May 122018
 

IMG_4554

治ったと思っていたシャワールームの換気扇から再び大きな振動音が… 換気扇本体を留める2本のビスを外してみました。このビスの取り付け位置が正常ではないような気がします。恐らく、施工ミスです。

IMG_4574

ないだろうと安易に考えていたホコリがシロッコファンの部分にたっぷり付着していました。

IMG_4586

ファンとモーターはホコリまみれ。これだけのホコリが羽根の部分に堆積するとモーターにも負荷がかかるはず。湿ったホコリはダクト内側にも付着していました。

IMG_4574

ホコリは綺麗に取り除きました。ビスが貫通するようになったので、ワッシャーを取り付けました。

IMG_4574

カバーを元通りにして換気扇のスイッチをオン。ファンが回転しているのかどうかわからないほど、静かになりました。大きな振動音の原因は緩んだビスではなく、17年間に堆積した大量のホコリでした。

シャワールーム換気扇修理作業の難易度:5段階で2

Fixing A Shower Stall Fan — Part 1に戻る。

May 102018
 

IMG_4554

浴室内に設置してあるシャワールームの換気扇から通常よりも大きな振動音が聞こえるようになったので修理しました。

IMG_4554

カバーを取り外すとビス2本が緩んでました。大きな振動音を発する原因は羽根の部分に堆積したホコリだろうと考えましたが、シャワールームにホコリはほとんどないので羽の部分にもホコリは付着していません。緩んだビス2本を#2のプラスドライバーで増し締めすると大きな振動音はなくなりました。

Fixing A Shower Stall Fan — Part 2へと続く。

May 022018
 

IMG_4501

母屋のポーチに取り付けていたハロゲンセンサーライトのレンズが破損したので、カーポートに取り付けたものと同じセンサーライトをもう一つ買って来てノッチの部分に取り付けました。付属する電源コードの長さが1.5メートルなので、防雨型コンセントからできるだけ離して高い位置に取り付けました。

地面からの高さがおよそ2.8メートルとなり、センサーの向きをうまく調整しないと、道路を通行中の自動車や人に反応して点灯する可能性があります。

IMG_4501

LEDのセンサーライトは入口ドアのトリムボードに移設し、ドアの鍵穴を照らすようにしました。

Rainproof 150W Halogen Sensor Light (HA-150KO) — Part 1に戻る。

Feb 062018
 

IMG_3818

先月の大雪被害は新設した木製カーポートではなく、母屋に集中しました。南西側大屋根から隣接するカーポート屋根上に徐々に落下した雪の重みでガルバリウム鋼板製の雨樋が大きく歪んでしまいました。ここまで歪んだ軒樋は修復不可能なので、取り外して軒樋なしにするか、新しいものと交換するほかありません。

IMG_3729

押し潰されるようにして歪んでしまった原因の一つは、母屋の大屋根に降り積もった雪がカーポート屋根上の雪に繋がった状態を放置したことだと思います。屋根上の雪を除雪して繋がらないようにすべきかどうか迷いました。母屋の屋根とカーポート屋根との間に空間を開けると、大きくて重い雪の塊が一気に滑り落ちてカーポートの屋根を直撃して破壊するのではないかと考えた結果、敢えて繋がった状態にしておいたのが裏目に出たようです。

IMG_3818

歪んだ軒樋を固定する金具の取り付け状態を確認しました。金具は鼻隠しに取り付けてありますが、取り付け間隔(個数)と位置に問題がありそうに思います。軒樋材質の強度にも問題がありそうです。しかしながら、数十年に一度の大雪を想定して施工した樋ではないでしょうから、致し方ないのかもしれません。

Snow Load Damage — Part 4へと続く。
Snow Load Damage — Part 2に戻る。

Feb 052018
 

IMG_3824

屋根上に積もった雪が融けて軒下に落下したので、傾いた煙突を自分で元に戻すことにしました。下から見る限り、フラッシングを含む煙突パーツ自体に損傷はなさそうであり、雪の重みで切れた針金を交換すれば元通りに真っ直ぐになりそうです。笠の部分から四方に、二重にした太めの針金が、母屋の壁面に取り付けられた金具に固定されています。今回の大雪で切れた針金は破風に固定してあった左下のもの。

