Apr 272013
 

DSC_4144

ホームストレートに面したグランドスタンド上段からマシン数台のピット作業を見てから、トンネルを潜り、逆バンクからS字コーナーが見渡せるE席、D席方面へと移動しました。撮影を主な目的にサーキットにやって来る人の多くが大砲のような高級レンズを装着したフルサイズのカメラを一脚に載せて、高速シャッターで撮影されています。APS-Cサイズ(Nikonの場合はDXフォーマット)のカメラに比較的小さなズームレンズを装着している私の場合、機動性を生かした流し撮りに専念しています。流し撮りは歩留まりは悪いけれどもスピード感が表現しやすく、意図した通りに撮れると大きな満足感が得られます。しかし、上の画像はSS: 1/400秒、ピントが合っていて被写体ブレや手ブレはないけれども、十分にスピード感が表現できているとは言えません。

DSC_4255

被写体の車速にもよりますが、シャッタースピードは速くても1/250秒ぐらいを目安にすれば、背景が意図した通りに流れます。

DSC_4305

レンズをAF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G EDに交換して換算78mmで流し撮り。SSは1/125秒。広角にすればシャッタースピードを落としても歩留まりは下がりません。立体的に見えるのでズームアウトしても面白い。

DSC_4257

ジャンプスタートでドライブスルーペナルティーを受けた佐藤琢磨選手は終盤でマシンに排気系のトラブルが発生しました。

Sony DSC-RX100を小形三脚に載せて撮影した動画の編集が終わり、YouTubeにアップロードしたので下にリンクを張っておきます。佐藤琢磨選手のジャンプスタート、証拠映像が撮れました。ピット作業の様子もF1のそれとは随分と異なるのがわかります。Super FormulaのエンジンはToyotaとHondaが供給していますが、スペックは同じ。排気容量3,400cc、V型8気筒で最高回転数は10,300rpm、最高出力は600PS以上。(オーバーテイクボタンを押すと20秒間、回転数は10,700rpmに引き上げられる。)

エンジン回転数のわりに特にストレートは19,000rpmのF1マシンのような甲高い音がします。ロータリーエンジンの9,000rpmと大して変わらないのになぜこんな甲高い音が出せるのかと不思議に思い、調べてみるとどうやらその原因は一本出しのマフラーにあるようです。エンジン回転数を10,000rpmとした場合、周波数は8÷2×10,000÷60=667Hzとなるそうで、この周波数は、マフラー二本出しのF1マシンの周波数(エンジン回転数を19,000rpmとした場合)、4÷2×19,000÷60=633Hzとほぼ同じになります。これで謎が解けました。

  3 Responses to “Suzuka 2&4 Races — Super Formula Round 1 Race (Part 2)”

  1. フルサイズのカメラに大砲レンズとはすごいですね。最近一眼レフカメラを購入しぱしゃぱしゃと撮って楽しんでいる自分には金額的にも雲の上の話です。

    APS-Cサイズのカメラにに手持ちレベルの望遠レンズで筆者様のような写真が撮れるとは驚きです。1枚目の写真には十分にスピード感を感じますが、筆者様は納得していないご様子ですね。このような綺麗な写真を見ていると、モータースポーツを撮影しに出かけたくなってしまいます。

    文中に「…を装着したフルサイズのカメラを一脚に載せて…」とありますが、なぜ3脚を使わずに1脚を使うのか疑問に感じてしまいました。自由雲台の3脚では不自由なのでしょうか。

    • 大砲レンズに一脚を使用されているのは、たぶん、レンズが重いからという理由と被写体を追尾する時に三脚よりもパン(左右に振る)しやすいからだと思います。一脚の場合、一脚自体が回転するので自由雲台は必ずしも必要ではないと思います。三脚だとカメラを振る時に邪魔になるかもしれません。

      鈴鹿は特に大砲レンズで撮影しておられる方が多いように見受けられます。シンガポールGPで大砲レンズを使用している人は報道関係者がほとんどです。流し撮りは本当に楽しいです。左右に高速で移動するものを見るとついついカメラを振りたくなります。

      • なるほど、流し撮りには一脚の方が向いているのですね。納得しました。
        確かにシンガポールGPでは私の席の周りにも大砲レンズを持っている人は少なかったですね。walkabout席でちらほらと見た程度でしょうか。
        鈴鹿の光景は2大カメラメーカーの御膝元の日本ならではの光景でしょうね。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.