Jul 012017
 

IMG_2645

プロパンガスのボンベと給湯器などの火気との間は2メートル以上の距離を確保する必要があるそうです。このログハウスに引っ越して来た時から給湯器との距離はずっと1メートルもないぐらい。2メートル以上の距離が確保できない場合は、金属製の遮蔽板を設置すれば良いとのこと。

契約しているLPガス屋さんが来られて、金属製の遮蔽板とボンベを載せるベースを設置。遮蔽板はログウォールにビスで固定されました。作業した人はDIYが趣味のようで、現在、ご自宅で露天風呂を製作しているとか。製作中の「パーゴラカーポート」を見て、テラスですか?と尋ねられました。いつも来られる人なので、「いいえ、カーポートです」と答えておきました。

契約者に設置費用の負担はないとのことでした。オール電化されないように日頃のサービスを充実させているのでしょうか。

Apr 032017
 

IMG_1894

今年の大雪で傾いた母屋北西側の短い雨樋を修復しました。すぐ近くに木製の小屋があり、二連梯子をかけることができないので、小屋の屋根上に登っての作業になりました。

北西側の屋根は経験が浅いと思われる板金職人さんが施工したためか、ガルバリウム製雨樋も施工時から少し傾いていました。それが雪の重みで大きく傾いてしまいました。この傾きを元通りにすると、縦樋へと繋がる接続部の重なりが短くなったので、防水アルミテープ(ブチル)で補修しました。

作業の難易度:5段階で1

Jan 262017
 

IMG_1663

再び傾いた薪ストーブ用煙突の修理を工務店に再度、依頼しました。今回は針金の一部が完全に切れています。幸いにも煙突パイプの凹みは限定的であり、補修すれば再利用できるとのことです。

IMG_1670

工務店は母屋購入時に仲介した不動産会社担当者に紹介していただきました。親しくしているその担当者の後輩のお父さんが経営する工務店であり、在来工法を得意としておられます。今回の積雪による雪害は各所で多発しているようで、不動産会社事務所の庇も被害を受けたそうです。

その工務店に所属する大工さんが、私と同じように車好きで、作業しながら会話の内容は車の話が中心。デザインの好みも似ています。

IMG_1666

切れてしまった針金はより太いものに交換し、今回はフラッシングにビス留めしてもらいました。例年の積雪ならこれで大丈夫だろうと思われるほど、頑丈になりました。

Jan 252017
 

IMG_1662

先週、修復してもらったばかりの煙突が、さらなる大雪の影響を受け、また傾いてしまいました。ドーマー屋根に積もった雪が徐々に滑り落ちて煙突を直撃するという根本的な原因を解決できていないので、記録的な大雪が降れば、雪害の影響を受けます。

IMG_1661

国道は立ち往生する車があり、何時間も前から動かない状態です。四半世紀に一度の大雪に耐えれるように、屋根と煙突の構造及び設置方法を豪雪地域に対応した仕様にするか、雪害を受ければその都度修復するか、いずれかの選択になりますが、私なら後者を選びます。

Broken Chimney Pipe — Part 4へと続く。
Broken Chimney Pipe — Part 2に戻る。

Jan 232017
 

IMG_1650

2001年の初夏に当地に引っ越して来て以来、これだけの積雪は初めてかもしれません。アスファルトシングルを葺いたガレージはガンブレル屋根の上に雪がとどまっていますが、ガルバリウム鋼板の母屋は雪が滑り落ちています。

IMG_1652

確実に膝上まで積もっているので歩行も困難な状態です。

Jan 182017
 

IMG_1641

雪が融けたら自分で屋根上に登って、破損した煙突を修理しようと考えていましたが、素人による高所での作業は危険極まりないということで、屋根葺き替え工事を依頼した工務店の大工さんを指名して来ていただくことになりました。

IMG_1642

作業中の職人さんを見学していて気づきました。プロと素人の大きな違いは身のこなし方とその場で状況に応じて機転を利かせることができるかどうかではないかと思います。高所で作業される大工さんは危なかしいところが何一つないので、下から見ていて安心できます。来ていただいた大工さんは、薪ストーブの煙突を修復するのは初めてだと思いますが、破損状態を確認し、破損した原因を瞬時に察すると、これまでの3点固定ではなく、4点固定にしようと計画されました。ステンレスのワイヤーとワイヤーを母屋に固定する金具、コーキング剤を調達してくると言って現場から離れました。お昼の休憩も兼ねておられます。

