Feb 082021
 

Spotify有料プランの6ヶ月お試し期間が過ぎたので、予定通り、解約しました。Spotify Premiumを昨年夏にe+経由で契約した時は、パソコンやタブレットにインストールしたSpotify Appによる楽曲再生時間には毎月15時間の制限がありましたが、最近、その制限がなくなり、iPhoneのSpotify Appと同じように使えるようになりました。15分に一度のCMは耳障りではありますが、ラジオを聞いていると思えば、許容できます。

Aug 092020
 

Amazonに注文していたLightning to 3.5mm Adapterが届きました。パッケージはApple製品そっくりですが…

iOS/iPadOS端末を充電しながら3.5mm出力端子から音声を再生することが可能であることが、図を見れば一目で理解できます。

なぜかウェットクロスが付属します。

早速、Suzuki HUSTLERに搭載したヘッドユニットにオーディオケーブルを接続し、もう一方の端子にはLightning – USBケーブルを接続して充電。

Spotifyのデイリーミックスを再生。音質に問題ありません。一旦、車のエンジンを切ると一時停止になり、再度エンジンを始動させて再生ボタンをタップすれば再生が始まります。iPhoneにヘッドフォンを繋いでいる場合と同じ。”CHECK USB”恐怖症から解放されました。

Pioneer carrozzeria MVH-3300 “CHECK USB” Error— Part 2に戻る。

Aug 072020
 

月15時間の再生制限時間が経過した後、Mac版Spotify Freeを放置していたら、Spotify Premiumの6ヶ月無料体験を案内するメールがSpotifyから届きました。通常なら3ヶ月無料ですが、e+会員に限り、最初の6ヶ月が無料になるというキャンペーンです。無料期間中であってもPremiumを解約して、Freeに戻れるそうなので、e+経由で契約することにしました。

AppleやAmazonなど、他の有料音楽ストリーミングサービスも検討しましたが、SpotifyのAIが作成するプレイリストの的確さと圧倒的な高音質、楽曲数の豊富さなどを考えると、Spotifyが抜きんでているように思います。

Spotify Premiumを無料で利用できるのは本日から6ヶ月後の2021年2月7日まで。


Spotify — Part 1に戻る。