Rakuten Mobile No Service — Part 2

自宅周辺が楽天モバイル圏外になった件で、サポートに電話で問い合わせました。この連絡先を調べるのに四苦八苦、電話番号も定期的に変わるそうで、ネットで調べた古い情報が役に立たないこともあるそうです。私がかけた電話番号は、0800-805-0060です。すぐにオペレーターに繋がりました。

圏外になった状況を事細かに説明し、当地での光固定回線の選択肢はeo光のみであり、NTT西日本やそのコラボ回線が届いていない特殊な地域であることも付け足しました。Rakuten CASA(フェムトセル)が使えないので、圏外の状態で電波状況が改善されるのを待つか、代替機となるAndroid端末を借りるか、あるいは仕方なく解約するかという限られた選択肢になるだろうということになりました。

代替機には予め、docomo回線のSIMが挿入してあるそうで、データ通信24GB/月、国内通話制限なしの無料とのこと。但し、電話番号が新しくなるそうで、それなら楽天モバイルと契約中の回線が圏外であるという致命的な問題の解決策にならないと思い、代替機は不要であると伝えました。契約中の回線が圏外であれば、通話受発信、SMS受発信共に不可となり、主回線として使用するには大きな制限となります。私の場合は通話主回線として楽天モバイルの回線を使用しており、屋外でのデータ通信はBIGLOBEの回線を使用しているので、圏外となって問題となるのは通話受発信です。

楽天サポートに問い合わせた後、minority318さんに示していただいた、解決法を実行しました。楽天モバイルの回線で受信するすべての着信をBIGLOBEの番号に無条件転送する無料のオプションをオンにする方法です。(追記:この場合、着信転送時に20円/30秒の通信料が発生します。無条件転送から圏外時転送に変更しました。)発信はWi-FiまたはBIGLOBEの回線でネットに繋がっていれば、Rakuten Linkから可能です。

本日、再度楽天モバイルのサポートに問い合わせました。代替機の使い方に関して尋ねたところ、代替機の電話番号に、契約中の楽天モバイル電話番号への着信を転送すると、20円/30秒の通信料が発生するという大きな落とし穴があることがわかりました。(追記:代替機以外の電話番号に転送した場合も有料)したがって、この代替機は通話受信用としてはほぼ使えないということであり、テザリングによるデータ通信専用端末として利用するのが一般的だそうです。

パートナー回線エリアから楽天回線エリアへの切り替えについてはこちらの楽天モバイル公式サイトに案内があります。滋賀県は2021年4月1日より順次切り替え中とのことですが、大津市に関しては既にその大部分でauローミングを切断したと思われます。

Rakuten Mobile No Service — Part 1に戻る。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.