IMG_1643

凹んだパーツは修復不可能なので、屋根上の煙突パーツは一つだけ使用することにしました。屋根上の高さがこれまでの半分になりますが、元々必要以上に高いと思っていたので、半分の高さになっても問題はないでしょう。仮置きの状態なので、煙突は少し傾いています。

IMG_1644

ワイヤーはレインキャップの部分で張り具合を調整し、水準器を使用しながら煙突が垂直に立つように確認されていました。スカートのような形状のストームカラー(Storm Collar)は、凹んだパーツから取り外して再利用しました。そのストームカラーとフラッシングの部分にコーキング剤を打ち、作業完了。

最後に薪を焚いて試験運転しました。断熱材がないレインキャップの部分は高温になりますが、煙突の屋根上部分は素手で触れても熱くはないそうです。レインキャップ下の部分は網状になっていますが、長年、熱と風雨にさらされた結果、腐食して穴が空いていました。穴から小鳥が侵入しないよう、余った針金でぐるぐる巻いてもらいました。

Broken Chimney Pipe — Part 3へと続く。
Broken Chimney Pipe — Part 1
に戻る。

Jan 172017
 

IMG_1634

この週末に積もった大雪の影響で、薪ストーブの煙突が屋根上で破損しました。煙突はレインキャップに結んだワイヤー(ステンレスの針金)を3点で固定していましたが、そのうちの1本が屋根上を滑り落ちる雪の重みで外れ、フラッシングから上の部分が倒れました。

IMG_0190

煙突が破損した時、薪ストーブを使用中でした。2階の屋根から落下したと思われる雪の塊が煙突を直撃したのでしょう。大きな音と共に煙突の屋内部分が大きく揺れました。

IMG_1638

破損した煙突のパイプ部分を降ろしてみると、パイプは全く同じサイズと構造の二つのパーツからできていることがわかりました。下の方にあったパイプは直撃した雪の重みで大きく変形しています。煙突は二重構造であり、重量のある断熱材が詰まっているのか非常に重い。1本で10キロ近くはありそうです。

IMG_1637

凹んだパイプを元に戻すことは不可能かもしれません。

Broken Chimney Pipe — Part 2へと続く。

Sep 082016
 

IMG_0577

2年前から気になっていた浴室窓の屋外側トリムボードを交換しました。この傷に気付いたのは屋根の葺き替え工事の時。恐らく、板金屋さんが足場を移動させようとした時にできた傷だと思われます。

IMG_0578

傷が付いたトリムボードを取り外しました。トリムボードは頭が小さい5本の釘で窓のフレーム部分に固定してありました。トリムボードが外れると、網戸も同時に外れました。つまり、トリムボードは網戸の枠としても機能しているということです。

セトリングを考慮して、ログではなく、フレームに固定することで、トリムボードが窓といっしょに下がるような仕組みです。フレームとログの間に隙間があり、いろいろな虫が侵入しようとした痕跡がありました。

IMG_0579

そうした痕跡を取り除き、隙間には断熱材を詰めました。セントラルエアコンのダクト撤去時に出たWRCの廃材を使って、同じ大きさと形状のトリムボードを製作し、頭が小さい釘5本を再利用して元の位置に固定しました。WRC材は板の厚みが同じでした。

次回は窓上のトリムボードも取り外してみよう。恐らく、セトリングスペースが残っていると思います。

作業の難易度:5段階で2

Sep 032016
 

IMG_0570

AC100VコンパクトLEDセンサーライトを母屋東側に取り付けました。これまで使用していたハロゲン電球のセンサーライトは、取り付け位置を変更してポーチ南側階段を照らすようにし、新たに取り付けたLEDセンサーライトは出入り口ドアとポーチ北側階段を照らすようにします。

消費電力は約2.6W(待機時約0.5W)で白色4WのLED1灯ですが、明るさは約145ルーメンと、適度に明るい。AC100V電源なので、電池交換の必要がありません。

IMG_0571

こちらは取り付け位置を変更したハロゲン電球のセンサーライト。ハロゲンなので、かなり明るいです。できるだけ遠くを照らすように向きを調整しました。

Sep 012016
 

IMG_0553

これ以上、酷くならないようにトタンを巻いて保護した母屋北西側のノッチ部分を金属面にも使用できる塗料で塗装しました。

IMG_0554

隙間に断熱材廃材を埋めてからシーリング材でコーキング。

IMG_0561

ガルバリウムの雨樋を養生してから、トタンを塗装しました。

IMG_0565

決して根本的な解決にはなっていませんが、北西側ノッチ部分の腐朽がこれ以上、進行しないことを願います。

作業の難易度:5段階で2

Part 1に戻る。