Jun 252019
 

本日、容量6.45GBのmacOS Catalina 10.15 Public Beta 1 (19A487m) がApple Beta Software Program参加者に公開されたので、MacBook (Early 2016) にインストールしました。

開発途中であるPublic Betaのバグと思われる不具合を気付き次第、下に列記します。

  • 新機能の”Sidecar”でiPad mini 4を無線接続できない。(有線接続は可能)
  • App StoreでMactracker、Numbers、Pagesがアップデートできない。
  • PhotosのMy Photo Streamが機能しない。
  • Microsoft® Word for Mac Version 16.16.11が予期せず終了することがある。
Jun 212019
 

昨日、Time Capsule 2009がオレンジ点灯後、緑に戻りましたが、その原因は802.11n対応のAirPort (AirMac) ベースステーション、ファームウェアのアップデートだったようです。本日、AirPort Utilityを立ち上げて、AirPort Express 2012とTime Capsule 2009のファームウェアを7.8.1に更新しました。アップデートの内容はセキュリティー機能を向上させるものだそうです。

Jun 042019
 

今回のWWDCで、「この発想は予想できなかった」と思ったのは、iOSから分離させ、macOSに接近するiPadOSの登場です。次期macOSであるCatalinaではiPadがMacの外部ディスプレイとして機能するSidecarを搭載するそうです。但し、Sidecarを公式にサポートするMacは現時点では以下のように限定的。しかし、正式にmacOS Catalinaが公開される秋にはSidecarと互換性があるリストは拡大される可能性があります。

  • 27″ iMac (Late 2015以降)
  • iMac Pro
  • MacBook Pro (2016以降)
  • MacBook Air (2018)
  • 12″ MacBook (early 2016以降)
  • Mac mini (2018)
  • Mac Pro (2019)

Sidecarを使えば、Touch Barの機能がMacに追加されるそうですが、この機能はサードパーティーの製品、Duet Displayですでに実現されています。

新たに導入されるiPadOSに加えてiOSでも、あり得ないと思っていた、マウスサポートが噂ではなくなるようです。但し、この新たに追加される機能は初期設定ではオフになっており、Settings > Accessibilityから設定する必要があるようです。