Sep 132018
 
DSCF7486

マレーシア入国後、最初にやったことは、現地プリペイドSIMの確保。神戸空港出発前にKLOOK経由で予約購入したTune Talkの4G SIMカードをKLIA2到着ロビーにあるTune Storeで入手しました。

DSCF7488

SIMカードをiPhoneに挿入して実際に使用するのは、来週月曜と火曜なので、アクティベーションはせずにカードだけ確保しました。

DSCF7491

シンガポール行きのAirAsia AK 0707便に乗り換えます。受託手荷物のタグは機械を使って自分で発券します。

DSCF7498

預ける荷物をベルトに載せて、バーコードをスキャンすると、すぐにベルトが動いて運ばれる仕組み。

IMG_5603

KLIA2制限区域内にあるStarbucks Coffee。

DSCF7510

木曜の朝にシンガポールに向かう機内には我々と同じ目的の人が少なからずおられます。しかし、同胞の乗客はほとんど見かけず。機長の癖のある話し方が印象的でした。

DSCF7515

自宅を出てからおよそ23時間後の木曜正午ごろにチャンギ空港第4ターミナルに到着。

DSCF7521

両替所でSingtelの4G 100GBのプリペイドSIM二枚を購入し、自分でiPhoneに挿入しました。

DSCF7529

MRTの駅がある第2ターミナルへは無料のシャトルバスで移動します。

DSCF7536

この後、MRTに乗車し、TOMOMIちゃんが暮らすTanah Merahへと向かいました。

Singapore GP 2018 — Part 3 (Thursday Afternoon) へと続く。
Singapore GP 2018 — Part 1 (Wednesday) に戻る。

Sep 122018
 

今年も去年と同様、出発前から波乱が続くF1シンガポールGP観戦旅行の出発当日を迎えました。我々が搭乗する予定のフライトは深夜便なので、当日の朝でもバタバタとすることなく、ゆったりとした気分で”Part 1″を記録することができます。(9月20日追記:と思っていたら、出発前に仕事が入り、結局、バタバタしながら納品を済ませてから出発することになりました。)

昨夜遅く、良心的なLCC、AirAsiaが「大阪・関西国際空港閉鎖への対応と名古屋(中部)への臨時便の運航について」と題する新たなお知らせを発表しました。すでに欠航が決まっている本日、9月12日の大阪(関西)> クアラルンプール行きのD7 002便の臨時便として、翌日、9月13日名古屋(中部) > クアラルンプール行きのD7 002便の運航が決定したようです。我々はすでに9月12日羽田発のD7 523便へのルート変更を申し出たので、羽田まで自費で移動しなければなりません。

DSCF7400

当初、羽田への移動は新幹線とバスを利用しようと計画していましたが、急遽、車で神戸空港まで行き、神戸空港と関空とを結ぶ高速船、ベイシャトルの「神戸空港海上アクセスターミナル専用駐車場」に駐車することにしました。

IMG_5600

(帰路に)ベイシャトルに乗船すれば、何泊でも駐車料金が無料になるそうです。但し、現在は台風21号により駐車場が被害を受け、通常時と比べて駐車できる台数が少なくなっているそうなので、できるかぎり、公共交通機関を利用するように注意喚起しています。神戸に着いたら専用駐車場が満車ということも考えられるので、早めに出発しよう。

DSCF7412

(20:00追記: 駐車場にはゆとりがありました。1週間ぐらい駐車すると言ったら、未舗装の臨時駐車場の方に行くように案内されました。)

DSCF7422

往路は神戸空港から16:25発羽田行きのSKY 112便を利用。昨夜、航空券を予約購入しました。

DSCF7444

定刻通りに羽田行きのSKY 112便に搭乗。

DSCF7456

羽田到着後、国際線ターミナルにバスで移動。

DSCF7460

AirAsiaのチェックインカウンターで受託手荷物を自分でチェックイン。

DSCF7461

マレーシア国内で使用する旅行者用プリペイドSIMは、去年と同様、AirAsiaが運営するTune Talk 4G SIMの15GBライトプランをKLOOK Appを使って予約購入しました。2枚でおよそ¥1,074。

DSCF7472

出国手続きを済ませて、

DSCF7478

23:45発のクアラルンプール行きAirAsia D7 523便に搭乗。

DSCF7482

Singapore GP 2018 — Part 2 (Thursday Morning) へと続く。

Sep 052018
 

去年と同様、シンガポールGP観戦旅行の出発前から台風による影響をもろに受けそうです。関西国際空港で最大瞬間風速58m/sを記録し、滑走路が高潮と強風の影響で冠水し、空港自体が閉鎖。さらに連絡橋にタンカーが衝突して空港への道路と鉄道が通行止め、運行休止状態となっているので、今尚、空港へのアクセスも絶たれています。

