Dec 202016
 

macOS Sierraにアップデート後、使用できなくなったKarabinerに代わり、便利に利用させていただいている「⌘英かな」を2.2.0にバージョンアップしました。このバージョンからアクセシビリティ機能を利用しているようで、初回起動時のみ、System Preferences… > Accessibilityで確認する必要があります。

US配列のキーボードを使用している人にとっては、「⌘英かな」を起動項目に入れておけば、毎回、手動でmacOSを起動させる必要はなく、左右のコマンドキー空打ちで入力ソースの切り替えができるので便利です。