Apr 102018
 

IMG_4323

木製カーポートにチェーンソー用の棚を製作しました。

IMG_4323

製作手順はこちらのポストに書いた小屋の棚と大体同じ。今回は支持材に35ミリ角赤松の再利用材を使用しました。

IMG_4323

カーポートには筋交いがあるのでちょっと手の込んだ作業が必要になりました。

IMG_4323

棚板には厚み12ミリの野地板用の杉板を使用しましたが、

IMG_4323

Husqvarna 236eを置くと撓んできそう。

IMG_4323

盗難防止用に壁を取り付けてみましたが、デザインが行けてません。

Shelf In A Carport — Part 2へと続く。

  3 Responses to “Shelf In A Carport — Part 1”

  1. 筆者様

     私の勝手な考えと、余計な御世話内容で恐れ入りますが、Open Gargeに是を置き、材木を切断するのに使い回す頻度を考えた場合、外気(埃、湿度変化、気温の変化等々)に触れて自然劣化する事、安全、盗難のリスクを考えたら、OriginalのMonomanic Garageの方にスペースがあれば、そちらの方へ収納した方が、工具友達も沢山居るので良いと思いますが・・・(笑)。

    Jim,

    • ごもっともなご意見だと思います。使用頻度が決して多くはないエンジン式チェーンソーは、使うとすれば、場所はカーポート西側の壁背後ですので、カーポート内に設置すると便利という事情があります。また、埃は時折、作業場となるガレージ内の方がずっと多いです。ガソリンがタンク内に残っている場合、風通しが良く、熱がこもらない方が保管場所としては適しています。その意味でもカーポートの方が良いだろうと考えました。防犯対策としてはワイヤーと南京錠、センサーライト、監視カメラなどの設置も予定しています。

      • 筆者様

         写真イメージだけでは分からない、Actualの環境もあるのですね。

        Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)