてパッドもないので、重いものを入れると肩が痛くなるかもしれません。

BREE KAANA 19

デザインが変わっていてなかなか独創的だと思います。