Oct 312018
 

母屋壁面側は予定していた高さより少し低めになりましたが、垂木の長さと角度に問題はありません。

垂木5本を桁と母屋壁面との間に渡しました。この時点で仮の筋交いは不要となったので、取り除きました。

東西方向の揺れを止めるべく、本格的な筋交いを取り付けます。

その前に東西二本の柱の間に筋交いを受ける桟を取り付けました。柱に約10ミリの切り欠きを入れて、長めのコーススレッドビスを斜め打ちして固定しました。東西方向の揺れはほぼ収まりましたが、筋交いを取り付けるとさらに強固になるでしょう。この構造物の主用途は「足場」なので、頑丈でなければなりません。

Scaffolding — Part 9へと続く。
Scaffolding — Part 7に戻る。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.