Apr 202011
 
27" iMac (Mid 2010) Smudges

27″ iMac 2.8 GHz Intel Core i5(Mid 2010)の液晶パネル内部に現れたシミの状態が次第に酷くなり、気になり始めたので、昨日アップルサポートに連絡しました。シミのような汚れの大きさと位置について、拭き取ろうとしたかどうか、落下させてしまったかどうかなどについて尋ねられました。それぞれの質問に一つずつ答えた結果、iMac本体のみをサポートセンターに預けることになりました。電話受付から中二日を空ける規定があるようで、引き取りは金曜日夕方以降ということだったので、土曜の午前に宅配業者による引き取りを依頼しました。一週間から10日ほど要するとのことです。Appleの修理サービスを依頼するのは今回が二度目。前回は2008年11月のiMac 20″(Mid 2007)のガラスパネル内側の「曇り」とCPUファンが高回転する現象が発生した時に修理サービスを依頼。

このポストを書いている途中で、ディスプレイがスリープして黒くなった時に、液晶パネル内部のシミとは別にガラスパネル内側に「曇り」が発生しているのを確認。シミのことばかり注意していて、「曇り」を見過ごしていました。3年近くも経っているので、「曇り」の問題は解決済みだと思っていました。ガラスパネル内側の「曇り」はサクションカップを用いてガラスパネルを取り外せば自分で容易に拭き取ることができますが、修理サービスを依頼しているので、「曇り」の件も気付いて拭き取ってくれることを期待することにします。

iMac液晶ディスプレイに現れるシミのような汚れに関しては、Apple Support Communitiesにたくさん報告があります。27″モデルに限らず21.5″や24″モデルでも同様の現象が起こっているようです。また、ユーザーが喫煙者であるかどうかに関係なく発生し、時間の経過と共に症状が悪化することが共通点のように思います。現行の最新機種以外でも様々なモデルでこの問題が発生しているようであり、保証期間内のAppleの対策としては液晶パネル交換であることが多いように見受けられます。

Condensation Behind the iMac 27" Glass Panel

4月23日追記:本日、正午前に宅配業者(クロネコヤマト)が27″ iMacを回収。前回(2008年11月)とは異なり、エアバッグのようなもので固定するタイプの専用梱包材持参でした。繰り返し使える梱包材なので、無駄がなくて良いと思いました。上の画像がガラスパネル内側に付いた「曇り」(結露?)、左右上部に現れました。「曇り」はガラスを外せば簡単に拭き取ることができますが、あまりに酷い状態だったので記念に一枚。

  6 Responses to “Apple Pickup & Delivery Repair Service”

  1. 筆者 様

     写真でも分かる位に「煤けて」ますね。修理後は「再発」しない様になっていたら良いですね。

    Jim,

    • 画像がわかりにくいので、別の写真に変更し、Apertureで補正して汚れている部分が強調されるようにしました。ちょっとやりすぎで実際はここまで酷くはありません。

      液晶パネルが交換になったとしても、汚れの原因が外部から侵入するとすれば、同じ構造の液晶パネルなら再発するのではないかと危惧しています。保証期間が過ぎれば、汚れが目立てば自分で液晶パネルを取り出して、拭き取ろうと考えています。

  2. 筆者 様

     確かに。パネル交換後に再発する時は多分保証切れ期間でしょうから、その時は「自力」でお掃除するしかないですね。月並みですが、ディスクトップ本体とディスプレー合体型ですから、埃や汚れの侵入はある程度仕方が無い事で、ベッドルームなどに設置すれば、それだけで結構な藁埃を吸い込んでしまいますから。私もMacProは、3〜4ヶ月に一回程度、掃除機と歯ブラシを使って隅々の埃を吸い取っています。 勿論、デスプレー一体型ではないので、MacPro内部の埃掃除だけで済みます。結構溜まりますね。電子部品にとっては「大敵」な埃、こまめなお掃除が長持ちさせるこつかも知れません。あ、因みに、初代MacBook(ポリカーボネート版)の経験から、MacBook達も、半年に一回は、ボトム・ケースを取り外して、ファン廻りの埃を綺麗に掃除しています(MacBookでは、Fanの故障で嫌な思い出があるので)、埃はえてしてファンのベアリング部分に入り込みダメージを与えますので。

    Jim,

  3. 筆者 様

     iMac 27インチボディ「息」してますね。防水腕時計に曇りが入った感じですね。綺麗に修理され、二度と筆者様のお手を煩わさせない様になって帰ってくると良いですね。

     所で、余計な心配で恐縮ですが、この写真の背景に一眼レフのレンズらしきものが、棚に載った状態で数本写っていますが、他人事乍ら少し心配してしまいます。この様な状態でレンズを保管されておられるとしたら「埃」を気にしてしまいます。私の住んでいる国は、結構、湿度が高いので、レンズの「カビ」などの発生を恐れています。と言って、立派な防潮箱を持っておりませんので、ジプロックのファスナー付き袋にレンズを入れて空気を抜き、それをレンズケースに入れて保管しています。この方法、お安い方法ですが防潮効果は十分にあります。筆者様が、たまたま、谷に置いて於かれている折の状態でしたら、本当に筆者様に対して大きなお世話ですが、少し気になったので書かせて頂きました。

    Jim,

    • 「防水腕時計に曇りが入った感じ」正にそんな感じの曇り具合でした。その「曇り」がきれいに拭き取られ、液晶パネルも交換になりました。何とかこの状態を維持できれば良いなあと思います。

      棚に載っているのはレンズを装着したカメラと頻繁に使用する交換レンズです。使っているので、カビの心配はしていません。ホコリも頻繁に拭き取っています。滅多に使わないレンズとボディーは、以前、紹介しました湿度管理ができるプラスチック製のケース2個に収納してあります。お気遣い、ありがとうございます。

      Contax T2をカメラ店で買い取ってもらおうと見積していただいたことがあります。その時、レンズにカビが生えていて、査定不可となり、それ以来、専用のケースで保管することにしました。

      • 筆者様

         成る程!祖そう言う事でしたか。失礼致しました。以前話題になった防潮箱、私未だ買っていません・・・と言うより在庫がない・・・。早くほしいものです。

        Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.