Jan 302020
 

テンキーの部分にもコンマキーがあるJIS規格のMagic Keyboard with Numeric Keypad Space Grayをメルカリで入手しました。(送料込みで¥10,000)これまで使用していたUS仕様のシルバーモデルは売却する予定です。

シルバーの初期モデルの一部に撓みが発生する不具合があったので、気になっていましたが、今回入手したものはほとんど撓みがありません。

すべてのキーが問題なく正常に機能するか試し打ちしたところ、問題がないことがわかりましたが、キー配列がUS仕様と思っていた以上に異なり、慣れるのにしばらくかかりそうです。特にスペースバーがUS仕様と比べて極端に短いので、誤って「英数」や「かな」キーを打ってしまいます。右手の定位置を左寄りに変更する必要がありそうです。

それと、”caps lock”と”control”キーの位置が逆になっているのでカタカナ変換時にミスタイプします。他にも違いは多々あり、慣れるまで数週間はかかるかもしれません。何せ、タイプライターを使っていた十代半ばの頃からUS仕様に指が慣れ切っているので、しばらくはブラインドタイピングは無理なような気がします。

左右の⌘キー空打ちで入力ソースの切り替えができる「⌘英数かな」は不要になったので削除しました。

1月31日追記:(使用開始2日後の印象)日本語入力時にスペースバーは変換キーとしても機能しますが、このスペースバーが短いので、誤って「かな」キーを押すことが多々あります。右手の定位置を左寄りに移動させるとミスタイプが減りました。

テンキーにコンマキーがあるのはやはり便利です。ただし、$や¥などの通貨記号を数字の頭に半角で入力するときは、いずれにしても英数キーを押す必要があります。全角で使うことはないので、通貨記号も常時半角入力できれば良いのですが。

テンキーにコンマがない英語キーボードで、Karabiner-Elementsを使い、ピリオドを二度連打することで、コンマ入力を可能にするスクリプトを書いた人がいるそうです。これはWindows用の「秀Caps」の機能を流用したものだそうです。

Magic Keyboard with Numeric Keypad (Japanese Space Gray) — Part 2へと続く。

  3 Responses to “Magic Keyboard with Numeric Keypad (Japanese Space Gray) — Part 1”

  1. 筆者様

     掲載の写真の日本語キーボード(私、使用のものとの比較。カラーは、私の英語キーボードと、見た目同じです)、ぱっと見は英語バージョンと同じですが、良く見ると、テンキー左上の9個のキーは、キートップの印刷が全く違うのですね。初めて知りました。私は、英語キーボード(PC/AT機を使用し始めてから現在まで)を使う事を「絶対」としていますので、日本語キーボードは、私には「選択外」です。理由は、キーボードトップに、「ひらがな」の表記がありますが、これが私にとっては非常に煩わしい(目にも。私は、ブラインドキー入力が出来ません<笑>)のと(目にも煩わしい)、スペース・バー両サイドの日本語変換キー関連が、これ叉、私には「煩わしい」。

     それと、たまたま、お仕事の関係上、外資系企業の勤務が長く、会社から貸与されるCompany PC/AT Noteは、当たり前ですが、英語キーボード配列なので、キーボード配列が、デバイスによって違うのは、私には非常にストレスでしたので、私、個人としては「統一」に重きを置いて、英語キーボード配列が「絶対」と言う「決まり」を持っています(笑)。ま、謂わば、海外で仕事をしている、在住している(当たり前ですが、その頃、日本語キー・ボード配列のPC Noteの入手など、略、不可能<香港では、可能でした>)・・、と言う環境条件が、私の、キーボードレイアウト選択の大きなファクターです。なので、私、個人としては、日本語キーボード選択は「問題外」です(今更、この配列に慣れるのは、私にとっては、真の技・・・)。

     多分、私、個人としては、一生を終えるまで、日本語キーボードを使用する事は無いと思います(笑)。

     所で、違う話題のレスで恐縮ですが、私の記憶が正しければ、このレス欄(Leave a Reply)、入力時、このエリア、マウスで上下のスクロールが出来たと記憶してますが、新しいレス仕様は出来ない・・・、と感じているのは、私の錯覚でしょうか?

    Jim,

    • Jimさんにとって日本語(JIS規格)キーボードを選ぶことはあり得ないのですね。私もついこの前まで、敢えてJISキーボードを選ぶことは考えもしませんでした。選択肢がない場合だけ、仕方なくJISキーボードを使用したことはあります。初めてパソコン(SE/30)を買った1989年当時は、日本語のOSすらなく、漢字トークもなかったので、Mac用のJIS規格キーボードは存在しない時代でした。

      今回、USキーボードを売却し、JISキーボードに乗り換えようとした理由はテンキーのコンマの有無です。私は業務で英文と日本文を同じぐらい入力しますが、いずれの場合もテンキーの位置にコンマキーがあると作業効率が大きく改善されます。スペースキーが短いことにはまだ慣れませんが。

      コメント入力欄のスクロール、元に戻しました。

  2. 筆者様

     筆者様の使い勝手の観点から言えば「コンマ」は、重要なお仕事効率向上ファクターなのですね。私は、筆者様の様なお仕事はしていませんので、その事の絶大さは、良く分かりませんが、その様なお仕事であれば「必須」なのですね。

    Jim,

    PS:このブログを拝見して、Name等の欄が、なぜ元に戻ったか、分かりました。

    Jim, 再拝

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.