IMG_3842

二連梯子の先端を破風に掛けて、破風の上の方に新たな金具を取り付けました。この部分のみ、金具ではなく釘に針金が固定してありました。

IMG_3842

左が雪の重みで切れた針金を固定する釘。右が新たに取り付けたU字型のステンレス製金具。金具の名称はステンアイストラップ8mm。同じような量と質の雪が降れば、また切れること間違いないので、この部分は針金ではなく、2ミリのワイヤーロープを使って固定することにしました。1メートル単価、¥198もしますが、同じ径の針金と比べるとずっと丈夫そうです。但し、針金とは異なり、末端処理が難しい。私はシルバーロックと呼ばれるアルミ製のスリーブにワイヤーロープを通して、プライヤーで圧着しました。それでもワイヤーが抜ける恐れがあるので、ワイヤーの上に短い針金を巻いて固定しました。

IMG_3842

お隣さんに助けてもらいながら長い方の二連梯子を屋根上に渡しました。どちらかと言えば慣れている方ですが、しっかりとした足場や命綱なしで、勾配およそ40ºの滑りやすいガルバリウム鋼板の屋根に登るのは危険極まりない。煙突はフラッシング内側に載せてあるだけなので、煙突を掴んで身体を支えることはできません。ワイヤーロープを笠の穴とシルバーロックに通してプライヤーでかしめるには両手が必要なので、不安定な体勢で作業しなければなりません。

IMG_3842

傾いていた煙突を元通りにほぼ真っ直ぐに立てることができました。これでまた薪ストーブが使えるようになります。

IMG_3860

今週も記録的な寒波の影響で、積雪が予報されているので、長い方の二連梯子はしばらく屋根上に置いておくことにしました。

作業の恐怖度:5段階で5

Snow Load Damage — Part 3へと進む。
Snow Load Damage — Part 1に戻る。

Jan 302018
 

IMG_3786

1月24日夜から降り続いた大雪による被害は木製カーポートではなく、母屋に集中しました。数十年ぶりとも言われた去年の大雪で、薪ストーブ真上にある煙突が倒れて破損しました。屋根上で継いだ2本のうち、1本が修復不可能な状態で破損したので、短くした煙突を立て直して元通りにワイヤーで補強しました。

IMG_3786

その煙突が今回の大雪でまた傾きました。破損していれば修復不可能なので、新たな煙突パーツを入手しなければなりません。煙突が積雪に弱くなった主な原因は4年前に母屋の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えたことです。アスファルトシングルの時は表面がザラザラしていて、降り積もった雪の大部分は屋根上で融けていました。ガルバリウム鋼板の屋根は滑りやすく、二階ドーマー部分の屋根から徐々に落下する雪が煙突を支えるワイヤーを引っ張り、結果として煙突を傾け、雪の重さによっては煙突を破壊するようになりました。

煙突が屋根上のもっと高い、棟に近い位置にあれば、雪による被害はなかったかもしれません。構造的な問題でもあるということでしょうか。煙突が傾いているだけで、破損していなければ、切れたワイヤーを張り直して元通りに垂直に立てれば一時的な修復は可能です。しかし、それでは積雪時に再発する可能性が高いので、雪割りを設置するとか何か抜本的な解決策を講ずる必要がありそうです。

Snow Load Damage — Part 2へと続く。

Nov 232017
 

PB225460

東側の斜めの材を2本、固定しました。

PB225460

薄い板でテンプレートを製作しながらの作業となったので、斜めの材2本を完成させるのに半日は要しています。

IMG_3494

南側手摺が若干ぐらつくので母屋トリムボードに補強用の短い筋交いを渡し、ステンレスビス2本で固定しました。

IMG_3494

北側は柱をトリムボードに固定しているので、補強用の筋交いは不要ですが、デザインを統一させるためにこちら側にもヒノキの角材を取り付けました。これでかなり頑丈になりました。

IMG_3494

最後に可動式の物干し竿となる角材を設置してベランダ改修作業を完了しました。

IMG_3494

ブンブンさんも塗料の空き缶をiPhone SEで写真撮影されています。再塗装はご自分でされる予定です。

手摺とフェンスを取り付ける作業の難易度:5段階で4

Rebuilding Another Balcony — Part 23へと続く。
Rebuilding Another Balcony — Part 21に戻る。

Nov 212017
 

IMG_3474

筋交い及びフェンスとして機能する斜めの材を先ず、南側に取り付けました。この部分を隙間なく仕上げるには加工精度が最も重要になります。105ミリの角材は卓上スライド丸鋸で一回では切断できないので、裏返して二回に分けて切断しました。

