Sep 142020
 

北側の桁を加工し、柱Aと柱Bの上に載せます。ほぞ穴は緩めに。

載せた桁は3年ほど前に入手した90ミリ角、3メートルの生の杉材。木製カーポートの屋根裏に保存していましたが、乾燥していないのか、まあまあ重い。

桁は微調整することなく、ほぼ水平でした。水準器下方の深さ7ミリの切り欠きは柱Eを後付けするためのもの。

明日は南側に柱Cと柱Dを立てて、母屋を載せる予定です。

Backyard Firewood Shed — Part 13へと進む。
Backyard Firewood Shed — Part 11に戻る。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.