Apr 052019
 

先週、草津のエイスクエアで開催されたツールマスターズ工具市でLED投光器を入手しました。価格は税別で僅か900円の掘り出し物でした。

ところがこの投光器、電源入力スイッチが付属しないので、電源をオフにするときはコンセントを抜かなければなりません。屋外でも使用できる、IP65防水性能を実現するために、防雨プラグやシリコンパッキンが採用されています。その一環なのか、スイッチがない。

不便なので、防水性能を犠牲にして、ロータリー式の中間スイッチをコードに取り付けることにしました。

スイッチの取り付け方が間違っているのか、電源がオンにならない。投光器本体のカバーを開けて、電線と基板を確認すると、黒い線の一本が半田不良で抜けそうになっている。30Wの半田ごてで古い半田を除去してから、ハンダ付けをやり直しました。

ロータリー中間スイッチの取り付け方は正しかったようで、電源のオンオフが可能になりました。

このSMD(表面実装型)チップを採用したLED、シンプルなデザインで気に入りました。

消費電力は僅か5Wですが、輝度400ルーメン、色温度6500Kはかなり明るいです。直視すれば眩しいほど。ビーム角度は120º調整可能。本当かどうかはわかりませんが、寿命は約30,000時間ということなので、点けっぱなしでも3.4年も持つことになります。車の整備など、必要な時だけ使う私の場合なら、余生を遥かに超えそうな寿命です。

  3 Responses to “trad LED Floodlight SLW-5W”

  1. 筆者様

     おお!これだったのですね。中々強力そうなLEDライトですね。まさに「お値段以上」?ですね。

    Jim,

    • はい、リンク先のAmazonでは3,000円を超えています。半田不良とかがあったので、安く売っていたのかもしれません。自分で修理できるという前提で「掘り出し物」です。

      • 筆者様

         ま、価格的には、ハンダ付け不良だから安かったと言えば、それ迄ですが、電気安全から言うと「怖い話」ですね。知らずに使用していて、接触不良で、最終的に火災につながる事を想像すると怖いですね。筆者様の様に「修理・改造」の鵜腕に覚えの有る方は、スイッチを付けたり、ハンダ不良の修理出来ますが、そうでない方が「安さ」だけで購入され、ハンダ不良で「点灯」しないだけなら良いですが、たまに点灯、たまに点灯しない・・で、返品不可だったとしたら不幸ですよね。

         売る方は、もしも、ハンダ付け不良が有るのなら、それを明記して売るべきだし、その場合は「修理まします」ケアが必要でしょうね。

        Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.