Staycation in Kyoto — Part 1

例年、同居人の夏期休暇はF1シンガポールGP観戦旅行で消費していましたが、昨年に引き続き、今年も新コロ騒動のために中止になったので、近場で1泊2日のステイケーションをすることになりました。目的地は自宅から車で1時間もかからない、京都三条にある星野リゾートOMO5

ホテルには駐車場がないので、入庫後24時間の最大料金が安い駐車場を探しました。川端通沿いの「タイムズ京阪三条駅北」が平日であれば駐車後24時間で1,100円でした。

2年前にメルカリで購入したメルセデス・ベンツ・オリジナル・アルミスーツケースを使用するのは初めて。Rimowa Topas 32Lにそっくりなこのスーツケース、軽自動車には似合わない。

三条河原町上がる西側と言ってくれれば、迷わずに徒歩数分で直行できたはずですが、御池から高瀬川、三条通と迷いながら歩くと15分も要しました。スーツケースのキャスターがまあまあ大きな騒音を発するのが気に入らない。

こちらは嵐山にあるあの高級リゾートホテルではなく、ビジネスホテル並みの宿泊料金で泊まれるOMO5。東寺にもありますが、京都三条の方が安く泊まれて細やかなリゾート気分を味わうことができます。

最上階である10階のツインルームに案内されました。カーテンを開けても隣のビルしか見えませんが、街中を散策するには好立地。

Wi-Fiに接続してスピードを測ると、妙に速い。客室稼働率が赤字レベルだったのでこんなに速いのだろうか。

Staycation in Kyoto — Part 2へと続く。

2 thoughts on “Staycation in Kyoto — Part 1

  1. 良いですね京都宿泊。
    ここ1年は滞在費がびっくりするぐらい安いので、もう1泊してやろうかと、Blogを拝見して考えています。
    OMO5、結構出来ていますね。本当は嵐山に泊まりたいですが、新しく出来る祇園も気になっています。
    Wi-Fi、大阪のホテルも三井ガーデンも爆速でした。

  2. シンガポールに行けなくなって、昨年は北海道、今年は京都。日本もまだまだ良い所があると再発見しています。嵐山良いですね。たまたま、OMO5に泊まった朝、嵐山の「星のや」から中継してました。いつかは「星のや」と思って頑張って働いてますが、まだまだ遠い先になりそうです。

Leave a Reply to Keaton Cancel reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.