Oct 262018
 

当初の計画では使用予定の再利用材(二本の柱)の長さが不足するので、屋根勾配を10ºから15ºに、オーバーハングの長さを220mmから175mmに変更しました。これで米栂の再利用材を柱として使用でき、垂木は安価なSPF 2×4材の長さ6’のものが使用できる計算です。図面作成にはblocklayer.comのRafters Metricを利用しました。

Scaffolding — Part 5へと続く
Scaffolding — Part 3に戻る。

  One Response to “Scaffolding — Part 4”

  1. 筆者様

     細やかな、仕様変更で、再計算ですね。良い、web上のAidシステムですね。

    Jim,

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.