Nov 252017
 

本日、宅配便で交換部品としてMagic Keyboard with Numeric Keypad本体が届きました。反り返った「部品」を宅配業者に返却し、新しい「部品」に問題がないか確認すると、残念なことに新しいテンキー付きキーボードも若干、反り返っています。しばらく使用するとテーブルの上を滑る程度までまた反り返るのではないかと危惧しております。

交換部品に添付された「在宅自己交換修理サービスのご案内」には以下のような記載があります。

  1. 部品を交換していただいた後、動作確認を実施してください。
    *万一、お取替え頂いた後も故障状況が変わらない場合は、12月20日までにアップルサービスセンターまでお電話にてご連絡ください。
  2. ご連絡がない場合は、修理完了とさせていただきます。

「修理完了」となっては困るので、12月20日までにサービスセンターに連絡しようと考えています。電話応対したスペシャリストが対策品は出ておらずリコールや交換プログラムも発表されていないので、同じ製品が届きますと言っていたのが気がかりでした。嫌な予感が的中したようです。

Bent Magic Keyboard with Numeric Keypad — Part 1に戻る。

  13 Responses to “Bent Magic Keyboard with Numeric Keypad — Part 2”

  1. 筆者様

     結局、この新デザインのキーボードシリーズは、10キー付きも、付かないものも「Out~!」な様ですね。構造設計の「過信?」ですかね?もしくは、耐久性試験の不足ですかね?

    Jim,

    • テンキー付きのMagic Keyboardは構造上の欠陥だと私も思います。テンキーなしのMagic Keyboardは反っておらず、反りそうな気配もありません。テンキー付きの方は速やかに対策品を出して交換プログラムを実施すべきかと思います。このままでは一つの製品の不具合によって、Apple製品全体に対する信頼が揺らいでしまいます。

      • 筆者様

         お~!10キー付きが、そうなるのですか?勘違いしていました (^^; 。私の10キー無しキーボードは、一応、問題はなさそう・・・なのですね(今の所?)。先代の、USBタイプFull Keyboardの方が、余程しっかりしていると言う事ですね。

        Jim,

      • 有線のApple Keyboardは絶版になっておりますが、こちらの方が完成度が高くて丈夫で長持ちします。テンキーなしのMagic Keyboardは通常使用なら撓むことはないと思われますが、使い勝手が悪いという人も少なからずおられるようです。

      • 筆者様

         購入された折の、スタイリッシュなキーボードの写真に魅せられましたが、現実は、バナナ反りが合成するとは・・。憧れを砕かれた気持ちです。

        Jim,

  2. 筆者様

     昨日、ふと、以前のUSBタイプのFull Keyboard(筆者様の頭痛の種のキーボードの、前のバージョン)が目に止まり、久々に使用してみました。流石に、本来、白色のケーブルは茶色っぽくなっていまして、古さは隠せませんが、それ以外は、クリーニングしたら、見違える程綺麗になりました(笑)。やはり、作りがしっかりしているので、ヘタレていません。良いものは良い!の見本みたいなものです(笑)。

    Jim,

    • 昨日、iMac Proに付属するスペースグレイのテンキー付きMagic Keyboardをキットカットで実機に触れることができました。一見するとバナナキーボードの色違いですが、撓みは全くなかったように思います。こっそりと撓み防止対策が施してある可能性も否定できません。ラバーフットの位置と数はバナナキーボートと同じでした。

      • 筆者様

         早速に確認されたのですね。情報のShareありがとうございます。この、具合の良い「黒」キーボードが「単品」発売されたら良いですね。私、購入します!((^^;)

        Jim,

  3. 筆者様

     私事で恐縮ですが、従来使用しておりましたMagic Mouse(電池交換式)に「お暇」を出しました。別に調子が悪いとかではなく、是に使用している、某Xanyo電機と言う会社の充電電池を長らく使用していましたが(これ様だけで無く、実は、カメラ用のフラッシュにも使用です)、どうも充電能力がへたって来た様で、一日で100%から15%に急降下するので、勿論、電池も「お暇」を出しました。

     で、本日、Magic Mouse 2を購入しました。「便利ですね〜〜!」なんて、手放しで喜びはしていませんが、電池交換の煩わしさから逃れられたのには「小さな感激」です。電池の蓋がない分、Smartになったな〜、が正直な感想です。それと、細かな事で、初代から機構的にUpdateされているのが、マウスパッド滑走面。初代は、スポンジ系の滑走面(確か、この関連のBlogで、筆者様に、こんなTeflonのプロテクターが有りますよ・・・なんて言う話をさせて頂いた記憶が有りますが・・・)でしたが、2代目の滑走面は私が見る限りその材料が、黒色のTeflonになっているので、「消耗」する心配が無いな〜が、一つの感想です。

     それと、細かい所なのですが、初代の電池の「蓋」の「苹果マーク」の色は「白」ですが、2代目のボディー底面の「苹果マーク」は「Black」です。私としては、きりっと締まった感じで「いいな〜」と思っています。

    Jim,

    • 筆者様

       割高なのを承知で、この国で、Bluetooth の最新キーボードを購入してしまいました。意図は、MacBook Pro Retina 15 Inchの方も合わしてしまえと言う、非常に乱暴な発想で、謂わば衝動買い(^^)。

       英語キーボード・・・と思いきや(購入してしまってからので、仕方が無いのですが)、実は、流石にこの国仕様・・。「Caps Lock」の表示、実は「中/ 英」なのと、かぎ括弧キーが、キートップ上に括弧種類の表示が多数・・・。ま、それ以外は、特に違いは無く、使用するにも全く問題は無しです。この、2代目キーボードを、ぱっと見ただけで、違いに気付く市とは、先ず無いと思います(笑)。

       でも、この国の方が使用される時には、ピーイン入力時には便利になっているのだと、想像します。Appleさん、この国にも、アクセサリーに於いて、結構、気を遣っておられるのだな〜、と感心した次第です。

      Jim,

      Jim,

  4. 筆者様

     追加です。この、見た目「英語タイプ・キーボード」先に述べた事柄の他に、実はTabキーのマークが「tab」では無く、「→|」でした(^^)。

    Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)