May 202020
 

ヨドバシカメラ マルチメディア京都で換装用メモリを入手しました。Mac mini本体を購入した時の店員さんが対応してくれました。私が入手したCFDブランドの16GB x 2メモリキットバルク品は税込¥18,130に10%ポイント還元でしたが、Apple Storeで32GB 2,666MHz DDR4にカスタマイズすれば、+¥66,000もします。

iFixitによると、Mac mini (2018)のメモリ換装作業にはTR6 Torx Securityドライバーが必要とのことで、T5、T6、T10は手元にあってもビット中心部に窪みがあるTR6は所有していないので、ITPROTECHのマルチ精密ツールキットも購入することにしました。

簡単そうに見えますが、iFixitサイトのコメント欄に、作業中にアンテナケーブルのソケットがロジックボードから外れてしまったと書いている人などがおられます。慣れない人にとっては難易度が高そうです。

  3 Responses to “Crucial CFD 16GB DDR4 2666 PC4-21300 CL19 SO-DIMM x 2 for Mac mini (2018)”

  1. 筆者様

     故障時の保証を考えずに、コストパフォーマンスの面から観れば、良い選択ですし、お得ですね。此の様な選択も「有り」だと、私は思います。CFD製メモリーのクオリティーも、安定していますので、余程の事が無い限り、メモリーの不具合は、略、発生しないと思います。

    Jim,

    • CFDブランドの換装用メモリはこれまでにAluminum MacBook (Late 2008)や27″ iMac (Mid 2010)でも使用した経験があり、いずれも不具合が発生したことがありません。パソコンとの相性については保証されないバルク品ですが、メモリ自体は永久保証です。

      今回、入手したメモリの規格は最新のiMacにも装着できるそうです。Appleのサイトにメモリ取り付け方法を紹介しているぐらいなので、iMacのメモリ換装に関してはユーザーが実施しても保証適用外にはならないと思われます。

      • 筆者様

         その様な状況でしたら、メモリー換装は、Mac-Mini本体を開けても、問題無い様ですね。

        Jim,

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.