Aug 302018
 

私が確認している限りでは8月29日午前からiCloudのメールがmineo通信網で送信できていない深刻な状況が続きました。当初、特定の@mac.comのアカウントからmineo 4Gで送信できないことに気付いたので、その原因は@mac.comのドメインにあると疑いました。過去にも特定の@mac.comで通信できない問題が発生したので、てっきり再発したのかと思いました。

今回はWi-Fi環境下では送信できて、mineo 4Gネットワーク使用時のみ、送信済みフォルダーには入っても、実際にメールが届かないという、厄介な問題です。別の@mac.comからもmineo 4Gで送信を試みたらやはり相手に届かないことがわかり、この問題が特定の@mac.comで発生しているわけではないことがわかりました。@icloud.comや@me.comでも送信できないことが判明しました。

マイネ王Q&A(王国教室)を確認すると、「mineo通信網でiCloudメールを送信できない」のタイトルが付いたスレッドがありました。多くのiPhoneユーザーが同様の障害について報告されていました。メール本文に”mineo.jp”の文字列があるだけで、Wi-Fi環境下でもメールが送信されないという不思議な状況を報告する人もいました。

私がこの問題を確認してからおよそ一日半ほど経過した、8月30日の午後6時過ぎごろになってようやく、iCloudアカウントからメールを送信できるようになりました。mineoからは何の発表もありません。mineoサポートに連絡しても、折り返し、詳しい者から連絡しますと言ったきり。この通信障害は復旧しましたが、メールが送信できなかった間に送れなかったメールは行方不明のまま。問題の原因がApple iCloudにあるのか、mineo通信網にあるのか、不明ではありますが、このような状況を一日半も放置し、何の説明もしないmineoは安心して使えないということになります。

9月1日追記:mineoサポートの詳しい人から「折り返しの」連絡がありました。iCloudアカウントからメールが送信できなかった事象はApple iCloud側のセキュリティー設定が原因だったようです。現在では復旧しています。障害が発生した期間に送信できなかったメールは、送信済みフォルダーに入っていても、実際には送信できていないので、再度、送信してくださいとのことです。尚、今回の事象はmineoだけではなく、他の大手MVNO回線でも発生したそうです。

Apr 132018
 

IMG_4380

iOS用mineo Appが公開されていたのでiPhone 7にインストールしました。mineoスイッチも付いているので、機能が重複するmineo Switch Appは不要になります。

IMG_4380

パケットギフトを友人に贈ったり(8桁のギフトコードの生成)、

IMG_4380

逆にパケットギフトを受け取ることも可能。Home画面で「今月末失効パケット」が表示されるので、わかりやすくなりました。月末に友人と「月末失効パケット」をやり取りすれば、無期限にパケットを貯めることができます。「月末失効パケット」のやり取りをすっかり忘れていた私は先々月の月末に20GBぐらいのパケットが失効しました。マイネ王のおみくじで引いたパケットが貯まったので、現在は10GBほどのパケットを保有しています。

Oct 082017
 

国内通話料金が半額(10円/30秒)になる月額無料の「mineoでんわ」を契約中の2回線で遅ればせながら申し込みました。mineoマイページから「ご契約サービスの変更」> 「オプション変更」の「通話サービス」から「mineoでんわ」にチェック。

通話料金半額で発信するには専用の「mineoでんわ」Appが必要です。発信先がNTT固定電話以外で発信元番号(iPhoneの電話番号)が通知されます。LaLa Callを契約している人は、基本料金が108円/月必要ですが、そちらの方が通話料金が安いようです。但し、LaLa CallはIP電話の馴染みがない番号が発信先に通知されるので、電話に出てもらえないこともあります。発信先によって使い分けるのが良いでしょう。

1回に付き10分以内の通話を毎月合計46分以上(LaLa Callの場合は携帯電話に58分以上)利用する人は、月額918円の「mineoでんわ10分かけ放題」を契約した方がお得になります。その場合はLaLa Callを解約しても良いかもしれません。

Jul 202017
 

MVNO(仮想移動体通信事業者)のmineoが、紹介した人も紹介された人もamazonギフト券が通常の2倍(2,000円分)貰える「いきなり2倍紹介キャンペーン」を再度、実施しています。キャンペーン期間は7月1日から8月31日までとなっています。私の紹介用URLはこちら

Apr 192017
 

9.7″ Retinaディスプレイ、64ビットA9チップ、8MPカメラとFaceTime HDカメラ、Touch ID指紋認証センサーを搭載する新しいiPadを、日頃何かとお世話になっているご近所のYさんがApple Premium Resellerのキットカットで購入されました。

