macOS Monterey 12.1 Public Beta 4 (21C5045a)

本日、容量1.69GBのmacOS Monterey 12.1 Public Beta 4 (21C5045a) がApple Beta Software Program参加者に公開されたので、Mac mini (2018) とMacBook (Early 2016)にインストールしました。

Universal Controlは未実装ですが、Magic Trackpad 2でのタップ入力不具合は解消されているようです。これまでに体験した不具合の中で最もイライラする不具合でした。

Appleからこの不具合を解決したとする以下の内容のメールが届きました。

Hi, Monomaniac,
As a result of your feedback, there are changes in the latest update, build 21C5045a, that have resolved this issue.
You can see the software build your device is running and check for the latest update by clicking on the Apple logo in the upper left hand corner > About This Mac. If the build is not visible, click on the macOS version, e.g. 10.15.x, to reveal it.

Has this issue been resolved after installing the latest update?

Feedback ID FB9767012, Magic Trackpad 2 tapping doesn’t function properly 

Making A Shop Stool — Part 3

脚4本のほぞ加工、今回は丸鋸と鑿で加工します。

ほぞの部分は座面裏側から真っ直ぐ垂直に座面を貫通させるつもりです。

ここまでは正しい角度で切断できました。

これが座面として使用する幅広で分厚い米松。脚部を貫通させるほぞ穴の位置を決めようとしていますが、墨線の位置が間違っている。(座面端からほぞ穴の位置が上下で異なる。)上の画像は裏側。

板が分厚いのでドリルで下穴を空けてから鑿で穴を貫通させました。長辺方向は楔を打ち込むので、表側でプラス10ミリほど、ほぞ穴を大きくしています。

ほぞ穴のサイズは合っていますが、脚をプラスチックハンマーで叩いても座面裏側に隙間なく収まらない。原因はほぞ穴の長辺側で傾斜を考慮していないこと。

Making A Shop Stool — Part 4へと続く。
Making A Shop Stool — Part 2に戻る。

Making A Shop Stool — Part 1

厚みがある米松の幅広板を座面に、杉の角材を脚部に使った木製スツールを製作します。David Stantonさんが解説する上のYouTube動画は製作後に見つけたものです。この動画を着手前に観ていれば脚部の開き具合をもう少し広げて96ºにしていたかもしれません。

日立卓上丸鋸(C 8FB)で複合切断するのは初めて。脚が開く椅子やスツールの製作では、脚部に使用する角材の長辺と短辺の両方向で角度を付けて傾斜切断する必要があります。

ヘッド部とターンテーブルは共に5ºの角度と傾斜に設定しました。この設定で95ºの角度になります。

複合切断で試し切りしています。二次元であっても向きを間違えて逆にする傾向がある私にとって、三次元での向きとなれば、元々ないに等しい空間把握能力の限界を超えます。墨線をできるだけ多く付けて、試し切りしないと、使用する材の長さがどんどん短くなります。

お手本とした木製椅子に複合切断した脚部を並べて切断した向きと角度が正しいことを確認中。お手本の椅子の脚は動画と同じ97ºぐらいの傾斜になっています。脚部の角度調整時に脚が短くなっても良いように長めに切断しました。

Making A Shop Stool — Part 2へと続く。

Honda N-BOX — Changing Tires

今季初の冬用タイヤへの交換は兄所有のHonda N-BOXになりました。前輪二輪を自作の木製スロープに載せてフロアジャッキでジャッキアップ。後輪も二輪同時にジャッキアップしてタイヤを冬用スタッドレスに交換しました。

エアコンプレッサーを使って空気圧の調整までしたら所要時間は小一時間でした。エアインパクトレンチも使用したので、力作業がなくなりましたが、私はこの前、チェンソー使用時に腰を痛めて腰痛気味。

macOS Monterey Tap-To-Click Issue

Bluetooth接続のMagic Trackpadを含む、トラックパッドでのタップ入力が不安定な不具合、ベータ版でのみ発生している問題かと思っていましたが、製品版の12.0.1でも発生していることがわかりました。私は現在、Public Beta 3をインストールしており、Mac mini (2018)にBluetooth接続したMagic Trackpad 2とMacBook (Early 2016) の内蔵トラックパッドでこのイライラする不具合が発生しています。

Apple Support Communitiesで報告されています。
reddit掲示板はこちらで議論されています。

COSTCO Kyoto Yawata Gas Station Opens

COSTCO京都八幡倉庫店隣接地に待望のガソリンスタンドがオープンしました。夏頃からずっと工事中でした。

灯油のコーナーも併設されています。他のガソリンスタンドのガソリン価格と比べて1L当たり10円以上は安いので、毎回給油していたら年会費は元が取れます。

Another Shelf in the Garage

ガレージ東側の壁面に棚を取り付けました。45ºに切断した支持材は棚板と2×4スタッドに直付けしました。

棚板に使用したのは実家にあった古材。琵琶湖で使われていた和船を解体した時に出た古材だと聞いています。本来は看板などに使われる古材ですが、他に用途が思いつかないので棚板にした次第です。材は多分、檜だと思いますが確証はありません。

Apple Announces Self Service Repair

Apple製品ユーザーがiPhoneやMacなどのApple製品を自分で修理できるプログラムを来年から開始するとの発表がありました。まずは米国でiPhone 12とiPhone 13シリーズを対象にディスプレイやバッテリー、カメラの修理部品を専用サイトで販売するそうです。使用済みの部品をリサイクルを目的に返却すれば、製品やサービスを購入できるクレジットが貰えるとのこと。何でも自分で修理しなければ気が済まない私のようなユーザーには魅力的なプログラムです。

macOS Monterey 12.1 Public Beta 3 (21C5039b)

本日、容量2.03GBと2.22GBのmacOS Monterey 12.1 Public Beta 3 (21C5039b) がApple Beta Software Program参加者に公開されたので、Mac mini (2018) とMacBook (Early 2016)にインストールしました。

Trackpadのタップが適切に機能しないバグがあると思われるので、Appleにフィードバックしました。

  • Accessibility > Pointer Control > Trackpad Options… > Enable draggingのチェックが勝手に外れる。
  • Magic Trackpadでタップに正常に反応しない。(MacBook Early 2016でも)

Bamboo Planter

二週連続で別荘宅にお越しの斜めお向かいさん、今日の課題は大型プランターの製作。十時にクロスした脚部に竹を使えばどうかと私が提案しました。ハチクの青竹なら近くにいくらでもあるというお隣さんと共に竹林に忍び込み、数本を竹用鋸で伐倒し、軽トラックの荷台に載せて持ち帰りました。

竹が交差する部分は切り欠きを入れて固定し、さらに2本の竹に穴を貫通させて、針金で縛ってあります。プランター部分には1×4材の端材を再利用。まだ土は入れてませんが、見かけよりも丈夫に出来ているはずです。

竹の加工には専用鋸の他に両刃の竹割鉈と6分割の竹割器を使用しました。いずれもバンブーフライロッド製作用に集めた工具です。