BREE Japan Charity Bag

BREEマニアとしてはこれは買っておかないと… 日本とドイツで同時販売、東日本大震災に対する義援金として売上を日本赤十字社に寄付するそうです。BREEが企画したSongs for Japanという感じでしょうか。

BREE Japan Charity Bag

サイズW34 x H40 x D0.5cm、素材はコットン。BREEのタブはヌメ革。北山にある京都店で購入。

A Gift for Mother's Day (BREE BN 69)

BREE BIN 69

I usually decide I didn’t know it was Mother’s Day and I just let it go. I actually hate those gift giving culture and such days. However, I just happened to come across this beautiful key holder made of natural leather and decided to get one for my mom, who still uses a similar key holder made by Coach I gave her as a souvenir more than a decade ago.

BREE BIN 69

I need to give instructions on sunbathing BREE’s natural leather items before use so that she can keep the key holder in a good condition for the next decade or so.

BREE DIN A6 (Pocket System Book)

BREE DIN A6

BREEヌメ革小物、B6サイズ6穴式システム手帳。ペンホルダー付き。竜王のアウトレットで入手。

BREE DIN A6

買おうかどうか検討中に、取り置きしていただくことになり、再訪問したら、本来は付属しないはずのドイツ製?レフィルが店長のご好意でバインダーに綴じてありました。プリザーバーも塗布してありました。

BREE DIN A6

Exclusively Made for BREE in Polandの刻印があります。

BREE AN 73 Hand Made in Germany

BREE AN 73

たいへん希少なBREEのヌメ革パスポートケースを入手しました。

BREE AN 73

BREEらしい、極めてシンプルなデザインです。左右にポケットが二つあるだけ。

BREE AN 73

パスポートの表紙と裏表紙だけ左右のポケットに入れることができますが、すぐに取り出せなくなるので片方だけ入れておくとサイズはぴったり。

BREE AN 73

この刻印がたいへん希少です。BREEのヌメ革シリーズはだんだん、品数が減っているように思います。Coachのようにならなければ良いのですが。ヌメ革シリーズのほとんどがポーランド製だと思いますが、この刻印は”HAND MADE IN GERMANY”となっています。私は初めて見ました。

竜王のBREE アウトレットストアで入手。購入価格は¥10,800の50%引き。

BREE KAANA 19

BREE KAANA 19

小物は別として、ヌメ革ではないBREE製品は随分と久しぶりです。3週連続でアウトレットのセール巡り、最後は三井アウトレットパーク滋賀竜王。入手したのは旧型のKAANA 19のクリーム。定価¥25,200の60%引きで¥10,080でした。

BREE KAANA 19

所々にレザーが使われていますが、クリーム色の部分の素材はナイロン?ストラップが薄くてパッドもないので、重いものを入れると肩が痛くなるかもしれません。

BREE KAANA 19

デザインが変わっていてなかなか独創的だと思います。

iPhone 4

P9164001

予約していたiPhone 4 (32GB)が入荷したとの連絡を受け、自宅から最も近いSoftBankのお店にブラックのiPhoneを受け取りに行きました。お店でMicro-SIMを挿入していただき、アクチベーション。iPhone 3Gの時と同様に月々の通信費を最低限に抑えるつもりですから、標準プライスプランを機種変更で契約。その場で(応対してくれたお姉さんが資料か何かを取りに行っている間に)、”Cellular Data”をオフ!

帰宅して言語設定を英語に変更。Usageを調べるといつの間にか、Sentが21.0KB、Receivedが129KBになっています。Cellular Dataをオンにしない限り、この数値は今後、変わることはないでしょう。

P9163998

先日、買っておいたeggshell for iPhone 4に付属の液晶保護フィルムを貼り付けたところ、せっかくのRetina Displayが見辛くなることが判明。指紋が付着しにくいタイプのざらっとした感触のフィルムです。即刻、取り外して廃棄しました。

P9164008

外出時はeggshellを装着したまま、ケースに入れるつもりなので、液晶保護フィルムは不要。指紋で汚れたらその都度、拭き取ることにします。

iPhone 3Gを持ち込みで新規に電話番号を取得して再契約することは可能なのかどうか、尋ねてみました。可能だけれども持ち込みで新規契約する場合は「パケットし放題フラット」が自動的に適用される(選択肢がない)ようで、月々割額が減る分、iPhone 4を新規購入する際の「パケットし放題フラット」よりも割高になってしまいます。なので、iPhone 3Gは新たに契約することなく、旧型iPod touchとして活用することにしました。車載器として使うことも考えています。

BREE Mobile Phone Case

ヌバックではない、iPhone用ケースが入荷したとの連絡があったので、BREE京都店を訪問。

今回、コレクションとして購入したのはブラックとヌメ革色の2個。ヌメ革色のものも、素材は着色済みのソフトレザー。先日、別の店で入手したヌバックのものよりも若干(縦2mmほど)、サイズが大きくなっています。

ついでにBREEの最も小さなヌメ革製品?Key Ring J29も入手。

BREE Mobile Phone Case

右のダークブルーの方が、今回入手したヌバックのiPhone用ケース。ナイロン製ストラップも初めて目にしたので、同時に購入しました。いずれもアウトレット価格で、ケースが¥1,890、ストラップが¥1,260

もはやマイナーではなくなったApple製品、人目に触れる時は他人とは違う、できるだけマイナーなケースに入れて、メジャーなApple製品を覆い隠したくなります。

BREE Paso 2

ウエストバッグと言えば、私の中に強烈な固定観念があるためか、海外旅行に出かけるツーリストを連想します。財布にパスポート、搭乗券、ホテルのカード式ロック、携帯電話などの貴重品を入れたバッグを腰に密着して固定することにより、この上ない安心感が得られます。ワンタッチで着脱可能なプラスチック製バックルが付いた、ベルトと一体化したものであれば、セキュリティーチェックの際に容易に取り外すこともできます。確かに便利なものではありますが、利便性と引き換えに不格好になることも多々あるように思います。そんなに便利なものであれば、日常生活でも使用してはどうかと思うのですが、普段の外出時に使う人が少ないのは、特別な海外旅行の時だけ、意識してあるいは無意識に不格好になることに目をつぶっているようにも思えます。

BREEのPaso 2はどうでしょう。着脱が容易なプラスチック製バックルは付属しませんが、デザインは優れていると思います。これなら目をつぶって不格好なツーリストになる必要はないように思います。既に十分に日光浴をさせたアウトレット品だったので、すぐに使用することができます。本当にきれいに日焼けさせてあるので、BREEマニアとしては、販売価格(¥18,900)以上の価値があるように思います。店の人に確認すると、現行製品ではないそうです。

携帯電話を収納することを意図したと思われる、小さい方のポケットにiPhone 3Gがぴったり、収まります。SENAのレザーケースを装着したままでもゆとりがあるので、iPod touchやiPhone 4もたぶん、入ると思います。

大小二つのポケットに付いているボタンはマグネット式。ポケット内側にボタンを覆うカバーが付いているので、中に入れたものを傷つけることはないでしょう。

着脱が容易なプラスチック製のバックルではなく、金属製のクラシックなバックル。穴は全部で6個。穴の位置から察すると紳士用と思われますが、お店の人に尋ねると、男女共用だそうです。薄いタイプのヌメ革を使っているのでバッグはかなり軽量。(実測で210g)