Aug 112016
 
P8085350

Olympus M.Zuiko Digital ED 12-50mm F3.5-6.3 EZと同時にM.Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macroも京都駅前家電量販店で入手しました。私が考えるこのレンズの主な被写体は、星雲、星団、彗星などの天体と、F1ナイトレース流し撮り、それと夜間に離着陸する飛行機です。換算120mmの単焦点でF2.8のスペックは、暗い被写体や動体を撮影する場合に威力を発揮しそうで魅力的に感じます。等倍マクロ機能を生かして、このレンズの本来の主な被写体であるだろう植物や昆虫も撮影したいと考えています。

M31 (The Andromeda Galaxy)

早速、レンズの性能試験としてアンドロメダ銀河を撮影してみました。iOptron SkyTrackerにPEN E-P5を載せて追尾しながら、絞り開放f/2.8、ISO 2000、50秒間の露光で撮影した画像1枚をDxO OpticsPro for PhotosでPRIMEノイズ除去し、Photosで補正しました。周辺部で減光があったので少し、クロップしてあります。周辺部光量落ちを補正するにはフラットフレームを用意しなければならないかと思います。しかし、フラットフレームを用意したとしても、どのようなMac用ソフトウェアを使って処理すれば良いのか、現時点で不明です。画像の左上の辺りで収差なのか、星が流れているのかよくわからないズレがあります。色収差はほとんどないと思います。

アンドロメダ銀河をこんなに大きく撮影できたのはデジタルに移行してから初めてかもしれません。M110も判別可能です。レンズの視野は20ºとかなり狭いので、目的とする被写体を中央に導入するのに手子摺りました。

このレンズの主な仕様を以下に記しておきます。


Focal Length60mm (35mm Equivalent Focal Length: 120mm)
Maximum / Minimum ApertureF2.8 / F22
Lens Construction13 Elements in 10 Groups (1 ED Lens, 2 HR Lenses, 1 E-HR Lens)
Splash ProofingDust and Splash Proof Mechanism
Angle of View20º
AF ModeHigh-Speed Image AF (MSC Mechanism)
Closest Focus Distance0.19m
Maximum Image Magnification1.0x (35mm Equivalent Maximum Image Magnification: 2.0x)
Minimum Field Size17 x 13mm
Number of Diaphragm Blades7 (Circular Aperture Diaphragm)
Filter Sizeø46mm
Size: Maximum Diameter x Lengthø56 x 82mm
Weight185g

  2 Responses to “M.Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro”

  1. monomaniacgarage様

    天の川、アンドロメダ銀河拝見しました。撮影だけじゃなく画像ソフトを使用し補正していく工程など感心するばかりです。私には手ごわい作業です。単に夜景撮影の撮って出しとわはいかないようです。私には何事も訓練です。明日から盆休みで、今晩からガンバ大阪戦観戦のため静岡遠征です。途中、時間が合えば名阪国道または渥美半島あたりで練習撮影してみようかと考えています。

    また別件で少しトラブルがありました。4月末に10年前に購入したZENITHの時計をオーバーホールに出したところ6月中旬仕上がりの予定が7月初め、7月末と遅延となり、ついに7月29日に連絡があり、「申し訳ありません、時計を紛失しましたとの連絡が入りました。廃盤で同じものを入手出来ないため同等品と交換してほしい」とのこと。息子が生まれた年に購入し、いずれ息子に譲るつもりだった時計でしたが、私の思いは関係なしです。正規代理店でこんなことがあるのかと唖然とするばかりです。

    • 今夜から明日の早朝にかけてはペルセウス座流星群が極大を迎えます。天体写真は撮影後の補正や画像処理が極めて重要です。素っぴんでは何が写っているのかわからない画像になります。天の川や星雲は特に念入りに化粧する必要があります。ズームレンズで撮影される場合、ズーム位置によってピントが微妙にずれるので、広角端での撮影であればピント合わせは街灯など地上の物体で合わせた方が簡単です。レンズリセットはオフで。極軸合わせよりもピント合わせの方が困難なことがありますので、ご注意ください。

      ZENITH正規代理店でそのような酷いサービスは許せないですね。スイスのサービスセンターに輸送した時に事故か何かで紛失したのであればまだ理解できますが。それでもそんなに時間が経過していてそのようか結果になるとは。思い入れのある腕時計に同等品など存在しないことをわかっているのでしょうか。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.