Jul 302016
 
Sliding Screen Door Height Adjustment

道路に面する南側に製作した小さなウッドデッキに階段を取り付けた理由の一つは、戸車が滑らかに動かない網戸にありました。網戸をさっと開けてさっと閉めることができないので、Cat ISONが脱走しそうになり、この網戸は実質的に開閉できない状態でした。

我々が暮らすログハウスはアメリカ人ビルダーが建てた完全輸入住宅であり、窓も網戸もアメリカ製です。サイズが合いそうな汎用タイプの戸車に交換しましたが、網戸自体の高さが不足しているのか、改善されず。

ログハウスと言えばセトリング(ログウォールの重みと木材の収縮でログが沈む現象)ですが、このログハウスが建てられた1990年代は日本では2階建てのログハウスが認められておらず、2階に相当する部分はログを積まずに2×4工法により建築されています。アメリカ人ビルダー(設計士)がセトリングの計算を間違ったのではないかと私は以前から考えています。2階部分のログがない分、軽量であり、予測したよりもセトリングの程度が少なかったのではないかと思います。その証拠に窓枠上方に大きな隙間があります。正しく計算されていれば、この隙間はログの沈み込みで埋まるはずです。

網戸の取り付け方をよく観察すると、網戸の上下レール部分はログウォールの外側に取り付けられいるので、そもそもセトリングの影響を直接受けることはありません。にも関わらず、セトリングスペースを取ってあったことに問題があります。

網戸の高さは上下にある戸車の高さで調整する仕組みですが、その調整範囲を超えるような隙間がありました。この状態に気付くのに2日ほど要しています。(日本製の網戸は一般的に戸車は下の方のみに付いています。)

隙間は戸車の高さで調整できないので、網戸の枠自体の高さを下げることにしました。高さ14mmほどの横木をレールの上に取り付けて枠の高さを下げました。戸車は網戸に付属のものに戻して高さを微調整すると、以前よりも滑らかに動くようになりました。

作業の難易度:5段階で3

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.