Burton Wheelie Double Deck True Black—Impression

Burton Wheelie Double Deck True Blackが届きました。かなり気に入っています。お店で見た時の印象よりも、ずっと大きくて、ホイール付きダッフルバッグというよりも、立派なスーツケース。物を入れなくても自立します。3泊以上の旅行には、この程度の大きさがあった方が便利かと思います。

ホイール(ウィーリー)のデザインがスノーボード風で、確かに容易に交換できそうです。早速、六角レンチで外してみました。右回転で緩み、左に回すと締まります。破損したTimberlandのキャスターと比べると、このIXIOM™ Wheel Systemはゴムの塊で如何にも丈夫そう。

カタログはIXIOM™ WHEEL SYSTEMなのに実物はIXION SYSTEMになっています。どういうことでしょう?ファブリック部の素材は600D x 1200Dポリエステルドビー。

ハンドルも丈夫そう。収納式SnakeStack™はバックパックなどを外側にぶら下げるためのもの。

名札入れはマジックテープ開閉式。TSA(米国運輸保安局)認定ロックに対応した鍵を掛けられるジッププル。

弾力性に優れたTPU (thermoplastic polyurethane 熱可塑性ポリウレタン樹脂)と運動靴のクッション素材にも使われるEVA (ethyl vinyl acetate エチレン酢酸ビニール)をブレンドしたバックパネル。

外側のポケットは上部に一カ所のみ。小物がたくさん入りそう。

伸縮性があるジッパー周りのCRAM™ Stretch Panel、容量オーバーの荷物を収納することができるそうです。

内側はレッド。ネットが仕切りになっています。洗濯物を入れるバッグが2個付属。

Mazda RX-8のトランクに入れようとしたら、トランク開口部が小さくて、残念ながら入りません。後部座席を倒したSubaru R1なら余裕で入ります。このバッグ、初めて使用するのはシンガポール行きの9月を予定していますが、もっと早く使ってみたくなりました。

2010年2月25日追記:Burton Wheelie Double Deck True Blackの撮影にNikon D90を使用しました。黒いものは黒つぶれするかと思っていたのですが、大丈夫のようです。測光は中央重点ですが、Active D-LightingがAutoになっていて、それが有効に働いたようです。

Tamron AF18-250mm F/3.5-6.3 Di II LD Aspherical [IF] Macro

備忘録として、レンズの仕様を転記しておきます。

焦点距離:18-250mm
明るさ:F/3.5-6.3
画角(対角):75º33′-6º23′
レンズ構成:13群16枚
最短撮影距離:0.45m(ズーム全域)
最大撮影倍率:1:3.5
フィルター径:62mm
全長:84.3mm
最大径:74.4mm
質量:430g
レンズフード:DA18

モデル名A18N、TamronのニコンDX 機(APS-C)用高倍率ズームレンズがアウトレット価格で販売されていました。安いなあと思って見ていた次の瞬間には、もう買っていました。

オートフォーカス用のモーターがレンズに内蔵されていないタイプで、手ブレ補正の機能もありません。D5000やD3000など、新しいタイプのエントリー機はモーター非搭載なので、そうしたカメラで使用する時はマニュアルフォーカスになってしまいます。モーター付きのレンズに移行中のため、出荷停止状態になっていて、そのおかげでアウトレット品として非常に安く購入することができました。(¥14,900)

幸いにもD90はボディーにモーターが搭載されているので、オートフォーカスの機能が使用できます。但し、決して速くはありません。手ブレ補正もないので、望遠端で使用する時は、三脚とか一脚に固定させるか、ISO感度を上げた方が良いかもしれません。

ズーム全域で最短撮影距離0.45mは特筆すべき特徴でしょうか。発売時の謳い文句は「世界初・世界最大倍率13.9倍、デジタル一眼専用・超高倍率ズーム」ということです。

Singapore GP 2010 Circuit Diagram

F1公式サイトのシンガポールGPサーキット図を見ていて、気付いたことがあります。F1 Singapore GP公式サイトにはない、グランドスタンドがサーキット図に書かれています。2008年度には実際に設置され、2009年度は設置されなかった、Singapore Flyer、Raffles Grandstand、Marina Grandstand、Esplanade Steps Premierに加えて、2009年度はなかったCity Hall Grandstandが新たに設けられています。しかし、現在、F1公式サイトから購入できるチケットはF1 Singapore GP公式サイトで発売予定のチケットと同じ。売れ行き次第では、グランドスタンドを増設するつもりなのでしょうか。

