Nov 152018
 

ポリカーボネート波板を庇延長部分に葺く前に仮置きして寸法を確認したら、縦方向の長さが5センチほど足りない。

9尺(2,700ミリ)の波板3枚をホームセンターで1,800ミリに切断してもらったのがそもそもの間違いでした。900ミリ分の半端が手元に3枚残ったので、二枚重ねにして不足分を補うことにしました。

相欠き継ぎした桁を補強するため、鎹を内側と外側に一本ずつ打ちました。

西側にも米杉再利用材を用いて加工した破風板を取り付けました。

この部分は母屋から落下する雪の重みに耐える必要があるので、方杖も取り付けました。桁と柱への固定は長めのコーススレッドビス4本で。

トラス構造で製作した庇延長部分がほぼ完成しました。次回は、屋根上に登るための梯子を製作する予定です。

Scaffolding — Part 17へと続く。
Scaffolding — Part 15に戻る。

  3 Responses to “Scaffolding — Part 16”

  1. 筆者様

     出来上がって行く、Scaffoldingの状況がよく分かりますが、このBlogの写真で、私の「(つまらない)興味」は、「透明波板」を設置(施工)しておられる、筆者様の姿を「誰?」が撮影されておられるのかな?です(^^)。多分、二階の窓からの撮影かな?と思いますが、綺麗に、そして良く撮れていますよね。建築ガイドブックの写真みたいです(^^)。

    Jim,

  2. Jim様

    恐れ入ります。撮影は同居人の私です。御察しの通り、2階の窓からです。作業は殆ど私が居ない平日なので、いつのまにか完成してる事が多いです。

  3. Keaton-San,

     やはりそうでしたか。いい絵ですね。

    Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.