今年2月にauからmineoに乗り換えると同時にSIMフリーのiPhone SEでスマホデビューを果たされた方です。再来月にご友人と共にイタリア旅行されるとかで、現地でタブレット端末の使用を希望されています。これまで使われていたタブレット端末は動作が非常に遅くてイライラするそうです。iPhone SEとそのAndroid端末でテザリング(インターネット共有)する方法もわからないし、できればイライラする端末や大きなラップトップは持って行きたくはないと思われていました。

そんな時にAppleから、税別¥37,800から購入できる新しいiPadを紹介する新製品案内メールを受信されたのではないかと思います。2ヶ月前のスマホデビュー以降、私が予想していたよりもずっと多くの機能をiPhone SEで使われています。デビュー時に私が設定支援させていただいた時にはなかったAppのアイコンが並んでおり、iOSの更新もご自分で難なくこなされていました。

また、イタリア旅行前に読んでおきたいガイドブックをKindle Appで購入されており、そうした電子書籍を画面が大きなiPadで読みたいと思われていたそうです。

お連れした草津のキットカットでは店長さんにApple ID、iCloudアカウント、テザリング初期設定などをしていただきました。持参されたiPhone SEに曲がって貼られたガラス製保護フィルムの修正までしていただきました。

大津駅ビルのStarbucksに移動し、初期設定を終えたiPadをWi-Fi(at_STARBUCKS_Wi2)に接続して、iPhone SEにインストールされていた「購入済みApp」をすべてiPadにダウンロードしました。また、iPhone SEの電話番号を利用してiMessageの送受信がiPadでできるように設定しました。

普段はご自宅でノートパソコン代わりにiPadを使用されます。年に数回は行かれる旅行時はiPhone SEを親機として子機のiPadでインターネット共有される予定です。同じiCloud IDにログインしているので、Instant Hotspotの機能が利用できます。

iCloudのMy Photo Streamをオンにしておけば、例えばホテルなどの無料Wi-Fiサービスに両方の端末を接続すると、現地で撮影した写真が自動的に同期されるので、iPadのより大きなRetinaディスプレイで画像を閲覧することもできます。

イタリア旅行時に確実にiPhone SEで現地SIMが使えるようにし、帰国時に再び、mineo回線に接続するには一つ、大きな難関があります。わかりやすく、日本語で下にその手順を書いておきます。先月オープンしたばかりのファーストキャビン関西空港を前泊と後泊時に利用されるそうなので、設定はホテルのWi-Fiを利用して行えば確実です。

出国前に空港で実施すること

  1. 前泊するホテルで、出発前日にiPhone SEの設定 > Wi-FiからホテルのWi-Fiを選び、適宜、パスワードを入力して、Wi-Fiに接続する。(入力したパスワードが記憶されるので、後泊時に自動的にホテルのWi-Fiに接続される。)
  2. 空港の搭乗口で飛行機に搭乗する直前に設定 > 一般 > プロファイル >「 mineoドコモプラン」から赤字の「プロファイルを削除」をタップしてmineoのプロファイルを削除する。(この時点で国内では通信できなくなる。)

帰国時に後泊するホテルで実施すること(1と2は機内で実施することも可能)

  1. iPhone SEの電源を切る。
  2. SIMトレーから現地プリペイドSIMを取り出して、mineoのドコモnano SIMを挿入する。
  3. iPhone SEの電源を入れ、ホテルのWi-Fiに接続する。
  4. iPhone SEのmineo ecoスイッチAppを立ち上げる。
  5. 右下のメニューをタップして「プロファイル」を選び、「Dプラン」 > 青字の「インストール」を二回タップする。

4月20日追記:mineo docomoのプロファイル(mineo-d1.mobileconfig)をiCloud Driveに保存しておけば、帰国時にWi-Fi接続できない状態でも、プロファイルをインストールすることが可能であるとの情報を店長さんが提供してくださいました。(実際に可能かどうか検証中)

4月21日追記:iCloud Driveに保存したプロファイルを開いてもiPhoneにインストールできないことがわかりました。標準Mail Appに添付したプロファイルはタップすればインストール可能です。

Apr 042017
 

去年の6月1日〜12月26日まで実施されていたmineoの「なが〜いお付き合いキャンペーン」の特典の一つとして、SIMカードを交換される方は2,000円分のAmazonギフト券が貰えるということでした。このキャンペーンの対象者は、2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた方(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している方となっていました。

