Sep 162014
 

DSC01902

シンガポールGP公式サイトで、Zone 1に入れるチケットを所持している人を対象に新たなコンテストを実施中です。こちらのページから14桁の観戦チケット取引番号を入力してコンテストに応募すれば、Zone 2にあるシンガポールフライヤーの無料搭乗券が当たるかもしれません。700枚の搭乗券が当たるそうです。今年はグランプリ開催期間中もシンガポールフライヤーは有料です。

Zone 1に入れないチケット所持者である我々は、このコンテストに応募することはできません。プレミアウォークアバウトなど、Zone 1のチケットを所持している人は、応募してみてください。コンテストの応募締切は明日、現地時刻9月17日の「12pm」になっています。「12pm」が17日の正午なのか、夜中の午前零時なのか、よくわからないので、16日中に応募しておいた方が無難です。

Aug 212014
 

DSC_0129

シンガポールGP公式サイトのFAQによると、今年はZone 1のチケット(プレミアウォークアバウトを含む)所持者はこれまでのように、シンガポールGP開催期間中に無料でシンガポールフライヤーに搭乗できる乗り放題の特権がないそうです。その代わりに搭乗チケットが1割引になるそうですが、9月12日から9月21日までの間は(Zone 1チケット所持者ではない場合は、厳密には9月12日から9月18日)すべての人を対象に搭乗チケットが1割引になるようです。

グランプリの開催まで1ヶ月を切りましたが、今年はどのカテゴリーの観戦チケットも売り切れておらず、この調子だと開催当日までに完売になりそうにないと思われます。他のグランプリでもチケットの売れ行きが芳しくないようですが、人気のあるシンガポールGPも冠スポンサーがSingtelからSingapore Airlinesに変更になったことが影響しているのか、チケットの売れ行きは好調とは言えないようです。

Zone 1のピットストレート最終コーナー寄りに設けられるFan Standにチケットがアップグレードされるフォトコンテスト開催の発表はまだのようです。サーキットパークの地図を見ると、Fan Standがあるので、今年もコンテストが開催されるとは思うのですが。ピットグランドスタンドにアップグレードされる(一組のみ)別のコンテストの応募資格が8月22日までに観戦チケットを購入した人ということなので、このコンテストが終了した時点でフォトコンテストの開催が発表されるのかもしれません。私はすでに応募する写真を用意しています。一昨年は当選して去年は落選したので、今年はこれまでとは違うメールアドレスで応募しようと企んでいます。(同じ人を当選させないようにメールアドレスで応募者の選別をしているに違いないと私は考えています。)

Sep 232012
 

日曜日のセットはこちら

10月1日追記:

DSC02040

2番ゲートに並ぶマーシャル達。日曜の昼過ぎにホテルの部屋から撮影。

DSC02047

この先を進み、右に曲がると8番ゲートがあります。確か、金曜日は私が立っている辺りに木製のベンチがいくつか置いてありました。ファンが殺到した時に「この先8番ゲート」を表示する立て看板の一つが倒れるなどしたので、ベンチは撤去されたのかもしれません。開場時刻まで時間があるので、この先を左に曲がり、昼食を兼ねてミレニアウォーク、Conradホテルの方に散策することにしました。

DSC02051

新たに見つけたApple Premium ResellerのInfinite。iPhone 5は金曜の発売日に売り切れてから、入荷はないそうです。シンガポールで販売されるiPhoneはすべてSIMアンロック版ですが、日本でもテザリングが解禁となった今では、頻繁に海外に行く人以外はアンロック版を購入するメリットはほとんどなくなったように感じます。

DSCN7131

McLarenの定宿になっているConrad。このホテルに宿泊するチームスタッフやドライバーも8番ゲートを利用するそうです。

DSC02054

シンガポールGP冠スポンサー、SingTelの公衆電話。

DSCN7135

午後3時前に入場。Ferrari Challengeのレース観戦だけが目的なので、カメラバッグなしで身軽な出で立ちでサーキットパークに入りました。

DSC_0015

East Coast Parkway高架下で流し撮り。日陰の部分と日光の当たる部分両方がフレーム内に入るように意図しています。フェラーリ独特の甲高いエンジン音を響かせていますが、GP2やF1と比べると低速なので流し撮りはそれほど難しくありません。

DSCN7164

乗り放題のシンガポールフライヤーから同行者が撮影したFan Standの全景。我々の席は最も最終コーナーに近い右端の中段。後方にあるテントはスタッフ休憩所。ここで金曜に雨宿りさせていただき、手厚いもてなしを受けました。

DSC_0101

セーフティーカーが先導していたので渋滞しています。

DSCN7200

5時過ぎから始まる2回目のレースを前に待機中のGP2のマシン。

DSCN7202

未来のF1ドライバーでしょうか。リアタイアに座ってレースを待つLotus GPのメキシコ人ドライバー、Esteban Guitiérrez。シンガポールが最終戦となった2012年度GP2シリーズでは年間第3位でした。

