Mar 272020
 

「お近くのApple Storeは、追ってお知らせするまで休業いたします」とのことで、一時休業が本日、3月27日までの予定でしたが、延長したようです。

滋賀県内唯一のAPRであるキットカット(草津店)は、営業中です。MacBook Air 2020も展示されています。一見して2018年〜2019年モデルと区別できませんが、キーボードに触れると違いが分かるかもしれません。キーボードがバタフライ式からシザーズ式に変更になっています。

人工呼吸器の修理マニュアルを集めたデータベースを構築中のiFixitは、その合間にMacBook Air 2020を分解したそうです。分解結果をまとめると、

  • トラックパッドのケーブル取り回しが変更になり、トラックパッドとバッテリーの交換が容易になった。
  • ファン、スピーカー、ポートなど、多くの構成部品がモジュール式になり、アクセスが容易になった。
  • キーボードは信頼性が高まったが、トップケースに組み込まれているので、修理するには全面的な分解が必要。
  • SSDとRAMははんだ付けされているので、交換は困難。

修理容易性は10段階で4(10が最も容易)

  3 Responses to “Apple Store Closure Continues”

  1. 筆者様

     私は、此のモデルには、興味ありませんが、以下の内容、MacBook Pro Ver.2018で、実現していて欲しかったと思うばかりです。

    ・トラックパッドのケーブル取り回しが変更になり、トラックパッドとバッテリーの交換が容易に
     なった。
    ・ファン、スピーカー、ポートなど、多くの構成部品がモジュール式になり、アクセスが容易になった。
    ・キーボードは信頼性が高まったが、トップケースに組み込まれているので、修理するには全面的な
     分解が必要。

     これら三つの内容、私のMacBook Pro Retina 15 Inch Ver.2018の修理(と言うか、交換後の部品(残骸)を見せてもらった。写真撮影は禁止)の記憶では、確立されていなかった模様で、その結果、底板以外の総換えになったのだと思います。実例で言いますと、トラックパッド部分は、メカ屋の私が見ても「アルミボディーから外すのは、作業が困難」と感じましたから。そう言う意味では、パーッ津部分がモジュール化されて改良されて来ているのだな〜、と、思います。

     私のMacBook Pro 15 Inch Retina Ver.2018は、底板以外のパーツ取り換え移以降、約6ヶ月経過していますが、今の所元気に作動しています。

    Jim,

    • 調べてみると、iFixitが定める修理容易性は、MacBook Pro 15″ (2018)とMacBook Pro 16″ (2019)とでは共に10段階で1なので、残念ながら非常に困難と考えて良いかと思います。MBPとMBAとでは意図された用途や対象ユーザーが大きく異なるので、その辺りの状況は致し方ないことかもしれません。

      私は今回、発売になったMBA 2020とMac mini 2020に大きな関心があります。

      • 筆者様

         成る程、iFixitの評価は見ていませんでしたので、筆者様のお調べ頂いた内容で、「成る程」の納得です。

         Mac-Mini 2020良いですね。私の大陸で寝ている(既にOSのUpdate対象外で、引退)Mac-Miniの世代から、二世代が流れたのですね。本来なら、私も購入したい所ですが、海外での仮住まいなので、新Mac-Miniを軸としたシステムの構築を具現化する事が出来ません(引っ越しを考えると・・(TT))。ま、昔のクラウンの宣伝ではないですが「何時かは、Mac-Mini」的な気持ちです(笑)。Mac-Miniのスペックは、今迄、使い続けて来ての思いは「私の身の丈」に合っていると言う事です。MacProは、身の丈に余ると思っています。

        Jim,

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.