明日、9月6日までのAirAsia関空発着便は、全便(クアラルンプール便、ホノルル便、バンコク便)が欠航となっているようです。9月7日(金)までの関空発着便の予約をしている人は、フライトの変更などの対応をしているそうです。詳しくはこちら。搭乗予定日14日以内のルート変更オプションでは、ホノルル便を除き、東京(成田・羽田)または札幌(新千歳)への追加料金なしでの変更を受け付けているようです。

空港施設の復旧状況に合わせて、対応状況が変更になると思われます。現時点では9月7日(金)までの関空発着便がフライト変更オプションの対象となっているようです。我々が出発を予定している9月12日(水)までに空港施設と空港へのアクセスが復旧して可能になれば良いのですが。間に合わなかった場合、何れにしても必要となるであろう成田または新千歳への移動手段を、先を見込んで確保しておくべきかどうか悩ましいところです。

9月5日15:45 追記:ルート変更オプション(振替便)の発着空港に羽田が追加されたようです。

9月5日20:00 追記:9月5日から9月7日にかけて、ホノルル-名古屋(中部)-クアラルンプール間とバンコク-名古屋間に臨時便を運航するようです。また、ルート変更オプションの対象が9月12日までの関空発着便に拡大されました。詳しくはこちら

9月6日09:00 追記:9月12日(水)関空発D702深夜便がルート変更オプションの対象便となったので、コールセンターに連絡して同日23:45羽田発翌日05:55クアラルンプール着のD70523深夜便に変更してもらいました。同時に9月13日(木)AK703便を09:55クアラルンプール発11:10シンガポール着AK0707便に変更。乗継便は同時に予約したわけではありませんが、関空閉鎖という非常事態を考慮して、無料でフライト変更ができました。なかなか繋がらない日本語対応のコールセンターは、9月5日と9月6日は24時間対応だそうです。尚、ルート変更に伴い、新たに発生する空港までの交通費は自費となります。

9月10日12:00追記:ホノルルから関空を経由してクアラルンプールに向かうD7 002便は、9月11日(火)までの便の欠航が決定しているようです。また、ルート変更などのオプション対象は9月16日(日)までの関空発着便に拡大されたようです。臨時便の運航に関しては不明。我々が搭乗を予定している9月18日(火)のD7 001便に関してはまだルート変更等オプション対象にはなっていません。

9月10日16:00追記:9月5日から9月9日まで、AirAsiaは名古屋(中部国際空港)発着の臨時便を運航していたようてすが、9月10日以降の臨時便の計画は発表されていないので、あるのかないのかよくわかりません。推測ではありますが、臨時便は関空閉鎖に伴い、日本国内に取り残された外国人旅行者を救済する目的で運航されたのではないかと思われます。その目的を達成した後は、フライト変更、ルート変更、払い戻しなどの別のオプションで対応するのではないかと私は考えています。近日中に関空発の海外旅行を計画されているこちらの方のサイト、参考になります。

9月11日07:00追記:英語版AirAsia News Roomで9月12日(水)までのD7 002便の欠航が確定したようです。先に英語版が作成されているようなので、後ほど日本語版に翻訳されると思われます。ルート変更などのオプション対象は9月16日(日)までの関空発着便のまま。

9月14日11:45現地から追記:昨夜、9月14日(金)から9月20日(木)までの期間における関空第1ターミナルでの一部運航再開スケジュールが発表されました。我々が復路便として利用を予定している9月18日(火)クアラルンプール発関空行きのD7 001便は当初の予定通りに運航するようです。

9月19日追記:9月21日(金)以降の関空発着便は通常通りの運航が予定されているとする追記が発表されました。

Aug 312018
 

出発まで2週間を切ったので、連続観戦11回目となるシンガポールGP観戦旅行の旅程を以下にまとめておきます。

Wednesday September 12 (From Otsu To Kuala Lumpur)
神戸空港海上アクセスターミナル専用駐車場 > 16:25 SKY 112 > 17:40 東京国際空港(羽田) > 23:45 AirAsia D70523

Thursday September 13 (From Kuala Lumpur To Singapore)
> 05:55 KLIA2 > 09:55 AirAsia AK 0707 > 11:10 Singapore Changi (T4) > C/I Le Grove Serviced Residences > Swissôtel The Stamford > Meet Duncan and get tickets

