Singapore GP 2012 — Day 4 (Friday) Part 2

DSCN6913

今にも雨が降りそうな厚い雲。嵐になりそうな予感。

DSCN6924

最初、自席とは違う誤った席に案内されました。ここは最終コーナーが金網越しになる。直後に嵐がやって来たのですぐにスタンド席から離れて案内係の休憩所で雨宿りさせてもらうことになりました。私が率先して案内係にお願いしました。

DSCN6932

こちらが案内係の休憩所となっている仮設テントの中。椅子に座っている人は我々の後に続いた人。立っているのはボランティアの案内係と警備スタッフ。

DSCN6930

雨で濡れた身体をコーヒーで温めてくださいと言われ、コーヒーを取りに行ったら、今度は菓子パンとお菓子の配給がありました。ミネラルウォーターが入ったペットボトルも観戦客に配られました。本来は案内係の休憩所なのに、自分たちは休まずに働きながら、外国からやって来た我々観戦客に手厚いもてなしをしてくれます。Fan Standの客だけ特に優遇されているような気がします。こんな心温まるもてなしを受けると、契約が更新になれば来年も他のグランプリに浮気することなく、またシンガポールに来ようとなります。前日の木曜日、すでに来年のチケットの一部が超早割で発売されました。(5年間の契約更新に至らない場合は、契約が2年間、自動的に延長になります。)最大33%割引となる超早割チケットの販売期限は9月30日。

DSC_0023

雷雨が通り過ぎ、スタンド席に戻るとGP2の練習走行が始まっていました。Ferrari Challengeの練習走行は赤旗で中止。スタンド席はほとんど人がいなかったので最上段に移動し、最終コーナーからピットストレートへと加速するGP2のマシンを捉えました。(GP2の写真撮影は人生初の体験)

DSC_0043

この辺りは水はけが良いのか、路面はドライ。

DSC_0072

マシンの一部がぼかした金網にかかる瞬間がシャッターチャンス。Lotusのマシンは段差ノーズではないGP2のマシンの方が格好良い。

DSC_0086

Fan Stand最終コーナー側最上段は、ピットレーン入り口も金網の上から撮影できる数少ない撮影場所だと思います。白線からピット側が時速60km制限となるので、マシンは一旦停止するかのように減速します。シャッタースピードを落とせるので暗くなってもISOを上げる必要がありません。

DSC_0094

しばらく高速シャッターで撮影していると、成功率が高過ぎて飽きてくるので、今度は同じ位置からカメラを正面に向けて流し撮り。金網越しの撮影になるのでマニュアルフォーカスで置きピン。

DSC_0110

ズームインすれば難易度が高くなりますが綺麗にマシンが流れると達成感があります。シャッタースピードは1/160秒。マシンはフルスロットルで加速中。

DSC_0184

チェッカーフラッグがよく見えます。ピットはRed Bull Racingが最も最終コーナーに近い位置。

DSCN6961

表彰台も見える。こんなに素晴らしい席にアップグレードされた我々は本当に幸運でした。

DSC_0345

午後6時から予定通り、F1の練習走行P1が始まりました。シンガポールでKimi Räikkönenを見るのは3年ぶり。

DSC_0210

ズームインすればこんなに大きく撮影できます。

DSC_0339

会場では多くの観戦客に出会い、会話しました。初年度の2008年以来、日本から毎年やって来るクレージーなファンだと言うと、必ずKobayashiを応援しているのかと尋ねられます。”No, We don’t like him. He’s a terrible driver.”と返すと妙に受けが良いことに気付きました。技術的、精神的には素晴らしい才能を持っているドライバーだと思いますが、去年、Raffles CityのDin Tai Fungで会って以来、”I don’t like him.”になりました。佐藤琢磨のようにF1ドライバーとしての品格を持ち合わせていないのではないかと思います。

DSC_0251

ナイトレース仕様のヘルメットにはLEDが埋め込んであるそうですが、この時間帯はまだ明るいので光っていません。

DSC_0269

McLarenからMercedesへの移籍が発表されたLewis Hamilton。ヘルメットのデザインが変わり、Jenson Buttonとの区別がし辛くなりました。

