Aug 092020
 

Amazonに注文していたLightning to 3.5mm Adapterが届きました。パッケージはApple製品そっくりですが…

iOS/iPadOS端末を充電しながら3.5mm出力端子から音声を再生することが可能であることが、図を見れば一目で理解できます。

なぜかウェットクロスが付属します。

早速、Suzuki HUSTLERに搭載したヘッドユニットにオーディオケーブルを接続し、もう一方の端子にはLightning – USBケーブルを接続して充電。

Spotifyのデイリーミックスを再生。音質に問題ありません。一旦、車のエンジンを切ると一時停止になり、再度エンジンを始動させて再生ボタンをタップすれば再生が始まります。iPhoneにヘッドフォンを繋いでいる場合と同じ。”CHECK USB”恐怖症から解放されました。

Pioneer carrozzeria MVH-3300 “CHECK USB” Error— Part 2に戻る。

  2 Responses to “Pioneer carrozzeria MVH-3300 “CHECK USB” Error— Part 3”

  1. 同じ問題に当たり、同じ解決法にたどり着きましたが、オーディオ入力レベルがUSB経由と比べてAUX端子経由だとかなり低いようでボリュームをかなり上げねばなりません。音質は問題ないですが、何か工夫できることがあるでしょうか?

    • アダプターに問題がありそうです。現状ではボリュームを上げる以外、残念ながら解決策は思い当たりません。

      最近、このアダプターが接触不良のようで、充電も音声出力もできない事態が頻繁に発生します。アダプターを交換するか、オーディオユニットを交換するか検討中です。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.