Friday September 14
Marina Bay Street Circuit P1 and P2

Saturday September 15
C/O Le Grove Serviced Residences > C/I Intercontinental Robertson Quay > Marina Bay Street Circuit P3 and Qualifying

Sunday September 16
Marina Bay Street Circuit Race

Monday September 17
C/O Intercontinental Robertson Quay > Queen Street CW2 > Johor Bahru CIQ > JB Sentral Platform 2 AA1 Bus > Senai International Airport > 11:00 AirAsia AK 6043 > 12:00 KLIA2 > C/I sama•sama Hotel > Pudu Sentral > Meet M. at Pavilion

Tuesday September 18 (From Kuala Lumpur To Otsu)
C/O sama•sama Hotel > KLIA2 > 14:00 AirAsia D7 1 > 21:25 関西国際空港 > 00:00 Bay Shuttle > 00:30 神戸空港 > Otsu

今年の旅程に関する特記事項としては、クアラルンプールまでの往路が深夜便であること、去年の秋にオープンしたチャンギ空港ターミナル4に到着すること、復路はバスで国境を越えてジョホールバルのセナイ国際空港からクアラルンプールに向かうこと。そして、セパンで一泊して大阪には夜に到着すること。

今年もシンガポールの現地SIMカードは7日間有効、4G 100GBのSingtelプリペイドSIM (S$15) か同様のM1プリペイドSIM (S$12) を使う予定です。M1のSIMならKLOOK appで出発前に予約購入することも可能。

Jun 052018
 

DSCF4840

AirAsiaからフライトキャンセルの緊急通知がありました。9月13日(木)11:00関空発Kuala Lumpur行きのD7 533便が航空会社の都合でキャンセルとなり、新しい便(同日22:00発のD7 2便)に変更になったとする旨の通知です。以前にも同様のキャンセルが複数回ありました。採算が取れない便をキャンセルするのはAirAsiaでは常套手段のようなので、その対応にも慣れてしまいました。これまでと同じように3つの救済策選択肢が提示されたので、#1の「前後30日以内の無償でフライト変更」を選択し、コールセンターに連絡して出発日を一日早い9月12日(水)に変更してもらいました。

3つの救済策選択肢とは次の通り。

  1. Change your flight to another departure date/time within 30 calendar days, one time free of charge from the original departure date.
    Contact us via our customer Contact Channels with your new flight details (date and time)
  2. Request credit account of the value of your booking which is to be redeemed within 90 calendar days from the issuance date for your future travel with us.
    Contact us via our customer Contact Channels with your AirAsia BIG Member ID;
  3. Request for a full refund of the value of your booking.
    You must fill in the eform and select “Refund” followed by “Flight Cancellation” (Sub Category 1) and complete the remaining fields.

キャンセルになったフライトは往復で同時に予約購入したので、キャンセルにはなっていない復路も「前後30日以内の無償でフライト変更」を適用してもらうことができました。(同じ予約番号であるか、物理的に乗り継ぎ不可であることが条件)元の予定では復路は9月17日(月)Kuala Lumpur (KLIA2) 14:00発でしたが、一日遅らせて、KL出発日を9月18日(火)に変更してもらいました。

新しいフライトは以下の通り。
往路:2018年9月12日(水) 22:00 関空発 > 翌日早朝04:00 KLIA2着
復路:2018年9月18日(火)14:00 KLIA2発 > 同日 21:25 関空着

復路を一日遅くしたので、9月17日(月)はKuala Lumpurで一泊することになりました。全旅程では機内一泊、ホテル5泊となります。

Nov 122017
 

来年もF1シンガポールGP観戦旅行に行くことが決定し、AirAsia Big Member限定の24時間セール中にクアラルンプールまでのAirAsiaの往復航空券2名分を手配しました。この時期に格安航空券を手配すると、出発前にフライトスケジュールが変更されるかもしれませんが、その辺りのことは承知済みです。

往路:Thursday, September 13, 2018 11:00 関空発 > 同日16:35 KLIA2着
復路:Monday, September 17, 2018 14:00 KLIA2発 > 同日 21:25 関空着

発券手数料¥3,200を含む支払額合計は¥43,676でした。今年最後のBigセール予約期間は11月13日から11月19日まで。クアラルンプール > シンガポール間の航空券は別途、手配する予定です。