当キャンペーンの対象者である私は、別の特典である「エントリーコード2個プレゼント」が適用され、当時契約していた、データ通信のみの3回線で合計6個のエントリーコードを貰いました。

キャンペーン期間中である去年の10月と12月に新規で契約した二回線で、SIMカードを交換しました。キャンペーンの注意事項として、「Amazonギフト券(ギフト券番号)については、2016年10月から2016年12月末までのお申し込みの場合は2017年3月末までにお客さまの登録アドレス宛(@mineo.jp)に、メールにてお送りします。」とのことだったので、2,000円 x 2 で4,000円分のギフト券番号が送られて来るのを楽しみにしていました。

ところが、3月末を過ぎても一向にギフト券番号は@mineo.jpとeo IDの連絡先アドレスに送られて来ないので、こちらからサポートに連絡しました。電話に出た男性オペレーターは、去年のキャンペーンのことを熟知していない様子でした。調べた結果、私はキャンペーンの適用対象外なのでAmazonギフト券は貰えないということになりました。キャンペーン適用の条件はすべてクリアしているにも関わらずです。

また、去年10月にSIMカード交換を申し込んだ際に、キャンペーン対象者の定義が不明瞭な部分があったので、サポートに連絡して確実にキャンペーンが適用されるかどうかを確認しました。その時に対応した女性オペレーターは「2016年5月31日までにmineo通信サービスをお申し込みいただいた(すでにご利用中の方も対象)で、6月30日までにmineoコミュニティサイト「マイネ王」でeoID連携が完了している」の「」の部分を強調して、「回線」ではないので、5月31日以降、新たに契約する回線についても12月26日までにSIMカードを交換したら、Amazonギフト券2,000円分がもらえますとのことでした。

当時の経緯は当ブログにもその詳細を書いており、記事を読まれた人が私と同じように、SIMカードを交換されているかもしれません。これでは納得できない旨を伝えると、さらに詳しく調べてから連絡するということになりました。

翌日、別のオペレーターから連絡がありました。それはクレーム対応を専門にしている人に特徴的な非常に丁寧な口調で説明されました。別の特典であるエントリーコードを発行してもらっているということは、キャンペーン対象者である証拠となるはずです。しかし、5月31日以降に新たに申し込んだ回線については、SIMカード交換の特典であるAmazonギフト券番号は発行できないと説明されました。去年10月にサポートに連絡して、その件については確認が取れていることを再度、伝えました。その時に対応したオペレーターは女性であり、連絡したのは去年の10月27日前後であることを伝えると、履歴を調査しますので折り返し、連絡するということになりました。

しばらくしてから連絡がありました。10月に対応したオペレーターを特定できたそうですが、そのオペレーターが間違った案内をしてしまったとのことで、結局、Amazonギフト券番号は発行できないと丁寧に謝罪されました。

この問題点のそもそもの原因は、mineoサポート担当者を含めて読む人によって解釈が異なる適用条件の書き方にあると思います。このキャンペーンには三つの特典があり、それぞれで適用条件が異なります。それを一つの適用条件としてまとめようとしたことにより、複数の解釈ができるようになったのだと思われます。

去年の秋に支払った4,000円分の手数料を相殺するはずだったAmazonギフト券が貰えないのは残念ですが、それ以上に今回の件で、mineoのサポート体制に対する信頼が著しく低下して、自信を持って周りの人にmineoを勧められなくなったのが残念です。

Mar 012017
 

いよいよ本日より、株式会社ケイ・オプティコムがmineo通信(デュアルタイプ)サービス利用者に対し、「5分かけ放題サービス」の提供を開始しました。専用App(mineoでんわ)を利用して、または電話番号の頭に0063を付けて発信することで5分以内の国内電話がかけ放題になるとしています。mineoサービス利用中の人が「5分かけ放題サービス」を追加で申し込む場合は明日、3月2日よりの開始となります。月額料金は税込918円。

以下、注意事項をまとめておきます。

  • 一部のサービス(3桁特番、着信課金サービス、統一番号サービス、情報提供ダイヤル)への発信はできない。
  • NTT固定電話へは発信番号が表示されない。(国際回線網を使用するため?)(非通知ではなく通知不可能)
  • 1音声通話あたり5分以内の国内通話料金が無料。
  • 5分を超過した場合は30秒あたり10円(非課税)。
  • 国際ローミング時、通話先電話番号の前に0063を付加しての発信は利用不可。
  • G-Callと同時使用不可。

