Jun 062018
 

IMG_4747

フェルトソールを張り替えたRiver Guideウェイディングブーツを実際に着用し、接着強度に問題がないか、実地で試験しました。濡れた大きな岩がゴロゴロしている源流部に近いところを2時間ほどかけて遡行しましたが、フェルトが剥がれそうになることはなく、接着強度に問題がないことがわかりました。ソール交換前と比べて、苔が生えた岩場でのグリップ力が大幅に改善されました。

IMG_4747

この日は張り替えたフェルトソールの実地試験が主な目的なので、釣果は二の次ではありましたが、先行者がおられてコカゲロウの季節が終わっていることもあり、カゲロウを模した毛鉤は見向きもされない状況でした。残念ながら今年のベストシーズンはすでに終わっていると考えた方が良さそうです。

River Guide Wading Boots — Part 4に戻る。

  2 Responses to “River Guide Wading Boots — Part 5”

  1. 筆者様

     アクチャル・テストですね。結果的には、筆者様の丁寧な修理が効果が出ていて、新しいフェルトも剥がれず、又、グリップ力も、新品フェルトにより確保出来た訳ですね。また、現役復帰で拗ね。長く使えると良いですね。

    Jim,

    • すでに20年近くも使ったウェイディングブーツですが、フェルトソールを交換してまだ数年は使えそうな感じです。新たに入手したSIMMS® Rock Creekが今後はメインになるので、River Guideのブーツは控えとして出番を待機することになりそうです。今回の作業では、そもそもフェルトソールの交換が自分でできることがわかっただけでも大きな成果でした。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.