Nov 122017
 

来年もF1シンガポールGP観戦旅行に行くことが決定し、AirAsia Big Member限定の24時間セール中にクアラルンプールまでのAirAsiaの往復航空券2名分を手配しました。この時期に格安航空券を手配すると、出発前にフライトスケジュールが変更されるかもしれませんが、その辺りのことは承知済みです。

往路:Thursday, September 13, 2018 11:00 関空発 > 同日16:35 KLIA2着
復路:Monday, September 17, 2018 14:00 KLIA2発 > 同日 21:25 関空着

発券手数料¥3,200を含む支払額合計は¥43,676でした。今年最後のBigセール予約期間は11月13日から11月19日まで。クアラルンプール > シンガポール間の航空券は別途、手配する予定です。

Oct 122017
 

DSCF5391

4泊連泊したGrand Millennium Hotel Kuala Lumpurを午前10時過ぎにチェックアウト。

DSCF5391

市内から50キロ近くある空港へはM君が手配してくれたGRAB白タクで向かいます。

IMG_7571 IMG_7573

M君から受け取ったメッセージの添付画像をドライバーに見せて、間違いないことを確認してから、乗車しました。GRABの場合、提示された運賃に有料道路利用時の料金を加えた額が最終的な運賃になるそうです。渋滞しても運賃が高くなることがないので安心できます。マレーシアで競合するUBERの場合は渋滞時に運賃が加算されるそうです。普通のプロのタクシーに乗車したら空港までRM100.00以上はするので、大幅な節約になります。二人で乗車するのならKLIA Ekspresよりも安くなります。

手配してくれたM君のGRAB Appには我々が乗車した車の現在位置がわかるようになっていました。

DSCF5391

1時間ほどでKLIA2国際線出発ロビーに到着しました。高速道路の料金を加えた運賃はRM75.00。降車して間もなく領収書がM君経由で送られて来ました。GRABを初体験してみてその利便性は感動的でさえありました。メーターを使わずにぼられることもないし、乗車したタクシーの運転手の名前やナンバープレートの情報が記録として残るので安心感があります。

DSCF5391

金正男氏暗殺現場を通過してマレーシアを出国、定刻通りに出発したAirAsia D7 1に搭乗しました。今回のマレーシアGP観戦旅行では現地在住のM君にお世話になり、現地に住む人の視点からもマレーシアという国の状況や慣例を垣間見ることができました。

セパンインターナショナルサーキットは観客重視のレイアウトで思っていたよりもずっと観戦と撮影がしやすいサーキットであるという印象を持ちました。今年で最後になるのは勿体ない気もしますが、観客数があの程度では赤字になるだろうし仕方がないことかもしれません。

Malaysian GP 2017 F1NALE — Sunday Raceに戻る。

Sep 302017
 

DSCF4818

午前5時に自宅を出発して大雨の中、関空に向かいました。

DSCF4818

Subaru R1はP2駐車場に駐車。入り口は日航ホテル寄りですが、実際に駐車したのはずっと向こうの方。

DSCF4818

写真撮影するなどして駐車位置を記録しておかないと、帰国時にどこに停めたかわからなくなります。

DSCF4818

預ける荷物はBurtonダブルデッキ一つのみ。往路は20kg、購入しました。(復路は25kg。)

DSCF4818

TULLY’Sでコーヒーを飲みながら、現地で使用する安いプリペイドSIMを検索中。KLOOKのサイトで7日間有効、5GBMのSIMカードが僅か¥606で入手できることがわかりました。クレジットカードで事前購入できて、KLIA若しくはKLIA2でカードを受け取ることができるということだったので、KLOOKでアカウントを作成し、私の名前でLiteプラン2枚分を予約購入しました。現地通貨が手元になくても買えるし、現地到着後すぐにネットに繋がるのは便利。

DSCF4818

席は51列目のAとCでした。有料で指定しなかったので間に知らない人が割り込む意地悪をされたと思っていました。しかし、後ろの方の席は2列になっていてそもそもB席がない、つまり隣り合わせです。しかも後ろに席はないので気兼ねすることなく背もたれを思う存分、倒すことができる最良の席だということがわかりました。