The Official F1™ Website Starts Selling Race Tickets for Singapore GP 2010

Singapore GP公式サイトではチケットの発売は3月1日、それまでにどのチケットを購入するか、じっくり考えようと思っていたら、F1公式サイトの方で、何とすでにチケットが発売されています。

F1公式サイトではWWTEがチケットを販売しているようですが、現地通貨を選ぶことができないので、USドルからシンガポールドルに単価SGD1.4078で換算して比較してみました。シンガポールGP公式サイトで販売される予定の早割価格と通常価格の中間ぐらいになっています。早割価格と比べると数パーセントから1割ぐらい高いようです。

F1公式サイトで購入する場合は、登録したemailアドレスに引換券が送られて来るので、それをプリントアウトして現地に持参し(場所と日時は未定)、チケットと交換するという手順。上の表にあるチケット代金とは別に約6%の税金と手数料が必要になるようです。Bay Grandstandのチケット2枚の場合、US$194.06 x 2 + US$22.78 = US$410.90となります。シンガポールGPの場合は税込みですが、チケットの受け取りを国際宅配便に指定すると、去年の場合、送料が2枚分でSGD23.00でした。今年も送料が同じと仮定すると、Bay Grandstandなら早割価格SGD248.00 x 2 + SGD23.00 = SGD519.00となり、SGD60ほど、シンガポールGP公式サイトで購入した方が安くなります。5月1日以降に通常価格で購入する場合は、F1公式サイトの方が安くなるようです。

F1公式サイトの場合は、グランドスタンド内での席を選ぶことができないよう。プレミアウォークアバウトのチケットを5月以降に買い足すような場合にはF1公式サイトがお得かもしれません。

Burton Wheelie Double Deck True Black

2004年6月のGuam買物旅行の時に買って来たTimberlandのホイール付きのダッフルバッグが、去年のシンガポールGP観戦旅行でホイールが破損しました。Timberlandブランドのバッグは独占的ライセンス契約を締結しているSamsoniteが販売しているという情報を得て、ホイールの修理代を尋ねると、1万5千円もするとか。

高さ80cm x 幅35cmのダッフルバッグは、海外旅行の際に三脚とか細長いものを収納して持ち運ぶにはたいへん便利だったので、このTimberlandブランドのダッフルバッグに代わるバッグを探し求めていました。そこで、F1グランプリと共に世界を旅するモデル、Jessica Michibataさんを見習うことに。

ButtonではなくBurtonのWheelie Double Deck True Blackです。サイズは高さ76cm x 幅41cm x 奥行38cmと、Timberlandのダッフルバッグと比べて高さが若干、低いけれど、容量は同じぐらい。ホイールは「スケートウィール」というそうですが、交換が簡単にできるとの説明があります。Burtonはスノーボードやアパレルのブランドとして有名ですが、バッグ類も充実しています。ANAの空飛ぶカバン屋でも取り扱っているので、旅行用バッグのブランドとしても信頼できそう。土岐プレミアムアウトレットにBurtonのアウトレットストアがありますが、Jessicaと同じ内側レッド、外側ブラックのTrue Blackは残念ながら品切れでした。色によって見た感じがかなり異なります。

実物は確認できたので、私はAmazonで先程、購入しました。¥24,355、このサイズのバッグとしては安いと思います。(アマゾンでの価格は日々、上下します。ご注意ください。ポストをアップしてから確認したら一気に¥4,000も値上がりしていました。)到着次第、このバッグの詳細をレポートします。

AppCleaner

iPhone/iPod touch用のアプリケーションばかりではなく、Mac用のアプリケーションで使い勝手がよいものも紹介します。私のApplication Folderには数年前から更新が止まっている古いアプリケーションがいくつも入ったまま。PPC用でIntel Macでは動作しないものまで含まれます。そうした古いアプリケーションや、全く使用していないアプリケーションを関連ファイルと共に抹消してくれるのが、フリーウェアのAppCleanerです。

アプリケーションをドラッグ&ドロップすれば、.plistなど、システムの奥深いところに潜んでいるその関連ファイルを自動的に探してくれます。Uninstallボタンをクリックすればファイルはすべて「ゴミ箱」に移動。Preferencesで誤って捨ててしまったら困るアプリケーションを個別に登録することもできます。”Protect launched apps.”や”Protect default apps.”にチェックしておけば、起動中のアプリケーションやシステムデフォルトのアプリケーションを捨てずに済みます。