同じようなプレフィックス型通話サービスであるG-Callも0063を頭に付けて発信しますが、この0063はどの電気通信事業者が提供するサービスなのか調べてみると、何と「ソフトバンクの自動第三者課金サービス」になっています。

ケイ・オプティコムとソフトバンクは犬猿の仲と思っていましたが、こんなところで提携するとは…

私はこの「5分かけ放題サービス」のオプションを追加する予定はありません。相手がiOS端末であれば、FaceTime audio、お店などのNTT固定電話やAndroid端末であれば、LaLa Callを使用します。相手がAndroid端末でLaLa Callを利用していない場合には通話せずにMailかMessageで済ませます。

Feb 152017
 

予定通り、iPad mini 4 (16GB) で使用していたmineo-docomoシングルの回線契約を解約しました。解約はこちらのページから。これまでmineo回線は3回線契約しており、パケット容量はキャンペーン追加分を含めて合計で4.5GBでした。それが2GBになるのは心許ないので、iPhone SEで使用している回線の容量を1GBから3GBへ変更しました。それにより、デュアル2回線の契約で、シェアするパケット容量は合計で4GBになります。今後、2台のiPad mini 4はテザリングでの運用となります。

Feb 032017
 

親しくさせていただいているご近所のご夫婦にmineoを紹介しました。これまでお二人ともdocomoとauのガラケーを長期間、使用されていました。MNOからMVNOに移行すると同時に初めてスマホを利用されることになります。昨日、MNP予約番号を取得しました。eo光ネット利用者限定の800円 x 3ヶ月割引キャンペーンとmineo紹介キャンペーン、さらに新生活応援800円 x 3ヶ月割引キャンペーンを同時適用するため、電話(0120-988-486)での申し込みとなりました。

以前は申し込みページへのリンクを埋め込んだメールがすぐに届きましたが、今回は翌日の今日になってからメールがeo光ネットに登録しているアドレスに届きました。運転免許証をスキャンした画像ファイルのアップロードなど、mineoの申し込み手順をすべて済ませてから、オンラインのApple Storeから初めてのスマホとなるiPhone SEを2台、発注されました。iPhone SEのアクチベーション、初期設定も私が支援させていただく予定です。

帰り間際に一つわからないことがあるので教えてくださいと、質問されました。毎月、銀行口座から626円のインターネット接続料かプロバイダー料金か何かを引き落とされているのですが、これは一体何の料金でしょうかという質問です。7、8年前から毎月引き落とされているそうです。引き落としているのはどうやら「ヤフージャパン」のようです。

持参したMacBookをテザリングでインターネットに接続し、検索ワード「yahoo 626円」で調べてみると、その内訳が判明しました。Yahoo!プレミアム会員費月額410円とYahoo!メールウィルスチェックサービス月額216円で合計626円です。いつ頃からか忘れてしまうほど以前から、使ってもいないサービスの料金を支払われているようです。eo光ネットを契約する前にYahoo! BBを使用されていて、その時に意識することなく、いつの間にかこれら不要なサービスを申し込まれていたのだと思われます。Yahoo! BB解約時にこれら不要なサービスも解約したと思われていたのでしょう。これまで支払われた金額を合計すると少なくとも数万円になります。

Yahoo! Japanにログインし、これら二つの不要なサービスの利用を停止しました。それぞれのサービスを停止するのに「続ける」のボタンを10回ぐらいクリックして初めて利用停止となりました。

スマホ利用者の場合、MNOからMVNOに乗り換えれば毎月5千円ぐらいの節約になることもありますが、ガラケーを使用していた人がMVNOに乗り換えた場合の節約金額はそれほどでもありません。それよりもスマホを初めて利用することによる利便性の向上が見込めます。今回は、不要なサービスを見直したことによる二次的な節約効果も期待できます。

Feb 012017
 

eo光、mineo利用者も本日より、LaLa Call(050IP電話)の月額基本料108円が有料となりました。(無料通話108円分付き)同時に新規契約者は最大3ヶ月間月額基本料108円が0円となるお得なキャンペーンが始まりました。キャンペーン期間は本日2月1日より3月31日まで。

LaLa Callの通話料を以下にまとめておきます。

携帯電話への通話料:30秒8円
一般加入電話への通話料:3分8円
LaLa Call同士の通話料:無料
eo光電話及び無料提携050IP電話への通話料:無料

毎月、100円分(月額基本料相当)の無料通話でどのくらい通話できるのか、調べてみました。携帯電話へは最大6分、固定電話へは最大36分も月額基本料で無料通話できます。お店に毎月、36分も通話することはありませんが、無料であれば積極的にかけるかもしれません。