Jun 142009
 

注意:Apple信奉者はAppleの新製品に対して過度な期待をしますから、注意してお読みください。MacBook Proシリーズに搭載されたSDスロットに関するAppleのサポートページFAQに以下のような記載があります。

Does the SD slot work with cards that exceed 32 GB?

Yes.  However, most media manufactures preformat the media using common block-and-cluster sizes that do not approach the theoretical limits of a given file system.  Most SD cards use the FAT32 file format.   Preformatted FAT32 SD media is commonly available up to a capacity of 32 GB.  Some smaller capacity cards use the FAT16 file format.  Preformatted FAT16 media is generally available up to a capacity of 2 GB.

SDA(SD Association)が今年の1月に発表した新しい規格SDXC(Extended Capacity)にひょっとして対応していることを示唆するような記載です。現行のSDHCは最大容量がFAT32フォーマットで32GBとされていますから、それを超える容量のカードを扱うことができるということは…?しかし、exFATに対応しているかと尋ねる別の質問に対しては、

Will the SD card slot work with SD cards that use the exFAT file system?

No.

sdxccard当然の如くきっぱり、ノー!Appleのサイトとしてはめずらしく、外部のサイト(SDA)にリンクが張られています。そのトップページに、New SDXC, with cards up to 2TB!とあるのですが。こんなに小さなカードに容量2TBです。現時点では2TBのSDXCカードはまだ市場に存在しません。なぜ、今になって新しいMacBook ProにSDスロットが搭載されたのか、私は不思議に思います。こんなに大きくて平べったいスロットに貴重なスペースを割いているのです。しかも、挿入時に1/3ぐらい、はみ出すそうです。そんなに不格好になっても敢えてスロットを設けるということは、記録容量25GBのBlue-rayに対応する代わりに、新しい規格のSDXCに密かに対応していると期待せざるを得ません。