Oct 122017
 

DSCF5391

4泊連泊したGrand Millennium Hotel Kuala Lumpurを午前10時過ぎにチェックアウト。

DSCF5391

市内から50キロ近くある空港へはM君が手配してくれたGRAB白タクで向かいます。

IMG_7571 IMG_7573

M君から受け取ったメッセージの添付画像をドライバーに見せて、間違いないことを確認してから、乗車しました。GRABの場合、提示された運賃に有料道路利用時の料金を加えた額が最終的な運賃になるそうです。渋滞しても運賃が高くなることがないので安心できます。マレーシアで競合するUBERの場合は渋滞時に運賃が加算されるそうです。普通のプロのタクシーに乗車したら空港までRM100.00以上はするので、大幅な節約になります。二人で乗車するのならKLIA Ekspresよりも安くなります。

手配してくれたM君のGRAB Appには我々が乗車した車の現在位置がわかるようになっていました。

DSCF5391

1時間ほどでKLIA2国際線出発ロビーに到着しました。高速道路の料金を加えた運賃はRM75.00。降車して間もなく領収書がM君経由で送られて来ました。GRABを初体験してみてその利便性は感動的でさえありました。メーターを使わずにぼられることもないし、乗車したタクシーの運転手の名前やナンバープレートの情報が記録として残るので安心感があります。

DSCF5391

金正男氏暗殺現場を通過してマレーシアを出国、定刻通りに出発したAirAsia D7 1に搭乗しました。今回のマレーシアGP観戦旅行では現地在住のM君にお世話になり、現地に住む人の視点からもマレーシアという国の状況や慣例を垣間見ることができました。

セパンインターナショナルサーキットは観客重視のレイアウトで思っていたよりもずっと観戦と撮影がしやすいサーキットであるという印象を持ちました。今年で最後になるのは勿体ない気もしますが、観客数があの程度では赤字になるだろうし仕方がないことかもしれません。

Malaysian GP 2017 F1NALE — Sunday Raceに戻る。

Sep 302017
 

DSCF4818

午前5時に自宅を出発して大雨の中、関空に向かいました。

DSCF4818

Subaru R1はP2駐車場に駐車。入り口は日航ホテル寄りですが、実際に駐車したのはずっと向こうの方。

DSCF4818

写真撮影するなどして駐車位置を記録しておかないと、帰国時にどこに停めたかわからなくなります。

DSCF4818

預ける荷物はBurtonダブルデッキ一つのみ。往路は20kg、購入しました。(復路は25kg。)

DSCF4818

TULLY’Sでコーヒーを飲みながら、現地で使用する安いプリペイドSIMを検索中。KLOOKのサイトで7日間有効、5GBMのSIMカードが僅か¥606で入手できることがわかりました。クレジットカードで事前購入できて、KLIA若しくはKLIA2でカードを受け取ることができるということだったので、KLOOKでアカウントを作成し、私の名前でLiteプラン2枚分を予約購入しました。現地通貨が手元になくても買えるし、現地到着後すぐにネットに繋がるのは便利。

DSCF4818

席は51列目のAとCでした。有料で指定しなかったので間に知らない人が割り込む意地悪をされたと思っていました。しかし、後ろの方の席は2列になっていてそもそもB席がない、つまり隣り合わせです。しかも後ろに席はないので気兼ねすることなく背もたれを思う存分、倒すことができる最良の席だということがわかりました。

DSCF4818

同行者がネットで事前購入したお得感満載のミニピザのセット。食後のコーヒーとクッキーまで付いてきます。私はこの前も注文してお気に入りとなった野菜カレー。カレーの風味が本格的です。

DSCF4863

F1開催週の木曜夕方とあり、イミグレはかなり混雑していました。関空で予約購入しておいたSIMカードはTuneストアでの受け取りでしたが、この店を見つけるのに少々迷いました。

DSCF4863

店員さんにiPhone 7とiPhone SEを同時に渡してSIMカードをmineoからTune Talkに挿し換えてもらい、すぐに使えるように設定してもらいました。この時、返されたmineoのSIMカードが同行者と私のものが逆になっていました。(それを知らずに帰国時にmineoのSIMカードに戻したら、iMessageの受信が逆になってました。)

DSCF4863

KLセントラルまでは運賃が安いバスを利用しました。通常なら1時間ほどでクアラルンプール中心部に到着しますが、市内に向かう高速道路が酷い渋滞で、2時間以上も要しました。

DSCF4863

KLセントラルからBukit Bintangにあるホテルまではタクシーを利用。事前購入したクーポンはRM17.00でした。

DSCF4863

パビリオンのすぐ前にあるホテルに到着後、ロビーで現地駐在員のM君と一年ぶりに再会。待たせてしまったので急いでチェックインし、リクエストしておいたインド料理店へと向かいました。