Safari Top Sites and RSS

生粋のMacユーザーとしては、ブラウザーはMac OS標準のSafari以外は使用しないことにしていますが、最近、そのブラウザーの使い勝手が悪くなり、困っていました。

Safari 4の最も便利な機能の一つにTop Sitesがあります。頻繁に訪問するサイトをTop Sitesに登録しておけば、サイトの内容が更新される度に星印が付くので、更新されているかどうかを確認するためにサイトを訪問する必要がありません。すべてのサイトの更新状況をチェックするわけではなさそうですが、ブログなど、新規投稿の記事があれば、星印が付きます。

この星印が自動的に付かなくなり、困っていました。Safariを一旦終了させて、再び立ち上げると一度だけ正しく星印が現れるという症状でした。色々と調べた結果、同じ症状で困っている人は存在しない、つまり、私の設定の仕方が原因であることが判明しました。その原因はSafari>>Preferences>>RSS>>Check for Updatesの設定状況にありました。私はRSSは読まないのでいつの間にか、”Never”に変更してしまったのです。これを、”Every 30 minutes”に設定を戻すと、Top Sitesの星印が正常に表示されるようになったという次第です。デフォルトではたぶん、「30分ごと」になっていると思います。

Firewood

Nikon D90 w/AF Nikkor 35mm f2/D: 1/80, f/2.8, ISO 200

この冬も暖冬で薪ストーブの出番がほとんどありません。アラジンの石油ストーブとナショナルの温風ファンヒーターで事足りるほど、寒くなく、積雪もほとんどありません。

近くの土地が売りに出されるのか、整地の作業中です。業者が伐採した広葉樹が道路沿いに山のように積んであったのですが、少しずつ減って行き、もうほとんど残っていない状態。業者が薪として販売するのだろうと思っていたら、そういうことではなく、邪魔だから「欲しい人は好きなだけ持って行って」ということでした。道路沿いに並べてあったのは、「持って行って!」という意味だったのです。早い者勝ちとは知らずに出遅れてしまいました。

それでも、残された一盛り分を、譲り受けることに。枝のように細い幹はスライド丸鋸で手際よく切断。(と言いたいところですが、なぜか左手小指から出血)太い幹はハスクバーナ141で切断。2サイクルエンジンの甲高い音、これを聞くとわくわくするのはなぜ?

Air Tickets To Singapore Purchased

2月7日に予約したシンガポール行き航空券は、旅程を一部変更し、予約し直したら購入期限が3日延び、本日が新しい期限となっていました。変更したのは出発日、木曜から水曜に変更した結果、6泊7日の長旅になります。木曜のピットウォークなど、各地で開かれるイベントにも参加できるかもしれません。

Type Cのスーパーエコ割が適用された運賃は¥50,000、空港利用税等が¥4,330で合計¥54,330でした。二人分なので¥108,660の支出。

往路は成田>>チャンギのNH111便、復路はチャンギ>>成田のNH112便、伊丹からの乗り継ぎになるので、いずれの便も早朝に空港に到着しなければなりません。2008年に利用した便と同じです。

現在、確保しているホテルは木曜から日曜の4泊分。新たに2泊分のホテルを予約しなければなりません。

2009 Aluminum Keyboard Firmware Update 1.0

先月公開されたファームウェア更新が、Software Update…でヒットしなかったのはなぜだろうと思っていたら、2007年版のアルミキーボード用のファームウェア更新でした。私のアルミキーボードは2009年版、今回、公開されたファームウェア更新を適用させました。

The 2009 Aluminum Keyboard Firmware Update 1.0 improves battery performance of the 2009 aluminum Apple Wireless Keyboard when used in combination with other Bluetooth devices (such as Apple Magic Mouse and some Bluetooth headsets).

Apple Magic Mouseなど、他のBT機器と組み合わせて使用した場合のApple Wireless Keyboardバッテリー性能改善ということです。テンキー無しのApple Wireless Keyboardは不便なので、使用することなく、引き出しの中に入れっぱなしの状態でしたから、バッテリー性能改善されてもあまり意味がないのですが。それよりも、Magic Mouseのバッテリー性能を改善してもらいたいと私は思います。2週間ぐらいでLow Batteryの警告が出るので、eneloop必須となっています。最近は、使用しない就寝時や外出時は、Magic Mouseの電源を切るようにしています。