DSCF4818

同行者がネットで事前購入したお得感満載のミニピザのセット。食後のコーヒーとクッキーまで付いてきます。私はこの前も注文してお気に入りとなった野菜カレー。カレーの風味が本格的です。

DSCF4863

F1開催週の木曜夕方とあり、イミグレはかなり混雑していました。関空で予約購入しておいたSIMカードはTuneストアでの受け取りでしたが、この店を見つけるのに少々迷いました。

DSCF4863

店員さんにiPhone 7とiPhone SEを同時に渡してSIMカードをmineoからTune Talkに挿し換えてもらい、すぐに使えるように設定してもらいました。この時、返されたmineoのSIMカードが同行者と私のものが逆になっていました。(それを知らずに帰国時にmineoのSIMカードに戻したら、iMessageの受信が逆になってました。)

DSCF4863

KLセントラルまでは運賃が安いバスを利用しました。通常なら1時間ほどでクアラルンプール中心部に到着しますが、市内に向かう高速道路が酷い渋滞で、2時間以上も要しました。

DSCF4863

KLセントラルからBukit Bintangにあるホテルまではタクシーを利用。事前購入したクーポンはRM17.00でした。

DSCF4863

パビリオンのすぐ前にあるホテルに到着後、ロビーで現地駐在員のM君と一年ぶりに再会。待たせてしまったので急いでチェックインし、リクエストしておいたインド料理店へと向かいました。

DSCF4890

連れて行ってもらった本格インド料理店はBukit BintangのPassage thru’ India。

DSCF4896

注文したのはビリヤニ、炭焼きタンドリンチキン、ナンなど。何を食べても美味しいお店でした。

Malaysian GP 2017 F1NALE — Fridayへと続く。

Sep 212017
 

来週末開催予定のマレーシアGP観戦旅行に利用する、9月28日出発AirAsia D7 533便と10月2日出発AirAsia D7 1便のチェックインを済ませました。座席指定しなかったので、関空発の往路D7 533便は同行者と同じ列になりますが、座席が間に一つあります。クアラルンプール発の復路D7 1便は同じD席ですが列番号が一つずれています。

有料で座席指定しないと、AirAsiaは意地悪します。しかし、横に並んで座る必要はないので意地悪されても構いません。

 

Sep 162017
 

IMG_5710

今年のシンガポールGP観戦旅行は過去9年間で現地滞在時間が最も短くなりそうです。KLIA2に隣接するTune Hotelのフロントで午前6時過ぎにシンガポールに向けて出発する飛行機に搭乗するのなら何時頃にホテルをチェックアウトすべきか尋ねると、「国際線になるので私なら午前3時にここを出る」と言われ、助言に従おうとiPhoneの目覚まし時計は午前2時30分に設定しました。

IMG_3156

3時間半ほど、Tune Hotelで仮眠し、予定通り、午前3時過ぎにホテルをチェックアウト。24時間空港のKLIA2はこんな時刻でも出国手続き可能でした。私が搭乗するAK 0701便はP17ゲートから出発予定であることを確認し、ゲートの方に向かおうとすると、セキュリティーゲートが閉鎖されていて、午前4時にゲートが開くまで待機することになりました。

トランジットエリアの通路で熟睡している人が数名、おられました。マレーシアに入国してTune Hotelで仮眠するよりも、トランジットエリアで仮眠した方が快適だったかもしれないと思いながら、P17ゲート前で待っていると、空港の職員らしき人がやって来て、「シンガポール行きの便に搭乗する人はおられませんか?ゲートがL??に変更になりました。」何で始発便のゲートを変更するのか?L??のゲートには歩いて10分はかかるし、またセキュリティーゲートを通過しなければならない。

AirAsia利用時はFlight Board App必須のように思います。

DSCF4448

同行者は金曜の朝はホテル前のStarbucksで朝食だそうです。

IMG_5710

金曜の午前中に私もようやくシンガポール入り。自宅を出発してからおよそ28時間が経過していました。チェックアウトまで2時間ほどしかありませんが、宿泊する予定だったRoyal Plaza on Scottsでシャワー休憩。

DSCF4478

午後1時にSRCのダンカンとSwissôtel The Stamfordのロビーで待ち合わせ、一年ぶりに再会し、Zone 4 Walkabout(席なし観戦チケット)にSRCのステッカーが貼られた特別なチケットを入手。耳栓まで付属します。

