Jan 202020
 

朝から軽度の腰痛がありました。私は数年に一度ぐらいの頻度で腰痛が発生することがあります。発生原因がぎっくり腰であることが多いのですが、今回ははっきりとわかるぎっくり腰ではなく、朝起きたら何となく、腰が痛い程度でした。

黙っていれば周りに気付かれることもない、その程度の痛みでした。この日の予定を変更することなく、ブランチ大津京へと向かいました。途中に立ち寄ったコンビニ駐車場でiPhone 11のGoogle Mapsを立ち上げて、目的地をブランチ大津京に設定。ナビゲーションの画面を見ると、いつもはない新しいアイコンが追加されている。何だろうと思って吹き出しマークにプラスのアイコンをタップすると現れたのが上のスクリーンキャプチャー。

Crash(衝突事故)、Speed trap(ネズミ捕り)、Slowdown(渋滞による徐行)、Construction(道路工事)、Lane closure(車線規制)、Disabled vehicle(故障車)、Object on road(落下物)を報告できるようになっています。ネズミ捕りは青いアイコンで一際目立っています。

調べると、Google Maps利用者が道路交通情報を報告し合い、お互いで情報をリアルタイムで共有するシステムであることがわかりました。Android版では少し前からこの機能が搭載されているそうで、iOS版では最近、日本でも試験的に導入されるようになったとか。これは便利そう。

ブランチ大津京で一時帰国中のTOMOMIちゃん親子に再会し、お気に入りのLong-hu Diningで昼食。私はこの日初めて2番目に辛い麻辣サンダーを指定した麻婆豆腐の定食(右)に挑戦。豚バラ肉の回鍋肉定食を注文したら酢豚定食が出てきました。これも美味しかったのでそのままいただきました。

麻婆豆腐は小さな石鍋だったこともあり、難なく完食しました。この調子なら最も辛い麻辣デビルも行けるかもしれません。ロンフーの麻婆豆腐が優れている点は辛さに負けない風味がしっかりとあることです。

食後のコーヒーはすぐ隣にあるStarbucks Otsukyoで。出産のために一時帰国していたTOMOMIちゃんは、帰国中に旦那さんの状況が変わり、来月にシンガポールに戻った後、4月からは無期帰国になるそうです。息子さんを抱いている様子をiPhone 11で撮影しました。

激辛麻婆豆腐を食べたことと腰痛は何ら関係がないはずですが、痛みがじわじわと酷くなってきました。帰りに温泉に立ち寄り、ジェットバスが効くかと思い、いつもより長湯しました。これが事態を悪化させる原因となり、夕食後にソファーから立ち上がろうとしたら背中に激痛が走りました。湿布を患部に貼って、鎮痛剤のロキソニンを服用し、早めに就寝しました。それでも寝返りを打つのも一苦労でした。

翌日には回復しましたが、腰痛時にやってはいけないことを思い出しました。腰痛発生直後は温泉や長湯はご法度でした。まずは炎症を抑えるために患部を冷やすことが肝要。←鍼師と灸師の国家資格を有する兄の警告。

  3 Responses to “Backache!”

  1. 筆者様

     筆者様は、腰痛になる要素をお持ちなのですね。幸い、私は、この歳まで、腰に関しての痛み発生の経験はありません。なんて言っている私は、先週、金曜日辺りから「うん?右膝の皿の中に、少々違和感・・・」で、先週、水曜日には、住まいする国では「初体験」の「Hospital」にお世話になってしまいました。お世話になった理由は、歩行困難・・・。最終的に、Pain Kellerと湿布の使用で、その後、急速に回復し、現在は元通りです。膝の皿を支えている筋肉(と言うより筋)が、突如、何らかのストレスを受けて〔地震は、そんな衝撃状態の原因に覚えは無かったのですが)、ダメージを受けているとのDr.の見立てでした。最終的に、正常に戻った事を感謝しています。

     この国の病院(総合病院)は、受診待ちも、受信後も非常にシステマティックで、非常にスムースでした。私は、日本の病院(クリニックを含む)、大陸の病院での受診経験がありますが、現在、住まいする国の病院〔総合)は、非常にスマートな運営で、驚きました(初体験なのですが)。なので、自然に、安心感を持ちました。

     麻婆豆腐、写真で拝見する限り「辛い」だけでは無く、コクもブレンドされているような感じですですね。これも、一度、試してみたいな〜と思っています(何時になるか?分かりませんが(^^; 。)

     いずれにしましても、腰の方、呉々もご自愛下さいませ。

    Jim,

    • 発生頻度は極めて低いものの、私も腰痛持ちであることは間違いないと思います。多分、遺伝です。

      Jimさんは以前も膝の痛みを訴えておられましたね。そちらの医療サービスが整っているようで、何よりです。

      • 筆者様

         有り難う御座います。私の膝の痛みは、忘れる程に久し振りでした。ま、油断していたと言いますか、早めに病院へ行かなかったのが「失策」でした(笑)。歳を重ねて来ますと、昔の古傷が顔を出してくるのかもしれませんね(笑)。

        Jim,

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.