DSCF4890

連れて行ってもらった本格インド料理店はBukit BintangのPassage thru’ India。

DSCF4896

注文したのはビリヤニ、炭焼きタンドリンチキン、ナンなど。何を食べても美味しいお店でした。

Malaysian GP 2017 F1NALE — Fridayへと続く。

Sep 212017
 

来週末開催予定のマレーシアGP観戦旅行に利用する、9月28日出発AirAsia D7 533便と10月2日出発AirAsia D7 1便のチェックインを済ませました。座席指定しなかったので、関空発の往路D7 533便は同行者と同じ列になりますが、座席が間に一つあります。クアラルンプール発の復路D7 1便は同じD席ですが列番号が一つずれています。

有料で座席指定しないと、AirAsiaは意地悪します。しかし、横に並んで座る必要はないので意地悪されても構いません。

 

Sep 162017
 

IMG_5710

今年のシンガポールGP観戦旅行は過去9年間で現地滞在時間が最も短くなりそうです。KLIA2に隣接するTune Hotelのフロントで午前6時過ぎにシンガポールに向けて出発する飛行機に搭乗するのなら何時頃にホテルをチェックアウトすべきか尋ねると、「国際線になるので私なら午前3時にここを出る」と言われ、助言に従おうとiPhoneの目覚まし時計は午前2時30分に設定しました。

IMG_3156

3時間半ほど、Tune Hotelで仮眠し、予定通り、午前3時過ぎにホテルをチェックアウト。24時間空港のKLIA2はこんな時刻でも出国手続き可能でした。私が搭乗するAK 0701便はP17ゲートから出発予定であることを確認し、ゲートの方に向かおうとすると、セキュリティーゲートが閉鎖されていて、午前4時にゲートが開くまで待機することになりました。

トランジットエリアの通路で熟睡している人が数名、おられました。マレーシアに入国してTune Hotelで仮眠するよりも、トランジットエリアで仮眠した方が快適だったかもしれないと思いながら、P17ゲート前で待っていると、空港の職員らしき人がやって来て、「シンガポール行きの便に搭乗する人はおられませんか?ゲートがL??に変更になりました。」何で始発便のゲートを変更するのか?L??のゲートには歩いて10分はかかるし、またセキュリティーゲートを通過しなければならない。

AirAsia利用時はFlight Board App必須のように思います。

DSCF4448

同行者は金曜の朝はホテル前のStarbucksで朝食だそうです。

IMG_5710

金曜の午前中に私もようやくシンガポール入り。自宅を出発してからおよそ28時間が経過していました。チェックアウトまで2時間ほどしかありませんが、宿泊する予定だったRoyal Plaza on Scottsでシャワー休憩。

DSCF4478

午後1時にSRCのダンカンとSwissôtel The Stamfordのロビーで待ち合わせ、一年ぶりに再会し、Zone 4 Walkabout(席なし観戦チケット)にSRCのステッカーが貼られた特別なチケットを入手。耳栓まで付属します。

DSCF4478

我々にとって強力なコネとなっているダンカンからチケットを分けてもらった直後に、結婚してすぐに配偶者がシンガポール赴任になったというTちゃんとMRT City Hall駅上のStarbucksで待ち合わせ。待ち合わせ時はFind Friends Appが役に立ちました。Tちゃんは年内にシンガポールに引越されるそうで、F1開催週だけこちらに滞在中。滞在期間がF1開催週と被ったのは偶然。

DSCF4503

F1初観戦を体験してもらおうと、Tちゃんに私のチケットをお貸ししました。P1がすでに始まっていたので、5番ゲート入ってすぐにあるヘアピン通過後の橋の上で加速するF1マシンの迫力を間近で体験してもらいました。全身が震えるほど興奮したそうです。開催初年度は興奮しなくてもBay Grandstandのトンネルを通過するマシンの爆音が全身を揺さぶり、耳栓なしでは鼓膜が破れそうになりました。来年は是非、一緒に観戦しましょう。

Singapore GP 2017 Practice 1

今年のマシンは排気音の音量が去年のマシンと比べておよそ1.3倍?音質は相変わらず、ターボエンジン特有のうるさい掃除機ですが。

DSCF4478

金網にピントが合っている。

P9150005

P1終了後、パダンを通り過ぎて、SRC施設内へと向かいました。

Singapore GP 2017 — Friday Practice 2へと進む。
Singapore GP 2017 — Thursdayに戻る。