ATOMIC FLOYD™ MiniDarts + Microphone

P1034767

デザインと質感を最優先させて私が選んだヘッドフォンはAtomic Floyd™のMiniDarts + Microphone。リモコンとマイクロフォン付きのカナル型ヘッドフォン。MiniDartsはケーブルが赤いのが特徴。いつものApple Premium Resellerで購入しました。

P1044785

購入価格は¥22,500、質感は3万円以上してもおかしくないレベルです。MiniDarts本体は熱処理を施して硬化させたスチール製であり、音の共鳴に最適な密度を実現しているそうです。音響室(accoustic chamber)に使われているこの素材はAcoustic Steel™というそうです。これは射出成形したスチールであり、1300ºCで10時間の熱処理を施しているとのこと。この素材を用いることにより、強度を保ちながら音響室の壁を薄くすることが可能となり、その容量を最大限にできるとか。素材が音質に大きく影響しているということです。手に持つと、他社製の一般的なイヤホンとは違い、適度な重さが感じられます。

スチール製のMiniDarts本体は樽型(弾丸型)で下部に細い溝が多数、切ってあります。この溝は縦方向に切ってあるので、耳から取り出す時に滑り止めとしては機能しません。細い溝は光を反射して輝かせることを意図したデザイン上の工夫のように思われます。

P1054885

特徴的な赤いケーブル被覆に使われているのは、防弾チョッキにも用いられるケブラー繊維。丈夫で絡みにくいのが利点です。リモコン/マイクロフォンから左右に伸びる部分の被覆はなぜかナイロン素材のようです。本体を収納してケーブルを巻いておく小さなレザーポーチが付属します。このレザーポーチも凝った造りです。ダブルステッチで3層構造、このぐらいの大きさならポケットにも収まりやすいと思います。

P1054898

リモコンはiPhoneとiPodに対応し、ボタンを一回押せば電話に出ることが可能で、二回早押しで通話終了。iPod使用時は、一回押せば再生と停止、二回早押しで次の曲、三回早押しで前の曲。Mac本体に繋いだ場合もiTunesで同様の操作ができます。

P1054884

金メッキ処理された美しいプラグ。

P1054896

DJジャック(3.5mm—標準プラグ変換アダプター)と大中小のイアチップ、フライトアダプターも付属します。シリコン製のイアチップ、私は中サイズを使用していますが、装着感は良好。音漏れもほとんどありません。

現在、エージング中ですが、音質は中高音重視で低音もそこそこ。アナログ時代のスピーカーで言えばBoseではなくJBLに近い音。

アトミックフロイド マイク&コントローラー搭載カナル型バランスドアーマチュアイヤホンAtomic Floyd miniDarts+Microphone SAF-EP-000009

4 thoughts on “ATOMIC FLOYD™ MiniDarts + Microphone

  1. 筆者 様

     入手されましたね! マイクとリモコンスイッチの丸形ペンダント部分は、私のモデルと同じです(当たり前か!)。ケーブル(ヘッドフォンとミニプラグ)の色が「赤」で綺麗な色ですね。私のモデルは、ケーブル色は「黒」です。これもまた、重厚感があって私のモデルのデザインにはしっくりと合っています。エージングに脂が載って来るといい音になって来ると思います。楽しみですね。iPadで音楽を聴きながらのweb巡回でも良い音が楽しめます。イヤフォンの金属部分の平行ローレット加工(筆者様が言われている「きらきら輝く工夫」の部分です)部分も丁寧な作りですね。

    Jim,

    1. 「ペンダント!」確かに貴金属に近い高級感があります。「平行ローレット加工」という専門語も知りませんでした。赤、黒、シルバーの組み合わせがたいへん気に入っております。

      1. 筆者 様

         私の「ペンダント」部分から左右のイヤフォンに繋がっているケーブルの表面が、筆者様のと違う事が、今日眺めてみて分かりました。何が違うか?と言いますと、このケーブル、筆者様のものはプラスチック材料のシース(被覆)ですが、私のはミニプラグ側のシース(編み込み生地)の材料と同じでした。