PB225460

太くて重い斜めの材は採寸が難しいので、薄い板でテンプレート(雛形)を先に製作しています。重い木材を片手で持って、もう一方の手で墨線を引くことは不可能ではありませんが、落下させると駐車中の車を直撃する恐れがあります。

PB225460

斜めの材は短すぎると隙間ができてしまうので、テンプレートを使ったとしても長めに加工して、少しずつミリ単位で調整しながらぴったりサイズに仕上げる必要があります。そのため、卓上スライド丸鋸がある自宅ガレージと車で1分の施工現場との間を何度も往復しなければなりません。完成まであと一歩。

Rebuilding Another Balcony — Part 22へと続く。
Rebuilding Another Balcony — Part 20に戻る。

Nov 202017
 

IMG_3474

短すぎて取り外した、手摺を支える外側中央の柱を母屋に接する北側に持って来ると高さがぴったりだったので、廃材とはせずに別のパーツとして再利用することにしました。この柱は屋根裏部屋窓のトリムボードにL字形のシンプソン金具で固定。

IMG_3474

手摺と柱はほぞ組み。下の桟は柱に刻んだ切り欠き部分に75ミリのステンレスビスで固定しました。改修前と比べると母屋破風板との隙間が大きくなり、風通しと日当たりが改善されましたが、それでも金槌を入れるスペースがなかったので、下の桟を外側の柱切り欠きに入れてから母屋トリムボードに接する柱を内側から叩き入れました。手摺と北側柱とは排水を考慮して、ほぞ組みせずに敢えて金具で留めています。木製ベランダが腐朽する最大の原因は上を向いた柱木口に水が溜まることです。

IMG_3474

エアコンの配管と干渉する南側は柱を自立式にしました。下の桟と手摺の取り付け方は北側と同じ。北側と比べると、窓トリムボードに固定していない南側は若干のぐらつきがあります。筋交いとして機能する斜めの材を入れてもぐらつくようであれば補強方法を考えます。

IMG_3474

斜めの材を4本入れるとベランダ改修工事が終了します。再生した床材を張るまでの作業(改修前のベランダを辛うじて支えていた丸太3本を切断し、その切断面に切り欠きを入れて、梁となる90ミリ角の杉材を継ぎ、2×6の根太2枚で補強し、合計4本の柱をウッドデッキ床の上に立てて、さらに方杖で柱を補強。ウッドデッキ床下には3本の短い束柱を大引の上に固定し、下に大引がない4本目の柱はデッキ床下に大きな束石を設置して長めの束柱で支える)に要した時間が占める割合が7〜8割ほどになりました。地上およそ4メートルの高所での作業となりました。

屋根上に短い脚を取り付けてその上に設置するベランダならもっと短期間で施工できますが、地面に近い部分から自立する柱を立てるとなるとやはり、難易度がずっと上がり、施工期間も長くなってしまいます。

Rebuilding Another Balcony — Part 21へと続く。
Rebuilding Another Balcony — Part 19に戻る。

Nov 112017
 

IMG_3443

中央の柱を取り外し、自宅ガレージに持ち帰って、新材で刻み直しました。斜め打ちの長い釘4本を取り外すのに一苦労。刻み直しの作業に2、3時間要しました。修正した柱を取り付けてみると今度は南側の柱と手摺の間に以前にはなかった隙間が2ミリほどありますが…

原因は製作し直した中央の柱が高すぎるためですが、これは許容範囲内とします。東西方向の手摺を取り付けるとこの隙間は隠れます。

IMG_3449

北側(ログウォールに接する内側)の柱と横材を取り付けようとしていた時のことです。所有者のブンブンさんが足に怪我?を負われていて自力で病院には行けないほどの痛みがあることがわかりました。車で外出中に突然の激痛を感じたそうです。歩行困難な状態ではオートマチック車であったとしても、車の運転は無理。この日の作業を切り上げて、ブンブンさんを病院にお連れすることになりました。

診察と治療の結果、痛みの原因は捻挫の可能性が高いそうです。突然の疾患の可能性も否定できないそうで、暫く様子を見る必要があるそうです。

Rebuilding Another Balcony — Part 20へと続く。
Rebuilding Another Balcony — Part 18に戻る。