DSCF4478

我々にとって強力なコネとなっているダンカンからチケットを分けてもらった直後に、結婚してすぐに配偶者がシンガポール赴任になったというTちゃんとMRT City Hall駅上のStarbucksで待ち合わせ。待ち合わせ時はFind Friends Appが役に立ちました。Tちゃんは年内にシンガポールに引越されるそうで、F1開催週だけこちらに滞在中。滞在期間がF1開催週と被ったのは偶然。

DSCF4503

F1初観戦を体験してもらおうと、Tちゃんに私のチケットをお貸ししました。P1がすでに始まっていたので、5番ゲート入ってすぐにあるヘアピン通過後の橋の上で加速するF1マシンの迫力を間近で体験してもらいました。全身が震えるほど興奮したそうです。開催初年度は興奮しなくてもBay Grandstandのトンネルを通過するマシンの爆音が全身を揺さぶり、耳栓なしでは鼓膜が破れそうになりました。来年は是非、一緒に観戦しましょう。

Singapore GP 2017 Practice 1

今年のマシンは排気音の音量が去年のマシンと比べておよそ1.3倍?音質は相変わらず、ターボエンジン特有のうるさい掃除機ですが。

DSCF4478

金網にピントが合っている。

P9150005

P1終了後、パダンを通り過ぎて、SRC施設内へと向かいました。

Singapore GP 2017 — Friday Practice 2へと進む。
Singapore GP 2017 — Thursdayに戻る。

Sep 142017
 

出発予定時刻の21時間ほど前の昨日昼過ぎに表題が
“URGENT : Flight D7 533 from Osaka – Kansai (KIX) to Kuala Lumpur (KUL) on 14 September 17 has been rescheduled.”
のメールがAir Asiaから届きました。理由は不明ですが、午前11時発の便が2時間45分遅れて、午後1時45分発になるとの内容です。困ったのはクアラルンプールでの乗継便です。予定していた便には間に合わず、予約可能な次の便が翌日、金曜の午前6時10分発になります。金正男氏が殺害された空港のトランジットエリアで11時間近くも足止めされます。木曜夜に現地入りする予定が金曜朝になり、予定していたホテルに宿泊することができません。

救済措置として同ルートでの旅程変更(14日以内)かクレジットシェルでの払い戻しオプションが提示されましたが、出発前日になっての日程の変更はあり得ないので、一日遅れで現地入りすることになりそうです。

Sep 032017
 

F1シンガポールGP決勝2週間前となったので、備忘録として観戦旅行の予定をまとめておきます。往路は私と同居人とで異なる便に搭乗する予定です。今年はシンガポールGPの2週間後に開催されるマレーシアGPにも連続観戦する予定であり、我々自身も混乱することがあります。

Thursday September 14 (From Otsu To Singapore)
04:30 Otsu > 06:00 伊丹空港駐車場 > 06:30 関西国際空港行き空港リムジンバス > 07:40 関空第1ターミナル > 11:00 AirAsia D7 533 > 16:35 Kuala Lumpur > 18:50 Transit AirAsia AK 719  > 20:00 Singapore Changi (T1) > MRT > C/I Royal Plaza on Scotts

04:30 Otsu > 06:00 伊丹空港駐車場 > 08:30 JL106 > 09:40 羽田 > 11:30 Transit JL037  > 17:35 Singapore Changi (T1) > Taxi > C/I Royal Plaza on Scotts

hi!Tourist $15 SIM Card現地SIMはチャンギ空港でSingtelの5日間有効、4GBのhi!Tourist $15 SIM Cardを入手し、iPhoneで使用する予定。(9月13日追記:F1開催週のキャンペーンなのか、同じ価格で7日間有効、100GBに変更されたようです。)

Friday September 15 (Singapore)
Meet Duncan at Swissôtel and get tickets > C/O Royal Plaza on Scotts > C/I Grand Park Orchard > Marina Bay Street Circuit P1 & P2

