Apr 042019
 

Tim Burton監督のWalt Disney Studiosの新作映画、”Dumbo”(字幕版)をイオンモールKYOTO Sakura館で視聴。

この映画館は音響設備が特に優れているのでお気に入りの映画館となりました。

珍しく平日に京都市内にやって来たので、空飛ぶ子象を観た後は堀川通から下鴨本通へと向かい、閉店セール中の「家具の浜野」を再訪問。

この前、お店でお会いした、アンティーク家具の買い付けと修復を担当されている職人さんは、英国で修復技術を習得されたそうです。

閉店セール開始後5日が経過すると、ダイニングテーブルとダイニングチェアなど、大きなアンティーク家具もその大半が成約済みになっていました。案内葉書を受け取っていない人を対象とした閉店セールは4月8日から始まるそうですが、その頃にはほとんどの家具が売り尽くされた状態になるのではないかと思うほど。

  2 Responses to “Dumbo”

  1. 筆者様

     「ダンボ」、web上からの情報では実写版(と理解していますが)が再製作されたと、私は認識しています。web上でチラ観した映像、結構、さりげに凄いですね。残念乍、音響効果満点のシアターの音の効果は未だ経験なしです。結構、臨場感が有るのでしょうね。

     ダンボのディズニー映画(オリジナル)自体は、私の記憶に間違いがなければ、小学校の低学年の頃、上学校の講堂で見た記憶が有ります。子供心に「感動」したのを覚えています。

    Jim,

    • オリジナルのアニメーション作品は、1941年製作だそうです。Tim Burton監督の実写版は3月29日封切りです。不自然に大きな耳で空を飛ぶ様子を、本物のように自然に見えるのは驚異的な技術だと思います。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.