Feb 252013
 

IKEA KOBE Customer Service

組み立て中に破損した木製ノブ(つまみ)の交換部品をIKEA KOBEカスタマーサービスより、宅配便で配送していただきました。破損したノブは自分で修復することができたので、交換部品は次回の来店時まで取り置きしてもらおうと思っていたのですが、そうしたことはできないらしく、無償で配送していただくことになりました。

自分で修復したノブはまた壊れる可能性もあるので、今回、送っていただいたノブは予備部品として大切にとっておきます。迅速且つ丁寧な対応をしていただけるIKEAのカスタマーサービス、今回の件でますますIKEAブランドに対する忠実度が上がりました。

  3 Responses to “IKEA RAST — Replacement Knob”

  1. 筆者 様

     流石にIKEAですね。部品を確かにお客様の手元に届ける事で、このトラブルの完結をはかる。多分、筆者様が受領された事はIKEAの顧客レシピに残り、このトラブルが今後出ない様にするには「どうしたら良いか」のTentative Actionが執られているものと想像します(あくまでも、私の個人的想像ですが)。で、なければこの様なQualityの高いSupport Actionなんて出来ませんから。

    Jim,

    • 交換部品が届いたのでお礼のメールを送ったら、またその返信が届きました。ここまで来ると、Appleのカスタマーサービスを遥かに超えています。

      対策品として考えられるのは、木製ノブに下穴を空けておくのではなく、メスネジを埋め込んでおけば、割れることはないということです。ちょっとコストがかかりそうですが、ホームセンターで売っているこの手の木製ノブは、メスネジが埋め込んであります。

      • 筆者 様

         その雌ねじブッシュ加工は、業者側で行われるので、Bushingの折に、今回の筆者様の様な「割れ」が発生しても、工程内不良ですから、End Userへの流出は無いでしょうね。が、これも雌ねじの打ち込みですから、接着剤を付けての打ち込みだとしても、その取り付けによってはノブから雌ねじが抜ける場合もありますね。

         一つの方法だと思いますが、デザインから行くと認められないのかも知れませんが、年輪層の間にねじ穴が施されるので、ま、割れやすいのは当たり前で、これで年輪層が同心円方向だったら多分、今回の割れは無かったのでは?とも思います。いずれにせよ、筆者様の観察から拝察しますと、締め付け後のもむネジ先端が綺麗に木目地の割れやすい線に当たるのと、木ねじの押し広げるベクトルが相まって、くさび効果で割れたのでしょうね。

         金属取っ手ノブなら、この様な事は何の関係も無い話ですが、やはり木のぬくもりを生かした製品ですから、この様なリスクはありますね、それを承知で組み立ててその対処を出来る人は組み立ても又楽しいですが、そう言う事に不得手な人は又受け取る感覚が違うでしょうが、このサービスには脱帽でしょうね。

         只、このサービスは一方通行的なサービスではなく、筆者様の優しい接し方も相まって、この様な親切な状況を作り出した様に思います。

        Jim,

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.