Aug 292006
 

門柱の撤去、インターホン子器の交換と同時に錆びたメールボックスを新しいものと交換しました。米国製のSteel Rural Mailboxです。亜鉛メッキを施した鉄板でできており、本来は錆に強いはずですが、以前に5年間使用していたものは鉄製の普通のボルトを用いてベースの板に留めていて、錆はボルトから発生したようです。今回は高価なステンレスボルトを使用しました。ベースの板も新調しました。

赤いフラッグは発信する郵便物がある時に立てるものですが、日本では何の意味もありません。米国では州法に従い、メールボックスは設置しなければなりません。道路に停車した郵便局の車から降りることなく、手が届く位置、高さに設置することが義務付けられています。ボックスに表示する住所の文字の大きさまで規定されています。また郵便物以外のものを入れることはできません。日本ではそのような規制はないようで、新聞や回覧板、宅配の荷物まで、何でもOKです。標準サイズですが、大抵のものは入ります。


Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.