金曜〜月曜はApple Orchard Roadすぐ隣のGrand Park Orchardに宿泊する予定。

Saturday September 16 (Singapore)
Marina Bay Street Circuit P3 & Qualifying

Sunday September 17 (Singapore)
Marina Bay Street Circuit Race

Monday September 18 (From Singapore To Haneda)
21:50 JL036

Tuesday September 19 (From Haneda To Otsu)
07:30 Transit JL103 > 08:35 伊丹 > Otsu

Sep 012017
 

シンガポールGP観戦旅行出発日まで2週間を切りました。Air Asia往路便のWeb Check-inが出発日の2週間前から可能なので、先ほどチェックインしました。往路の関空 > KL > チャンギは単独での空旅となるので、座席はどこでも良かったのですが。復路はJALを利用する予定です。

今年はこの時期になっても観戦チケット未購入です。現地で特別なチケットをSRCのダンカンから購入する予定であり、予約済みです。T9内側から観戦できる3日間通しチケットが破格値の1万2千円ほどで入手できる予定です。

Jul 092017
 

航空会社の都合でフライトが変更になった救済措置として貰ったクレジットシェルの期限が7月10日(当日は使えない)だったので、クレジットが失効する前に9月28日関空発クアラルンプール行きのフライトの預入荷物20kgと9月14日関空発クアラルンプール行きのフライトの機内食を購入しました。

Apr 132017
 

9月17日のF1シンガポールGPと10月1日のマレーシアGP観戦旅行のフライトスケジュールが混沌とした状態になっているのでまとめておきます。

SINGAPORE GP (September 17, 2017)
OUTWARD FLIGHT DEPARTURE ARRIVAL
同居人
23kg x 2
JL106 ITM 08:30 Sep 14, 2017 HND 09:40 Sep 14, 2017
JL037 HND 11:30 Sep 14, 2017 SIN 17:35 Sep 14, 2017

0kg
D7 533 KIX 11:00 Sep 14, 2017 KUL 17:00 Sep 14, 2017
AK 719 KUL 18:55 Sep 14, 2017  SIN  20:00 Sep 14, 2017

HOMEWARD FLIGHT DEPARTURE ARRIVAL
23kg x 4 JL036 SIN 21:50 Sep 18, 2017 HND 05:50 Sep 19, 2017
JL103 HND 07:30 Sep 19, 2017 ITM 08:35 Sep 19, 2017

シンガポールGP観戦旅行時は、同居人は往路復路共にJAL、私は往路がAirAsia、復路がJAL。車は伊丹空港駐車場に5日間、駐車することになります。私は伊丹から関空までバスで移動。

2週間後に開催されるマレーシアGP観戦旅行のフライトスケジュールは以下のようにほぼ確定しました。

Malaysian GP (October 1, 2017)
OUTWARD FLIGHT DEPARTURE ARRIVAL
20kg x 1 D7 533 KIX 11:00 Sep 28, 2017 KUL 16:35 Sep 28, 2017

HOMEWARD FLIGHT DEPARTURE ARRIVAL
25kg x 1 D7 1 KUL 14:00 Oct 02, 2017 KIX 21:25 Oct 02, 2017

マレーシアGP観戦旅行時は、関空の駐車場に車を5日間、駐車することになります。LCC(格安航空会社)を利用するときは、MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用するときと同様に、考えれば考えるほど得をするようです。元々、低価格なので、考えなくても損はしませんが。他にも両者の共通点として、利用する際はある程度の知識が必要であり、AirAsia利用時は英語運用能力が不可欠のように思います。

1 cabin baggageAirAsiaでは機内持込荷物に関する規定が変更になったようです。縦56cm x 横36cm x 幅23cm以内の大きさで頭上のコンパートメントに収納可能な荷物一点と、縦30cm x 横40cm x 幅10cm以内の大きさのラップトップ用バッグ、ハンドバッグ、バックパックなど、前のシートの下に収納可能な小さな荷物一点を機内に持ち込むことができ、重量は二点で7kg未満となっています。
1 laptop bag規定が改定される前は、小さな荷物の大きさと重量に関しての記載がなく、小さな荷物の重量に関しては解釈上、無制限でした。機内持込荷物の規定を明確にしたということは、今後は預入荷物と同様に重量と大きさのチェックを厳しくするという意思表示であると思われます。

Our AirAsia Flights Have Been Rescheduled — Part 4に戻る。