DSC_0115

動画も撮影しましたので編集でき次第、アップロードします。

DSCN7241

一旦、ホテルに戻ってドライバーズパレードまで昼寝しようと思っていたら、F1ドライバー達の出勤時刻と重なりました。ファンにサインしているのはToro Rossoのオーストラリア人ドライバー、Daniel Ricciardo。

DSCN7244

MarussiaのTimo Glockは手ぶらです。

DSC_0125

この後ろ姿はF1界のSteve Jobsとも言われるRed Bull Racingのチーフ・テクニカル・オフィサー、Adrian Newey。同行者はサインをしてもらいました。

DSC_0128

ファンにサインをする小林可夢偉。可夢偉の横にいるのはFuji Nextで主にP2で現地解説している船田力氏。

DSC_0135

WilliamsのBruno Senna。

DSC_0141

Pastor Maldonadoのガールフレンド。

DSC_0154

Marussiaのフランス人ドライバー、Charles Pic。

DSCN7257

唯一のインド人ドライバー、HRTのNarain Karthikeyan。

DSC_0142

グリッドガールも列をなして移動中。

DSC_0170

ホテルの部屋からT5がよく見えています。

Sep 072012
 

シンガポールGPサーキットトラックのFIA公式スケジュールが公開されています。F1の土曜のスケジュールが去年とは異なり、P3が18:00~19:00(去年は19:00~20:00)、予選が21:00~22:00(去年は22:00~23:00)となっています。金曜のP1とP2はこれまでと同じ時刻に開始。去年まではカメラマンにとっては、P1だけがISO感度を大幅に上げなくても撮影可能でしたが、今年はP3も条件が悪くありません。

サポートレースのGP2とFerrari Challengeが今年から登場。そのためか、金曜から日曜の3日間でサーキットトラックが動き出す時刻が去年よりも早くなり14:45です。3日間ともに官能的なフェラーリサウンドで始まるようです。

毎年、今頃になると木曜に搭乗するシンガポールフライヤーの予約をオンラインで済ませるのですが、今年はありがたくもシンガポールフライヤーが金曜から日曜まで乗り放題の観戦チケットにアップグレードされたので、代わりに早めに予約してお得なものは…と探していたらありました。それが表題の”Countdown To The Night Race” 9月17日(月)〜9月22日(土)までThe Ritz-Carlton, Millenia Singapore内にあるGREENHOUSEのビュッフェ式のランチ、”Decadent Buffet”を5日以上前に予約したら50%OFFになるそうです。ディナーは17日(月)から23日(日)まで。ランチS$65.00がS$32.50になります。予約はホテルのサイトで可能。金曜か土曜のランチを予約しておこうかと考えていますが、世界から集まるセレブなお方とご一緒することになるかもしれないと思うと、緊張のあまり、美味しく食べられないかもしれません。

プールサイドで開催されるPodium Loungeも早めに予約すれば少しお得になるようですが、私には勇気がありません。

9月8日追記)GREENHOUSEでのランチ、”Formula One Lunch Buffet”の予約が取れたことを確認するメールが、およそ一日が経過してからRitz-Carltonから届きました。50%割引がビュッフェ式ランチにのみ適用されることが書いてあります。予約した時刻に15分以上遅刻すると、確保したテーブルは無効になること、服装規定があることも注記として書いてあります。

Aug 032011
 

Marina Bay Sands

今年は水曜の夜にMarina Bay Sandsの屋上にある、不自然な船の形をしたSands SkyParkに登ってみようかと検討中。調べてみると展望台利用料は大人S$20.00(¥1,280ぐらい)です。プールの利用は宿泊客のみに限定されるそうです。ライトアップされたサーキットの写真を撮影したいと考えているのですが、展望台には三脚などのプロ用撮影機材?を持ち込むことができないと書いてあります。手持ちで夜景の撮影は難しいので、手摺など、カメラを設置させる場所があれば良いのですが。展望台のチケットはオンラインで予約購入できるようです。シンガポールGP開催期間中は混雑するかもしれません。

木曜は例年の如く、Singapore Flyerに搭乗しようかと考えています。8月に入り、(9月23日〜25日を除く)9月末までの搭乗チケットが予約購入できるようになりました。シンガポールGP開催期間中である9月23日(金)〜9月25日(日)はPremier Walkaboutを含むZone 1のチケット所持者は今年も無料です。過去3年と同じような状況だとすれば、木曜は空いているでしょうから、チケットを予約購入する必要はないと思います。(但し、オンラインで予約購入した場合、チケット料金は10%割引きになるので搭乗することを決めている人はお得。)

宅配便を指定した人にシンガポールGPのチケットが届いているようです。今年もネックストラップ付きの豪華なプラスチックカード。こちらの方のブログでわかりました。我々は今年も現地受け取りを指定したので、シンガポールに到着する9月21日(水)までチケットを手にすることはできません。

Sep 242008
 

F1開催期間中にシンガポールフライヤーの予約がオンラインでできるという噂を某掲示板で知り、早速、我々も予約しました。土曜日の午後です。サーキットパーク内にシンガポールフライヤーはありますから、入場するにはF1観戦チケットが必要です。ピットに比較的近いので観覧車から様子が見えるかもしれません。