Checking In At The Ritz-Carlton Millenia Singapore

The Ritz-Carlton Millinia Singapore

F1開催期間中にサーキットパーク内にあるこんな超高級ホテルに宿泊できるのは非常にラッキーでした。ホテル予約システムのエラーで、通常の閑散期宿泊料金で半年ほど前に予約が承認されてしまい、その後宿泊日程変更の依頼を断り、通常の料金で日程を変更することなく宿泊する権利を主張した結果です。ホテルのロゴマークは一見してマーライオンのように見えますが、他の都市にあるリッツカールトンも同じロゴなので、全く関係ないそうです。このロゴマークがマーライオンに見えた時点で、宿泊客としては歓迎されていない証だと思います。

DSCN1115

大きな荷物を転がし、表玄関を左手に見ながら、右手奥にあるフロントデスクへと進もうとすると、女性スタッフを含めて4人も立っているベルボーイの一人に声をかけられました。チェックインする前に荷物を預かってくれるとのことでした。玄関の両サイドにソファーセットがあります。他のホテルなら堂々と腰掛けて休憩しますが、ここに座る勇気は私にはありません。

DSCN0832

大きな荷物は建物の外、メルセデスのハイヤーが待機するアプローチの所(ここにもベルボーイが数人常駐)に我々の荷物はいつの間にか運ばれていました。私はフロントデスクで預けるものだとばかり思っていました。建物の中で自分で大きな荷物を転がすなということでしょうか。確かに大きなスーツケースを自分で転がす人は見かけません。

DSCN0825

レッドブルのチームユニフォームを着ている人はトロロッソのスタッフだったと思います。中にはビーチサンダルを履いている女性スタッフもいる。

DSCN0822

ここがフロントデスク。予約確認書を差し出そうとしたところ、そんなものは要らない?のかパスポートの提示を真っ先に求められました。規定のチェックイン時刻よりも一時間も早目だったので荷物だけ先に預かってもらうつもりでしたが、部屋はすぐに用意できるかもしれないとのことだったので、フロントデスク前のソファーで待機することにしました。暫くして、応対してくれたそちら系のスタッフから、ハウスキーピングに時間がかかっており、一時間ほど待って欲しいと伝えられ、少々心配になりつつ(やっぱり満室で部屋がない?)、ミレニアウォークで時間をつぶすことにしました。

DSCN0852

こちらのStarbucksにもWilliamsのスタッフがいます。

DSCN0858

一時間以上、時間潰しをしてから再びフロントデスクへ。しかし、部屋の準備はまだできていないそうで、ロビーで時間潰しができるよう、ロビーでのみ利用できる公共Wi-Fiネットワークの設定をしていただきました。まるで自分のiPhoneのように素早く設定作業をしています。この後、iPhoneを確認すると機内モードにしておいた私のiPhoneは機内モードがオフになっていました。が、3Gデータ通信オフにしてあるので、Singtelの回線に勝手に繋がったとしてもパケット通信は発生しません。

DSCN0860

iPadも瞬時に設定。この身のこなし方は間違いなくそちら系の方です。結局、チェックインできたのは午後3時ですから規定の時刻(午後2時)を一時間も過ぎています。

DSCN0861

我々のような一般客より、他に優先すべきVIPな方々が大勢おられるので待たされるのは仕方ありません。例えば、左のお方。金曜の午後3時頃に貧乏揺すりしながらチェックインしておられます。右手の人はビーチサンダル?

DSCN0896

横浜元町で行われたRed Bull Energy for Japanで入手したTシャツにチーム代表のサイン。記念撮影にも快く応じていただきました。さらに自家製のサイン帳にも。(Red Bull Racingチーム代表のChristian Hornerは同行者が大ファンだそうです。)

DSCN0876

ロビーがある3階から1階に降りるLotus RenaultのBruno Senna。

Bernie Ecclestone at The Ritz-Carlton Millinia Singapore

そしてF1界のボス、Bernie Ecclestone!チェックインが遅れて待たされたおかげで、すぐ目の前をこんな方が通り過ぎます。

Richard Branson at The Ritz-Carlton Millennia Singapore

Virgin Groupの会長、Richard Branson。こちらの写真は土曜日に撮影。こんな写真ばかり撮っていると、自分がパパラッチのように思えてきました。シンガポールGPがモナコのようになってきているのではないかと思います。プライベートジェットがチャンギ空港に集結しているはず。専用ターミナルが利用できる空港送迎リムジンのサービスを手配しましょうかとする内容のメールがリッツカールトンから出発前に届いたのが納得できます。もちろんお断りしました。

他にもセレブな方を何人も間近で目撃しましたが、その中には翌日にスケジュールを変更してコンサートを行うコロンビア出身のShakiraに似た人も。写真は撮れなかったので確証はありませんが、他の人がアップロードしたYouTubeの動画を観て(髪の長さなどから判断して)本人だったのではないかと思うようになりました。楽しみにしていたコンサートは見逃したので、本人だったことにしておきましょう。

The Ritz-Carlton Millennia Singapore Room 3109

通された部屋がこちら。そちら系の人がハイフロアの31階と言っていましたが、まさか最上階の部屋とは。(32階はクラブスイートでVIP専用)

DSCN0863

開かない窓から下を見るとT5からT6へと進むDRS区間。

DSCN0920

最終コーナーとホームストレートの一部、T1、T2辺りも見えています。

The Ritz-Carlton Millennia Singapore Room 3109

そしてこの豪華なお風呂。バスタブから夜景が見えます。我々にとっては夜景はどうでも良いことですが。こんな素晴らしい部屋に金曜から3泊も!何かの間違いではないのかと思い、荷物を部屋まで運んでくれたベルボーイに確認しました。「ここは本当に我々の部屋ですか?スイートルームではないのですか?」「いえ、いえ、スイートルームは各階の両端にございます。こちらはお客様が予約されたデラックスルームです。」安心しました。チェックアウト時に数十万円分の宿泊料金を請求されたら困ります。

The Ritz-Carlton Millennia Singapore Room 3109

P1終了後に一旦、部屋に戻るとこんなものがテーブルの上に置いてありました。日替わりでフルーツやケーキが大理石のテーブルの上に置かれるので、物を散らかすことができません。

1 thought on “Checking In At The Ritz-Carlton Millenia Singapore

  1. >>このロゴマークがマーライオンに見えた時点で、宿泊客としては歓迎されなていない証だと思います。

    Are you sure!!??

Leave a Reply to toshi Cancel reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.