DSC01802

トラックの向こう側にスーパースクリーンが見えています。予約していたFan Vision(カンガルーTV)はP2だけ借りることにしました。

DSC_0481

日が完全に落ちてナイトレースの雰囲気になってきました。マシンが照明を反射して光り輝いています。

DSC01835

P1が終了すると1番ゲートの近くにあるVillage Stageの辺りでFan Visionを借りて、その後に夕食。Sony DSC-RX100で撮影した上の画像、HDRの恩恵を受けています。ステージにはイギリスのバンド、The Proclaimers。

Pit Grandstand後方で煙草を吸っている時、東京から来られた日本人観戦客に出会いました。チケットは宿泊先ホテルのコンシエルジュから前日に買ったばかりとか。モナコでサーキットが見えるホテルに泊まったら一泊80万円 x 4泊分の320万円だったそうで、それと比べると宿泊されていたConradは一泊8万円で安いとのことです。今年、5年目にして初めてZone 1で観戦できることになった我々は、客層の大きな違いに驚愕。夕食時に相席させていただいた地元の観戦客らしきカップルもたいへんお上品なお坊ちゃん、お嬢様でした。

DSC01842

無料で借りて来たFan Vision。好みのドライバーを選んでオンボーボカメラの画像を観るのが楽しい。

DSC01864

元はと言えば、我々のBay Grandstandのチケットよりも高価なPremier Walkaboutのチケット所持者向けのブリーチャー。

DSC_0672

この方もRCにチェックインしてすぐ、1階で見かけました。首の後方にある入れ墨が目立っていました。開催初年度のインチキ優勝の記憶を払拭する活躍を期待します。

DSC_0675

こちらがMcLarenのJenson Button。ガールフレンドと共にConradに宿泊されているそうです。ConradはMcLarenの定宿なのでしょうか。

DSC01875

Sony DSC-RX100でオートフォーカスに設定していると、金網にピントが合ってしまいます。

DSC_0680

長身のMark Webberは着座位置を変更したのか、いつもより頭の位置が下の方にあるように見えます。

DSC_0706

フォーカスは確かC-AF(Continuous Auto Focus)にしていたと思いますが、金網ではなく追尾したマシンにピントが合っています。

DSCN6989

ホテルに戻るとチョコレートがソファー前のテーブルの上に置いてありました。

3 thoughts on “Singapore GP 2012 — Day 4 (Friday) Part 2

  1. 今年もすばらしい観戦記ありがとうございます。
    私は残念ながら観戦に行けませんでしたが、記事を読んですっかり現地に行った気になってしまいました。

    Fan StandはてっきりPit Grandstand席の一部だと勘違いしていましたが、コンテスト当選者向けの席だったんですね。うらやましい限りです。
    (昨年の決勝時、横のPlatformで立ち見観戦しましたが、かなりの混雑で疲れました。)

    別記事ですが、Singapore Recreation Clubの記事もたいへん参考になりました。
    バルコニーからT9を観戦できることを考えると、3泊で15万円台(2名)のパッケージ価格はリーズナブルだと思います。同様にバルコニーからT10を観戦できるSingapore Cricket Clubでも同様のパッケージがあれば、即決してしまいそうです。

    土曜日以降の観戦記も楽しみにしております。

    1. お久しぶりです。実は私もFan StandはPit Grandstandの中に設けられるものとばかり思っていました。最終コーナーよりか1コーナーよりなら良席かなあと思っていたら、独立した仮設スタンドで、しかも最終コーナーに近い方でした。最上段の席は空いていたので、そこから写真撮影をしました。

      パダン逆側にあるCricket Clubは宿泊設備がないようですからバルコニーから観戦できるパッケージは恐らく存在しないと思います。T10の方がいろいろと見所満載のコーナーですね。しかし、SRCのロバーツとF1嫌いのおばちゃんの強烈な個性は印象的でした。値切れば、安くしてくれそうな感じでした。ロバーツの名刺をいただいたので、メールアドレスが必要な場合はお知らせください。

Leave a Reply to yasuaki Cancel reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.