         実は、例の「二枚貝」的な、州のケースに収納する時に、何時も手触りが、ミニプラグ側の被覆生地と同じなのを今、改めて認識した次第です。一概には言い切れませんが、多分、私のモデルは耳に引っかける器具が付いているので、ミニプラグ・ケーブルやイヤホン・ケーブルが引っ張られた折りに筆者様のモデルのイヤフォン形状ですと耳から「するっ」と抜けてくれますが、私のモデルの場合、最悪の場合、引っ張り応力が筆者様のモデルより多く掛かる可能性があるので、この様な仕様になっているのでは?と考えております。

         ここまで考えているのは、デザイン・機能的にこのデザイナーは相当な観察力と将来のダメージ状況にまで目を向けて設計しているのだなと「感心」せずにはいられませんでえした。(勿論、私の勝手な想像の範囲ではありますが・・)今回のReviewで、更に、このヘッドフォンに惚れました(笑)。

        Jim,

  2. 筆者 様

     今日は(2011年5月18日)、良いものを入手しました・・と鼓舞する程のものではないのですが、筆者様も確かヘッドフォンアンプをお持ちだったと記憶していますが、私も非常に興味があり購入したいと、私の住んで居る国の「淘宝」を検索していました。勿論、最初は真空管式で、出来ればキットで組みたいなー・・・と探している内に、ひょんな事から私の住んで居る国で生産されている「拓品電子」と言う会社の(英語名:TOPPING)TP30と言うのを見つけました。

     残念乍ら「真空管」ではなくキットでもなかったのですが、日本のオーディオ用電子部品を要所要所に使用している非常にコンパクトなそして重厚な作りのものです。

    http://item.tmall.com/item.htm?id=10058456067&prc=1&is_b=1

     何故に、このTP30を選んだかと言いますと、ずばり!、USB接続出来ると言う事です(AUXも勿論あります)。従って、Macに接続して、ヘッドフォンアンプとしても、ミニ・スピーカー・アンプとしても使えるので、これは所有して居るApple製品何れにも、気分次第で付け替えられるので「便利じゃない!」と言う事で即!購入。日本円で5,870円程度ですので決して高価なモノではありません(逆に言うと、良くこの価格で作れるな!と驚く程の価格です)

     実はつい先程、私のOfficeに届いたので、即(こっそり(^^))、取り出してMac Book 13 Inch Aluminumに繋ぎました(笑)。即、内部のオーディオ・チップを理解し何のトラブルもなく接続し、筆者様と同じAtomicのヘッドフォンを着けて、アコースティックの音を(高石ともや と ナターシャセブン)聞いてみましたが癖のない良い音でした。

     実は、この機種は、日本にもどこかの代理店か、個人輸入で入っているらしく、webで調べたら結構使用されている方が多い様ですが、評価が二分されています。非常に良い音で聴けるという方々と、USBで認識しないとか、ノイズが大きいとか・・・です。メーカーの作り込み品質に「ばらつき」が多いのかなとも思いますが、良い音であると評価している方々の多くは自作スピーカーで聴いたり、アンプを自作したり、クラッシックを専門に聴いておられる方々が多かったので、ま、商品に余り間違いは無いだろうと思います。

     ま、私は「当たりの良い方」に当たったのか(まだ、ほんの少ししか試していませんが)、悪評の部分は見つからず、先ずはO.Kかなと思っています。

     以前、偶然にも筆者様のお兄様と同じCREATIVEのUSBアンプは、現在もMacProに繋いでいますが、
    残念な事に本体に付いているボリュームコントロール等は制御不能なので、今回のこのアンプは、このもやもや部分がすっきりした感じです。ま、CREATIVEの方は、MacProから外す事は無いと思います。

     参考webに掲載されている、このアンプの中身が、本当にこの様に綺麗な配線か否かは未だ蓋を開けていないので分かりませんが、間違いなく綺麗な配線だと思います。因みに入力電源がACでは無くDC(アダプターから供給)ですので、これもAC電源内蔵でないために、ACノイズを気にする必要はないなと思っています。

     ま、暫く聞き込んで(エージング)見たいと思います。今日は久し振りに心ウキウキです!

    Jim,

Leave a Reply to monomaniacgarage Cancel reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.